Dolci Bolle ドルチボーレ ベビーソープ

妊娠してから、肌トラブルが増えていませんか?

「妊娠中の肌トラブル」と一言で言っても、その悩みは多岐にわたります。

代表的なところでは「肌のかゆみ」「湿疹」「にきび」「あせも」「シミ」「シワ」「肌の黒ずみ」「妊娠線」などでしょうか。

妊娠中の肌トラブルは「顔」だけでなく「お腹」「胸」「陰部」など全身に起こる可能性があるので注意が必要です。

肌の状態が悪いのはとても不快ですし、湿疹やニキビであれば見た目が気になる場合もあるでしょう。

妊娠中は安易に薬を使うことは控えたいですから、できる限りセルフケアで肌の状態を改善できるといいですね。

肌の状態がいいと、気持ちも明るくなるはずです!

キラキラ輝くマタニティライフを送るために!

肌の状態が不安的な妊婦さんにお勧めな「全身肌荒れ対策」を始めませんか?

敏感肌にも優しい!洗顔やボディソープにも!  

 

妊娠中の肌荒れの種類と原因は?

赤ちゃんを授かったのは嬉しいけれど・・・妊娠してから「肌トラブルがひどい(泣)」とお困りの方はいらっしゃいませんか?

妊娠中に起こる肌トラブルはさまざまですが、特に多い症状と原因をご紹介します。

顔・全身のかゆみ

妊婦さんを困らせる一番の肌トラブルと言えば、肌のかゆみではないでしょうか?

肌のかゆみは、顔、首、胸、お腹回り、太ももなど全身に及ぶ可能性があり、妊婦さんの中には「かゆくて眠れない」「かゆみのあまりかきむしって血だらけになる」という方もいらっしゃるほどです。

妊娠中の肌のかゆみのメカニズムははっきりと解明されていないようですが、考えられる原因は「ホルモンバランスの変化によって肌の乾燥が進むから」だそうです。

湿疹

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下して行き、少しの刺激で肌が荒れたり赤みや発疹が出やすくなります。

また、肌の乾燥によってかゆみが生じ掻きくだしてしまうと、肌が傷つき湿疹へと繋がることもあります。

ニキビ

妊娠してからニキビに悩まされる方は少なくありません。

妊娠中のニキビの原因は「ホルモンバランスの影響」もありますが、ホルモンバランが整ってくる妊娠中期以降に見られるニキビや、身体にできるニキビの場合は「肌の乾燥」が原因だと考えられます。

肌が乾燥すると、肌がゴワついて毛穴に汚れが詰まりやすくなり、ニキビができやすくなるのです。

肌の黒ずみ

妊娠するとホルモンの影響でメラニン色素が増えるため、シミが増えるようになります。

肌の乾燥によって肌の再生がうまく行われなくなると、シミがどんどん増えて肌が黒ずむ原因となります。

あせも

あせもは、汗によって汗腺(汗の通り道)がふさがれてしまい、汗が皮膚の内側へたまって水泡ができることで起こります。

汗をコントロールしてるのは自律神経ですが、妊娠中はホルモンバランスの変化に伴い自律神経のバランスも乱れやすいため「汗っかき」になりやすく、あせもができやすい状態にあるため注意が必要です。

妊娠線

妊娠線は、お腹だけでなく、太もも、胸、お尻にもできることがあります。

妊娠線は、大きくなるお腹のスピードに対して皮膚が伸びるスピードがついて追いつけず、肌の内部にある真皮が避けることで生じます。

妊娠線を防ぐには、お腹の大きさに合わせて皮膚が伸びていけるよう、肌の乾燥を防ぎ肌を柔らかくしておくことが大切です。

妊娠中の肌荒れに共通する原因は〇〇だった!

妊娠中の肌荒れの症状はさまざまですが、どの肌トラブルにも共通している原因があることにお気づきでしょうか?

それは、女性ホルモンの影響肌の乾燥です。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類ありますが、これらの女性ホルモンには「妊娠を継続させお腹の赤ちゃんを育てる」という大切な役割がありますが、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れると「自律神経に悪影響を与える」という特徴もあります。

そして、自律神経が乱れると起こる症状の一つに「肌の乾燥」があるのです。

つまり妊娠中の肌トラブルは、女性ホルモンのアンバランスによって起こる肌の乾燥が原因だと言えそうです。

それぞれの肌トラブルを改善したい気持ちはわかりますが、女性ホルモンのバランスについては自力ではどうすることもできませんよね?

