出産後すぐに必要な赤ちゃん用品は?

妊婦生活、いよいよ後期に入ったみなさん!

いつ陣痛が起きてもいいように、出産後に必要なものを、そろそろ準備しておくようにしましょう。

初めて出産を経験する方は、「何を用意すればいいのか?」「本当に必要なものなのか?」わかりませんよね?

「あれこれ買い揃えたものの、全く使わなかった(泣)」というものもありますので、まずは必要最低限なものだけ、用意しておきましょう。

今回は、「出産後すぐに必要なもの」「出産後すぐに必要ではないもの」について、調べてみました。

スポンサーリンク

出産後すぐに必要な赤ちゃん用品は?

「出産後、すぐに必要なもの」とは、どのようなものでしょうか?

絶対に必要なもの、なくてもいいけどあったら便利なものについて、ご紹介します。

絶対に必要なもの

◎赤ちゃんの肌着、洋服、ベビードレス

出産後、病院から自宅へ帰るときに赤ちゃんに着せるために必要です。

入院中の赤ちゃんの衣類は、病院で用意されることがほとんどですが、念のため病院に確認してみて下さい。

私が退院するときは、赤ちゃんに「ベビードレス」を着せる方も多くいらっしゃいました。

うちは、ベビードレスではなく、ちょっとオシャレなデザインのロンパースを着せましたが、同じ日に生まれた赤ちゃん達が、みなベビードレスを着て退院するのに、「うちだけベビードレスではない」と気にされる方は、ベビードレスを用意してもいいと思います。

ただ、かわいいベビードレスを着せても、赤ちゃんをおくるみで包んでしまうので、外からではベビードレスがあまり見えないことが多いですが…。

赤ちゃんは、吐き戻しや、汗、おむつ漏れなどで、一日に何度も着替えますので、肌着やロンパースは、最低でも5セットくらいはあった方がいいと思います。

◎紙おむつ

病院でも用意されますが、量が足りません。

赤ちゃんの大きさによっては、新生児用サイズから、すぐにSサイズに変わる子もいます。

新生児用サイズの「買い溜め」には注意しましょう。

布おむつを使用する方もいらっしゃると思いますが、産後しばらくはママ自身の体を休める必要があるため、紙おむつの方が便利だと思います。

◎おしりふき

おしりふきではなく、水を含ませたコットンやガーゼでも代用できます。

産後すぐは、ママの体の負担を減らすために、使い捨てのおしりふきが便利だと思います。

◎おむつ用ゴミ箱

おむつ専用のごみ箱もありますが、蓋付きのバケツで代用できます。

◎ガーゼ

赤ちゃんの顔をふいたり、母乳の手入れ、入浴などに必要です。

10枚ほどあるといいと思います。

◎おくるみ

赤ちゃんの抱っこになれないうちは、おくるみで包んで抱っこすると抱きやすいと思います。

バスタオルやひざ掛けで代用できます。

◎ベビー用綿棒

赤ちゃんの耳掃除、鼻掃除に必要です。

大人用は、サイズが大きく使えないことがあります。

ティッシュをほそく巻いて「こより」を作って代用できます。

◎ベビー用爪切り

赤ちゃんの爪は、意外と鋭く、赤ちゃんの顔を傷つける原因となります。

想像以上に赤ちゃんの爪は小さいので、ベビー用爪切りが必要です。

◎ベビー用バス

ベビー用バスを使うのは、新生児のうちだけなので、購入するのはもったいないかもしれませんが、必要です。

衣装ケース、大きめのたらいなどでも代用できます。

うちは、空気を入れて膨らますタイプのベビーバスでしたが、キッチンのシンクでも使え、赤ちゃんがお湯の中で暴れて頭や足がベビーバスの淵にぶつかっても軟らかいので安心でした。

