妊婦はアルコール1%未満ならOK?アルコール入菓子や料理は?

妊娠中に禁止されているものの一つが「アルコール」。

しかし、妊娠に気付かず「飲み会でお酒をたくさん飲んでしまった!」と、後悔している妊婦さんはいらっしゃいませんか?

あるいは、まだ妊娠初期で周囲に「妊娠報告」しておらず「付き合いで仕方なくお酒を飲んでしまった」という方や、仕事上「どうしても飲まなければならないシーン」がある方もいらっしゃるでしょう。

このように、お酒ゼロにできない妊婦さんにとって「お酒との付き合い」は大きな悩みの一つだと思います。

今回は、「妊娠中のアルコールの摂取量」や「胎児へ及ぼすアルコールのリスク」、「妊娠中のアルコールとの付き合い方」について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中のアルコールは一滴もダメなの?

妊娠中にアルコールを摂取した場合、胎児へ「悪影響」があるのをご存知ですか?

妊娠中にアルコールを摂取すると「胎児性アルコール症候群」といって、赤ちゃんの発育不全や障害のリスクが高くなる影響があるとされています。

だからと言って、「一滴でもアルコールを飲むと危険なのか」と言われればそうではなく、「大量に常飲していなければ影響はない」「少量のアルコールなら問題ない」という意見もあります。

しかし、妊婦さんの体質や体格などにより「ここまでの飲酒量なら大丈夫、という確実なボーダーラインは誰にもわからない」というのが現状です。

アルコールが胎児に及ぼすリスクはゼロではないですし、何かあってからでは遅いので、個人的には「妊娠中はアルコールを控えるべきだ」と思います。

「付き合いでどうしても飲まなければならない!」「お酒を飲むのが大好き!」という妊婦さんの場合は、いきなり禁酒するのではなく、減酒することから始めてみて下さいね。

妊婦さんはアルコール1%未満なら大丈夫?

お酒と付き合わなければならない妊婦さんの中には、「ノンアルコール飲料」を利用している方はいらっしゃいませんか?

ノンアルコール飲料は、「お酒の飲めない方」や「飲んではいけないシーン」で大活躍のアイテムですよね。

最近では、たくさんの種類のノンアルコール飲料が販売されており、「アルコール0%」と表示されているものもあります。

しかし、これには全くお酒が入っていないわけではありません

なぜなら、日本では、アルコール度数が1%未満であれば「ノンアルコール飲料」と定義されているからです。

(アメリカでは0.5%未満、イギリスでは0.05%未満とされています。)

つまり、「限りなく1%に近いアルコール入り飲料」も存在するということです。

「ノンアルコールだから大丈夫」と油断していると、知らず知らずのうちにアルコールを摂取してしまっているということにもなりかねませんので、ノンアルコール飲料を過信しないよう注意しましょう。

妊娠中の上手なお酒との付き合い方は?

ノンアルコール飲料は、妊娠中の便利アイテムではありますが、「添加物が多い」というデメリットがあります。

そのため、「アルコール」と「添加物」を比較した場合、「アルコールゼロで添加物を大量にとる」よりも、「添加物ゼロのお酒をごく少量飲む」方が、総合的に見ると「体への負担が少ないのではないか?」という疑問を抱いてしまいます。

最近では、無添加で、こだわりのある良質なお酒がたくさん販売されていますよ!

例えば

・酸化防止剤(亜硫酸塩)が含まれていないワイン

・醸造アルコールを添加せずに丁寧に作られた日本酒

など、こだわりのある蔵元が作る良いお酒もあります。

このような「信頼できるお酒をほんの少したしなむ」方が、添加物満載のノンアルコール飲料を摂取するよりもいいのかもしれませんね。

(※決して、妊娠中の飲酒を推奨しているわけではありません!!)

また、お酒を提供してくれるレストランやバーでは「ノンアルコールのカクテル」を作ってくれるところもあります。

お酒を飲まずにお酒の雰囲気を楽しみたい妊婦さんは、このようなお店を選ぶと息抜きできると思います。

スポンサーリンク

妊娠してからアルコールがダメになることも?!

妊娠前は、お酒に強かった方でも「妊娠してから、少量のお酒で酔っぱらってしまう」と、体質の変化を感じている方はいらっしゃいませんか?

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によって、体にさまざまな変化が起こります。

そのため、「自分はお酒に強いから大丈夫!」「一杯くらいなら・・・」と思い込むのは危険です。

「ほんの一口だけ」と思ってお酒を楽しんだ後、具合が悪くなることも否定できません。

どんな時でも、「自分が妊婦である」という自覚を忘れないでくださいね。

妊娠中のアルコール入りお菓子や料理は?

妊娠中の飲酒はよくないことは理解できますが、お菓子や料理に使われるアルコールも控えるべきなのでしょうか?

アルコールが使われているお菓子には、

◇ケーキ(洋酒)

◇焼き菓子(洋酒、ラム酒など)

◇アイスクリーム(ラム酒、日本酒、焼酎など)

◇プリン(ラム酒、洋酒など)

◇ゼリー(シャンパン、ワイン、梅酒など)

◇チョコレート(ウイスキー、ラム酒、日本酒、焼酎など)

などがあります。

アルコールは加熱すると、「アルコールの成分が飛んで旨味だけが残る」という性質があります。

そのため、加熱処理してある食品中のアルコール分は微量であると考えられますので、特に問題ないはずです。

しかし、ちょっと高級なチョコレートやアルコール入りをウリにしているデザートなどは、アルコール度数が高いものもあります。

その他、ラムレーズン入りのアイスクリームや、チョコレートの中にお酒がそのまま入っている「ボンボン」なども妊婦さんは避けた方が安心です。

実際に、アルコール入りのチョコレートを食べた後は、飲酒チェッカーで引っかかるそうですよ。

そのため、お菓子を購入する際は、パッケージに「食用後の運転などは避ける」「アルコール入りです」と明記されているものはやめましょう。

また、料理に使われるお酒ですが、あさりの酒蒸しや煮物などに使う場合は高温で調理するので問題ありません。

もしも気になるようでしたら、料理酒を入れた後しっかりと沸騰させて下さいね。

まとめ

私は妊娠中、悪阻の影響でまったくお酒を受け付けなくなったこともあり、お酒は一滴も飲みませんでした。

しかし、誕生日やクリスマスなどどうしてもお酒の雰囲気を楽しみたいときは「りんごと炭酸のみで作られたアップルタイザー」(砂糖、甘味料、香料、保存料不使用)をシャンパングラスに注いで楽しんでいました。

まるでシャンパンを飲んでいるような気分で、妊娠中の禁酒も辛くありませんでしたよ。

もしくは、炭酸水にレモンを絞って飲んでいました。

私は、お酒は飲まなかったものの、洋酒が効いたスイーツはたまに食べていました。

私はラムレーズンが大好きなので、ラムレーズン入りのクッキーやアイスクリームをたまに食べていましたが、ラム酒の味が濃いスイーツの場合は、ちょっと「罪悪感」を感じながら食べていました。

最近では、焼酎や日本酒、ビールを使ったお菓子やスイーツなども販売されていますので、お酒好きな方は、このようなお酒スイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

妊娠中に引き続き、産後しばらくはお酒を控える生活が続くと思います。

そのために、今から「お酒以外の楽しみ」を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加