つまり、あなたがまずできることは「肌の乾燥を防ぐこと」なのです!

もしあなたが、毎日の生活の中で次のようなケアを行っていたら、肌の乾燥を自ら悪化させている可能性があります。

× 洗浄力の強いせっけんやボディソープを使っている

× 入浴の際はタオルやスポンジを使ってゴシゴシ洗っている

このような「洗いすぎ」は肌の乾燥を招き、すべての肌トラブルへの原因となるため注意が必要です。

妊娠中の肌の乾燥を防ぐには?

「女性ホルモンの乱れ」という身体の内側から起こる肌の乾燥は、無事に出産を終えるまで受け入れるしかありません。

あなたができることは「肌の外側から働きかける、肌の乾燥対策」です。

つまり「肌の保湿」を行うこと。

そのためには顔や体を洗う際、

◎ゴシゴシこすらない

◎泡で洗うようにする

◎無添加の低刺激なアイテムを使う

◎ぬるま湯でよく洗い流す

ことが基本中の基本になります。

さらに、この基本をクリアしているアイテムを使うことが肌の乾燥対策には必要です。

敏感肌にも優しい!洗顔やボディソープにも!  

 

【Dolci Bolle ベビーソープ】とは?

妊娠中のみなさん、【Dolci Bolle ベビーソープ】をご存じですか?

マタニティ雑誌などで見聞きした方もいらっしゃるかもしれませんね。

【Dolci Bolle】は「ドルチボーレ」と読み、イタリア語で「心地いいバスタイム」という意味だそうです。

ベビーソープという名前の通り、赤ちゃんの肌を基準に作られた全身ソープですので、赤ちゃんはもちろん、敏感肌の方や肌トラブルを抱える妊婦さんでも安心して使えると評判です。

【Dolci Bolle】の一番の特徴は「水」にこだわっているところ。

一般的な全身ソープに使われる水は「精製水」や「RO水」が多いのだそうですが、【Dolci Bolle】には九州の佐賀県で採水された非加熱天然水「天使の希水」という水が使用されているのだそうです。

つまり、「ミネラル」「酸素」「炭酸ガス」などが豊富に含まれた天然の水が使われているということですね。

「天使の希水」は天然水であるものの、一般細菌ゼロの無菌の水なのでもちろん安心して使用できます。

さらに、「硬度25の超軟水」なので、赤ちゃんの肌に理想的な水なのだそうです。

また、肌を健やかに保つミネラルである「ケイ素」が配合されているため、肌荒れ対策にも適しているようです。

もうひとつ、【Dolci Bolle】の保湿成分である「コメヌカスフィンゴ糖脂質」は、もともと私達の身体に備わっている肌の保湿成分と似た成分なので、肌への負担が少ないと考えられます。

つまり【Dolci Bolle ベビーソープ】は、

◇赤ちゃんの肌

◇敏感肌

◇乾燥肌

◇トラブルを抱えている肌

に適した全身ソープだと言えますね。

【Dolci Bolle ベビーソープ】を妊婦さんにお勧めする理由は?

無添加の全身ソープやベビーソープは、数多くのメーカーやブランドから販売されています。

その中でも妊婦さんへ【Dolci Bolle ベビーソープ】をお勧めする理由はこちらです。

泡で出てくる

妊娠中の乾燥肌を防ぐには、「泡で」「なでるように」「優しく」洗うことが大切です。

【Dolci Bolle ベビーソープ】は既に泡となってますから、石鹸を泡立てる必要がなく、すぐにたっぷりの泡で洗うことができます。

つわりなどで体調が悪いときの入浴は本当に辛いものですから、入浴時間を短縮したい妊婦さんにもお勧めです。

顔にも使える

妊娠中は、体調がすぐれないと「お風呂の時間が面倒」に感じることがあるかと思います。

そんなとき、洗顔フォーム・石鹸・ボディソープとアレコレ使い分けることすら嫌になることがありませんか?(⇒私です)

