ベルタマザークリーム

妊娠線の「跡」は深刻な悩みを引き起こす!?

妊娠、おめでとうございます!

これから出産までの10か月間、あなたの体は大きく変化していきます!

一生のうちで、これほど体が激変する時期は、ほかにはないのではないでしょうか?

体の変化に、ココロが付いていけないときもあるかもしれませんが、いいことも悪いことも、受け入れて行くようにしましょう!

妊婦さんが増やしたくないもの。

それは「体重」と「妊娠線」ではないでしょうか?

妊娠線は、妊婦さんのうち、約70%の方ができてしまうとも言われています。

できてしまった妊娠線を「子供を産んだ証」として、受け入れている人もいらっしゃいますし、出産後、数年経てば妊娠線の跡が目立たなくなってきますので、特に気にならないという人もいるでしょう。

しかし!

妊娠線がたくさんできてしまった方の中には

「出産前と大違いの体を見て、何だか悲しくなってしまった…」

「こんなひどいお腹では、友達と温泉にも行けない…」

「妊娠線の跡が恥ずかしくて、水着も着れない…」

「こんなひどいお腹になるなら、もう妊娠はしたくない!」

と、深刻に悩んでいる人もいるのです!

できることなら、いつまでも「キレイなお腹」でいたいのが、女性の願いですよね?

あなたも、産後、妊娠線で悩みたくないのであれば、今から妊娠線予防ケアを始めて行きませんか?

 本気で予防したい人の「ベルタ妊娠線クリーム」はこちら!

 

妊娠線はどうしてできるの?

妊婦さんを悩ませる、妊娠線。

妊娠線は、どうしてできるのでしょうか?

その理由は二つあります。

①大きくなるお腹のスピードに皮膚が追いつかない

妊娠5~6か月頃から、お腹が出始めてきます。

お腹が急激に大きくなると、皮膚がそのスピードに追いつかず、皮下組織が断裂してしまうことが、妊娠線の原因です。

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り立ちます。

一番表面にある「表皮」はある程度伸びるのですが、「真皮」や「皮下組織」は柔軟性がないので伸びにくく、急激にお腹が大きくなると、そのスピードに付いて行けず裂けてしまうのです。

②妊娠中は肌の新陳代謝が抑制される

妊娠するとステロイドホルモンの分泌が増加します。

このステロイドホルモンは、肌の新陳代謝を抑制する働きがあります。

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が遅くなり、コラーゲンの生成までも抑制されてしまうのです。

肌は乾燥しやすくなり、弾力も失われ、そのため断裂しやすくなります。

このように「大きくなるお腹のスピードに皮膚が付いていかない」うえに「肌の新陳代謝が落ちている」ことが相まって、妊娠線が生じてしまうのです。

また、「もともと痩せ型の人」や「多胎妊娠の人」「経産婦」「乾燥肌の人」は妊娠線ができやすい傾向にあります。

妊娠線を予防するためにできることは?

妊娠線ができる原因の一つは「急激に大きくなるお腹に、皮膚が伸びるスピードが付いていかないこと」ですよね?

それを防ぐために、「急激な体重増加」には気を付けましょう!

また、妊娠線は「皮下脂肪」が割れることでできますので、割れない「筋肉」を付けておくことで、妊娠線が予防できるとも言われています。

妊娠中もウォーキングしたり、ストレッチをすることで、筋力を落とさないようにすることも大切です。

妊娠線ができるもう一つの原因「肌の新陳代謝の低下」を改善するためには、妊娠線のできやすい部分に「水分」と「栄養」を与え、柔軟な肌をキープすることが大切です。

そのためには、肌の表面だけでなく、肌の内部までしっかり保湿できるクリームなどを塗り、毎日保湿ケアをすることが必要です。

妊娠線を予防するには?いつから始める?

妊娠線は、お腹が大きくなり始める頃(一般的に妊娠5~7か月くらい)から、でき始めます。

しかし、お腹が大きくなり始めてから、妊娠線予防ケアを始めたのでは遅い可能性があります。

なぜなら、妊娠線ができないようにするには「大きくなるお腹のスピードに皮膚が追いついて行けるように、予め皮膚を柔軟にしておく必要がある」からです。

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は「28日間」と言われていますので、伸びやすい皮膚を作るためには、まだお腹が大きくなり始めない「妊娠初期」のうちから、妊娠線予防ケアを始めておくことが大切です。

また、妊娠中期では、まだ見られなかった妊娠線も、妊娠後期や臨月に入ってから「急にでき始めた」というケースや「陣痛の最中にできた」というケースもあります。

最後の最後まで油断はできませんよ!

妊娠線を予防するクリーム選びのコツは?

妊娠線を予防するためのグッズには、ローション、クリーム、オイルがあります。

ローションは保湿効果が低く、オイルはベタつきやニオイが気になるものもあります。

妊婦さんにとって、一番使いやすいのは、クリームタイプのものではないでしょうか。

妊娠線を予防するためのクリーム選びのコツは、肌の奥深くまで保湿するクリームを選ぶことです。

いくら保湿クリームを塗っても、肌の表面しか保湿できなければ、妊娠線を予防する効果は得られません。

また、伸びの悪いクリームだと、肌を傷つけてしまい逆効果ということも!

