妊婦さんへの飛行機の影響は?

妊娠中は、いつでも飛行機に乗ることができるのでしょうか?

私は「妊娠中に飛行機に乗っていいのは、安定期だけ」だと思っていました。

妊娠中でも旅行に行きたい方や、里帰り出産を予定している方、仕事で主張に行かなければならない方など、飛行機を利用したい方もいらっしゃるでしょう。

妊娠中でも、安心して飛行機に乗るためには、いくつか気を付けておくべきことがあります。

今回は「妊婦さんへの飛行機の影響」や「飛行機に乗るときの注意点」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊婦が飛行機に乗れるのはいつからいつまで?

「妊婦が飛行機に乗れるのは、安定期の間だけ」と思っている方はいらっしゃいませんか?

実は、私がそうでした!

しかし、これは「誤解」です。

基本的に、母体にも胎児にも問題がなければ、妊娠初期・中期・後期に関係なく、どの時期に飛行機に乗ってもいいそうです。

しかし、「妊娠初期」はつわりの影響で体調が優れなかったり、流産のリスクがあります。

「妊娠後期」はお腹が張りやすかったり、早産の可能性も否定できません。

安心して飛行機に乗れる時期は、やはり安定期と言われている「妊娠中期」ではないでしょうか?

里帰り出産などの理由で、どうしても「臨月」に入ってから飛行機に乗る場合は、航空会社へ「医師の診断書」や「同意書」などの書類を提出しなければなりません。

里帰り出産の予定がある方は、早めに準備しておいて下さいね。

また、つわりがひどい場合や、妊娠高血圧症候群、切迫流産、切迫早産、前置胎盤、頸管無力症、貧血、出血などの症状がある場合は、飛行機に乗ることが出来ない場合もあるそうです。

妊娠の経過が順調でない場合や、母体の健康状態がよくないときは、まずは安静にしていなければなりませんので、当然と言えば当然ですね。

妊娠中、どの時期に関わらず、飛行機に乗るときは、自分の体と医師に相談して決めましょう。

妊婦が飛行機に乗るときに気をつけたいことは?

飛行機は、目的地に着くまで、途中下車できません!

妊娠経過に問題がなく、体調のいい時期であっても、妊娠中に飛行機に乗るときは、いくつか注意しておくことがあります。

<妊娠初期>

妊娠初期は、体調が優れなかったり、つわりの症状が出やすい時期です。

飛行機の振動や気流による揺れによって、酔いやすい傾向にあります。

<妊娠中期>

妊娠中期に入って、お腹が大きくなると、バランスを崩しやすくなります。

狭い通路で転ばないように気をつけましょう。

また、シートベルトの長さが足りない場合は、延長ベルトを用意してもらいましょう。

<妊娠後期>

お腹がますます大きくなりますので、腰痛を引き起こす妊婦さんもいます。

同じ姿勢で座っていると腰痛が悪化しますので注意してください。

また、大きくなる子宮によって、膀胱が圧迫されてトイレが近くなったり、食欲が低下したり、胃もたれを起こしやすくなります。

トイレから近い席を用意してもらったり、エチケット袋を用意しておくことをお勧めします。

<妊娠期全般>

妊娠期全般に言えることですが、上空は気圧が低いので、腸の中でガスが膨張しやすくなっています。

そのため、「腹痛」が起きやすい可能性があります。

搭乗前や搭乗中は、炭酸飲料は控えるようにしましょう。

また、妊娠中はむくみやすくなっていますので、こまめにトイレに立ったり、足を動かすようにして下さい。

座席を取るときは、予約時に「妊娠中」であることを伝え、スペースが広めの席をお願いしましょう。

飛行機の中は乾燥しており、エアコンが効き過ぎていることもあります。

寒い場合は毛布を貸してもらったり、風邪予防や保湿対策のために、マスクを用意しておくと安心です。

スポンサーリンク

妊婦が気になる放射線の影響は?

妊婦さんが気になることの一つに「飛行機に乗ると放射線をあびるのではないか」ということが考えられます。

放射線は宇宙からやってくるのですが、地表近くは大気圏に覆われているために、人体が受ける被ばく量は少なくなっています。

上空は、空気の層が薄いため、受ける放射線量が高くなるため、「飛行機に乗ると放射線を浴びる」と言われているのです。

しかし、飛行機に乗ったことで、母体や胎児に放射線の影響が出るとは、考えにくいそうです。

事実、飛行機で受ける放射線の影響で、胎児に影響が出たという報告はなく、放射線については心配しなくても大丈夫なようです。

妊婦が旅行で気を付けることは?

妊婦さんが飛行機に乗って、海外旅行や離島へ行く場合に気を付けたいことは、現地に「医療機関があるか」「産婦人科があるか」を事前に確認しておくことです。

移動時間もなるべく短くし、休憩ポイントを調べておいたり、旅行中でも体を休める「何もしない日」を設けるなど、無理のないプランを立てるようにしましょう。

まとめ

私が初めて妊娠したとき「赤ちゃんが生まれたら、しばらく海外旅行に行けなくなる」と思い、安定期のときに近場の韓国へ行ってきました。

3泊4日の旅行で、特にスケジュールは組まず、ほとんどホテルで寝てるか、食事か買い物に出歩くくらいしかしませんでしたが、いい思い出になりました。

妊娠中の旅行は、ちょっと贅沢に「いいホテル」を取ることがポイントです。

ホテルの部屋がいいと、部屋でくつろぐだけでも楽しめますし、旅の疲れを取ることもできます。

私のように「夫婦二人の生活は最後だから海外旅行に行きたい!」という妊婦さんもいらっしゃると思いますが、無理のないスケジュールを組み、最悪の場合「キャンセルする可能性がある」ことを念頭に置いて、プランを立てて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加