そんなとき「身体も顔もコレ1本」というのは時短になりますし、入浴の面倒くささが半減しますよ。

また、妊娠中の肌トラブルは顔にも身体にも表れることがありますので、コレ1本で全身の肌荒れ対策ができるのはありがたいですよね。

デリケートゾーンにも使える

妊娠中は、おりものの量が増えますのでデリケートゾーンのトラブルが起こるリスクが高くなります。

特に、デリケートゾーンのかゆみに悩まされる妊婦さんは多いのですが、デリケートゾーンの皮膚は薄いためゴシゴシ洗うのは逆効果です。

泡で出てくる【Dolci Bolle ベビーソープ】なら、デリケートゾーンを優しく洗うことができそうです。

シェービングフォームとして使える

妊娠中は、体毛が濃くなることがあります。

普段よりも、ムダ毛の処理をする回数が増えてしまい「肌荒れが悪化した」なんてこともあり得るでしょう。

【Dolci Bolle ベビーソープ】は、シェービングフォームとしても使うことができますので、お風呂で身体を洗いながらムダ毛の処理ができます。

さらに、ムダ毛処理後のヒリヒリ感が軽くなるそうですよ。

無添加で安心

【Dolci Bolle ベビーソープ】は、

・パラベン不使用

・エタノール不使用

・アルコール不使用

・香料不使用

・着色料不使用

・鉱物油不使用

・石油系界面活性剤不使用

・ノンシリコンタイプ

です。

肌質が変わりやすい妊娠中は、刺激の少ないものが安心ですよね?

さらに、つわりでにおいに敏感になっている妊婦さんでも問題なく使うことができそうです。

【Dolci Bolle ベビーソープ】はどこで買うことができる?

【Dolci Bolle ベビーソープ】はいくつかのネットショップで販売されていますので、お好きなお店で購入することができます。

ただ公式サイトであれば、

◎初回限定で送料無料

◎1配送先につき、合計8,000円(税込)以上で送料無料

となっていますので、少しでもお得に買いたい方は公式サイトがお勧めです。

2回目以降の購入は「まとめ買い」をすれば送料がかかりませんよ!

【Dolci Bolle ベビーソープ】は産後も使える?

現在「妊婦中の乾燥肌」でお悩みの方は、産後は「赤ちゃんの肌トラブル」へと悩みが変わっていくかもしれません。

なぜなら、赤ちゃんに肌トラブルは付き物だからです!

「赤ちゃんの肌はすべすべのたまご肌」なんて、あれはウソです(爆)

赤ちゃんの肌トラブルには、

・乳児湿疹

・新生児ニキビ

・あせも

・おむつかぶれ

・乾燥

などたくさんあって、新米ママなら驚いてしまうことでしょう。

そんな赤ちゃんの肌トラブルを予防・改善するためにも、【Dolci Bolle ベビーソープ】はおススメです。

【Dolci Bolle ベビーソープ】ひとつあれば、ママもパパも赤ちゃんも、家族みんなで同じものが使えますよ!

「出産準備品」として、赤ちゃんに使用する前の「お試し」として、【Dolci Bolle ベビーソープ】を使ってみてはいかがでしょうか?

【Dolci Bolle ベビーソープ】で妊娠中の乾燥肌が改善したら?

妊娠中はさまざまな肌の悩みが起こると思いますが、これは防ぎようがないものでもあります。

肌トラブルを治すことより、まずは「トラブルの起こりにくい肌作り=肌の保湿」に取り組んでみましょう。

そのためには「洗いすぎないこと」がポイントです!

もし【Dolci Bolle ベビーソープ】で妊娠中の乾燥肌が改善したら、肌トラブルの回数が減るかもしれません!

肌トラブルが改善されたら、気分も明るくなりますよね?

気分が明るくなれば、毎日のマタニティライフが楽しくなるでしょう!

マタニティライフが楽しくなれば、お腹の赤ちゃんだって嬉しいはずです!

ママも赤ちゃんもハッピーにさせてくれる【Dolci Bolle ベビーソープ】で、肌トラブルから解放されませんか?

敏感肌にも優しい!洗顔やボディソープにも!  

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加