◎湯温計

赤ちゃんの沐浴の際に、お湯の温度を測るために使います。

予め、お湯の温度が設定できるのであれば、必要ないかもしれませんが、温度がわかる方が安心感があります。

◎ベビー用せっけん

赤ちゃんの沐浴に、大人用のシャンプーやボディソープは使えません。

ベビー用せっけんを用意しましょう。

ポンプ式の泡で出てくるタイプのせっけんなら、泡立てる手間がなくて便利です。

◎ベビー用保湿クリーム

入浴後の、肌の保湿に必要です。

ベビー用専用クリームのほか、ワセリンなど、無添加なものなら代用できます。

◎ベビー用洗濯洗剤

赤ちゃんの肌は弱いので、ベビー専用の洗剤で洗濯する必要があります。

◎体温計

大人用でも代用できますが、赤ちゃん用の体温計は、測定時間が短く、脇にピッタリハマるので使いやすいと思います。

耳で測れるタイプもお勧めです。

◎チャイルドシート

病院から自宅まで車で帰る場合、必須です。

あったら便利なもの・場合によって必要なもの

◎ベビー用ブラシ

髪の毛の多い子は必要です。

うちは、髪の毛の量が少なかったので、必要ありませんでした。

◎ベビー用ハンガー

ベビー服を干すときに、あると便利です。

大人用ハンガーやピンチハンガーでも代用できますが、型崩れやシワが気になる方は、ベビー用ハンガーをお勧めします。

◎手桶

沐浴の際、赤ちゃんの頭や首回りを洗うときに使います。

手桶では大きすぎる場合、コップやペットボトルでも代用できます。

◎ハイ&ローチェア、バウンサー

上のお子さんがいらっしゃる方は、赤ちゃんを床に寝かせておくのは危険です。

昼間の赤ちゃんの居場所として、新生児から使えるハイ&ローチェアやバウンサーがあるといいと思います。

スポンサーリンク

出産後すぐ必要ないものは?

出産前に、焦って準備したものの、「全く使わなかった!」というものもあります。

産後、赤ちゃんとの生活をスタートしてみてから、購入するかどうかを決めても遅くありません。

赤ちゃんの個性と、ママの生活スタイルを考えたうえで購入を決めた方がいいものはこちらです。

◎ベビーベッド

ベビーベッドに寝れる赤ちゃんは、一人で寝れる赤ちゃんです。

ママの隣で添い寝しないと寝てくれず、ベビーベッドを嫌がる赤ちゃんは多いものです。

また、母乳育児の場合、添い寝をしながら赤ちゃんに授乳できるので、ママの隣に赤ちゃんを寝かせるケースもよくあります。

ベビーベッドが物置にならないよう、赤ちゃんの個性を確認してから、購入するかどうか検討しましょう。

◎哺乳瓶、哺乳瓶消毒セット、粉ミルク

母乳がたくさん出るママの場合、哺乳瓶や粉ミルクは必要ありません。

◎よだれかけ

赤ちゃんのよだれが出始めるのは、まだ先です。

よだれかけを嫌がる子もいますので、購入する際は、少量にしておきましょう。

◎靴下

靴下を痛がる子は多いものです。

また、赤ちゃんは足をバタバタさせるので、靴下がすぐに脱げてしまいます。

おくるみや掛け布団をかけていれば、無理に靴下をはかせる必要はありません。

うちの子は、1歳過ぎくらいまで、靴下は必要ありませんでした。

◎ミトン

赤ちゃんが、爪で顔を傷つけるのを防ぐために使う「赤ちゃん用手袋」のことです。

靴下同様、すぐに脱げてしまうので、赤ちゃんにとっては邪魔になってしまうこともあります。

◎帽子

夏のお出かけのときに、あると便利です。

しかし、帽子を嫌がる子もいますので、まったく使わないこともあります。

◎抱っこ紐、おんぶ紐

赤ちゃんが外出できるのは、まだ先です。

首が座り、おんぶができるのは、もっと先です。

新生児から使える「横抱きできる抱っこ紐」が必要になるのは、「赤ちゃんの1ヶ月検診」のときだと思います。

◎ベビーカー

赤ちゃんが外出できるのは、まだ先ですし、お座りできるようになるのは、まだまだ先です。

◎赤ちゃん用イス

赤ちゃんがお座りできるのは、まだ先です。

生活スタイルによって、椅子の高さや機能も異なりますので、よく吟味しましょう。

◎授乳用クッション

母乳育児を行う場合は、授乳クッションがあると授乳しやすいと思います。

枕やクッションでも、代用できます。

◎離乳食用食器

離乳食が始まるのは、まだ先です。

◎赤ちゃん用ゲート、柵

赤ちゃんがハイハイしたり、歩くようになるのは、まだ先です。

おわりに

出産が近づくと、「早くベビー用品を揃えないと!」と焦りますが、出産後すぐに必要なものは限られています。

急いで準備しても、無駄に終わることもありますし、実際に、私も一回も使わずに終わってしまったベビー用品がたくさんあります。

特に、ベビーベッドやベビーラックなどの大型な物は、使わなかった場合の処分に困りますので、レンタルするのもいいでしょう。

私の場合、用意しても使わなかったものは、ベビーベッド、赤ちゃん用のイス(テーブルの高さに合わなかった)、よだれかけ(よだれが少ない子だった)、哺乳瓶(母乳オンリーだった)、まぐまぐ(分解して洗うのが大変!コップ&ストローで十分)靴下(すぐ脱いでしまう)など、いろいろあります…。

また、赤ちゃん用食器セットや小物類(よだれかけ、靴下、帽子など)は、出産祝いで頂くこともあります。

赤ちゃんグッズはどれもかわいいので、欲しくなってしまいますが、後で後悔しないようにして下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加