伸びが良くて塗りやすいクリームを選びましょう。

そして、妊婦さんが一番気になるのが「添加物」ではないでしょうか?

肌を通じて添加物が体内に吸収されることを考えると、妊娠中はなるべく無添加のクリームを選びたいものですね。

妊娠線予防専用クリームにこだわる必要はありませんが、妊娠線予防専用クリームの方が、保湿力が高く、伸びがいいので、一般的なクリームよりも使いやすいという特徴があります。

また、妊婦さんのことを考えて作られていますので、添加物などに配慮されて作られており、安心して使えると思います。

本気で予防したい人の「ベルタ妊娠線クリーム」はこちら!

 

妊娠線予防と対策に1番のクリームは?

妊娠線を予防するクリーム選びの条件である「肌の奥深くまでしっかり保湿する」「伸びがよくて使いやすい」「無添加」をクリアしているおすすめのクリームは「ベルタマザークリーム」です!

「ベルタマザークリーム」をおすすめする理由はこちらです。

★シラノール誘導体を配合

「シラノール誘導体」とは、肌の内部を保湿する成分です。

保湿力に優れているので、乾燥を防ぎ、お腹の大きさに合わせて伸びやすい肌をサポートします。

シラノール誘導体に含まれる「ケイ素」は、肌のダメージを改善する効果も期待できるので、できてしまった妊娠線を修復することにも繋がります。

シラノール誘導体には「コラーゲン」を生成する働きがあります。

コラーゲンは、肌の弾力を取り戻してくれるのでおしりのたるみお腹のシワにも有効です。

★美容成分も配合

「ベルタマザークリーム」には「スーパーヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」が配合されています。

妊娠線予防ケアと同時に、美肌ケアもできてしまいます!

ツルツルの滑らかな美肌でいられたら、気分が明るくなりますね。

★葉酸が配合

肌の新陳代謝が低下した妊娠中の肌に「葉酸」が役立ちます!

葉酸は、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を助けてくれるので、肌の調子を整えてくれます。

★赤ちゃんでも使える、安心の「無添加」

妊婦さんが一番気になるのは「添加物」ですよね?

「ベルタマザークリーム」は

・香料
・着色
・石油系界面活性剤
・鉱物油
・パラベン
・シリコン
・エタノール
・紫外線吸収剤

これらが添加されていません!

赤ちゃんにも使えるほどの低刺激なので、妊娠中の肌に、安心して使うことができます!

★ママケアサポートがある

現役ママのBELTA社員の方から、サポートを受けられます。

商品に関する問い合わせだけでなく、妊娠・出産に関する悩みや不安を相談できるのです。

初めて妊娠した方は、特にストレスを抱えがちなので、相談できる場所があるというのは、ありがたいことですね!

★初回は「500円」

定期便を利用した場合、初回はなんと「500円(送料無料)」です!

とってもお得なお値段なので、試しに使ってみてはいかがでしょうか?

「ベルタマザークリーム」を使ってみた感想は?

「ベルタマザークリーム」は、数ある妊娠線予防ケア商品の中でも、多くの妊婦さんから支持されている人気商品です!

実際に使ってみた方からは

・保湿効果が高くて、使いやすい
・肌がすべすべになって、乾燥による痒みが治まってきた
・伸びが良く、香りがキツくないところが気に入っている
・つわりのときでも気にならない香りで妊娠初期から使いやすい
・さらっとしているので、暑い季節でも使いやすい
・産後も使えるのでリピートして使っていきたい

と、高い評価を受けています。

もちろん、中には

・「ベルタマザークリーム」を毎日塗っていたのに、妊娠線ができてしまった

という意見もあります。

妊娠線を完全に予防することができないのは、どのクリームを使っても同じですが、「高品質」「保湿力が高いのにサラッとしている」「肌がつるつるになる」という使い心地のよさを考えると、「ベルタマザークリーム」は満足できる商品だと思います!

「ベルタマザークリーム」で妊娠線が予防できたら?

「お腹の出方」「増加した体重」「体の大きさ」「肌の状態」などは個人差が大きく「妊娠線ができやすい人」と「できにくい人」がいるのは確かです。

「ベルタマザークリーム」を使ったからと言って、完全に妊娠線が防げるわけではありません。

しかし「ベルタマザークリーム」を使うことによって、できる妊娠線の数を減らしたり、潤いのあるつるつる肌をキープすることは可能です。

「ベルタマザークリーム」を塗る時間は、日々大きくなるお腹の大きさを確認する時間であり、赤ちゃんの成長を確認する時間となるでしょう。

お腹の赤ちゃんも成長してくれば、お腹の上からママになでられている感覚がわかるようになってきます。

「ベルタマザークリーム」を、あなたと赤ちゃんのコミュニケーションに役立てて下さいね!

本気で予防したい人の「ベルタ妊娠線クリーム」はこちら!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加