妊娠中に気になる顔の肌荒れや乾燥の対処法は?

妊娠してから「肌が乾燥するようになった」「カサカサして粉を吹いてしまう」とお困りの方はいらっしゃいませんか?

特に、顔の乾燥は隠すことができないですし、乾燥は「シワの原因」にもなりますので放置しておくのはよくありません!

肌の乾燥を放っておくと、数年後に必ず後悔すると思いますよ!

妊娠中のみならず、産後も引き続き肌の調子が変化しやすい状態ですので、今のうちから潤いのある素肌を手に入れておきましょう!

今回は、「妊娠中に肌が乾燥する原因と対処法」や「お勧めの化粧水」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠すると肌が乾燥するのはなぜ?

妊娠してから「急に肌が乾燥し始め、なかなか改善しない」とお困りの方はいらっしゃいますか?

なぜ、妊婦さんは乾燥肌に悩まされるのでしょうか?

妊娠中の乾燥肌の主な原因は、「女性ホルモンの変化」です。

妊娠すると急激に増加する女性ホルモンには、プロゲストロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類あるのをご存じでしょうか。

この2つのホルモンには、妊娠してから出産までの間、胎児を守り成長させる大切な役割があります。

このプロゲストロンとエストロゲンのバランスが大きく変化すると、自律神経が影響を受けるためさまざまな体調変化が起こりやすくなるのですが、この変化の一つに「肌の乾燥」があるのです。

妊娠中の肌の乾燥は甘く見ないほうがいい?

肌が乾燥していると、「肌のつっぱり感」や「かゆみ」が出てくるだけでなく、さらなる肌のトラブルを招くこともあります。

乾燥肌が原因で起こるトラブルには次のようなものがあります。

<ニキビ>

肌の乾燥は、ニキビの原因となるのをご存じですか?

「乾燥肌の人はニキビができない」とイメージしがちですが、実は肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、ニキビができやすくなるのです。

一般的に「大人ニキビ」と言われるものは、肌の乾燥が原因だと言われています。

(「妊娠するとニキビができる?ニキビの原因と対処法は?」に関連記事を書いています。)

<妊娠性皮膚掻痒症>

妊娠性皮膚掻痒症とは、発疹などが全くないのに強いかゆみが全身に出る症状を言います。

妊娠性皮膚掻痒症は、妊娠中期から後期にかけてみられる症状であり、かゆみのあまり掻きこわしてしまうと発疹が出てきたり、色素沈着する可能性があります。

(「妊娠中にお腹がかゆいのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

妊娠中の肌荒れの対処法は?皮膚科に行く前にすべきことは?

妊娠中は肌が乾燥しやすいため、ささいなことで肌のトラブルが起こりやすい状態です。

そのため、乾燥が原因で起こる肌トラブルには「保湿で対処する」のが一番です!

乾燥肌を改善する方法をご紹介します。

<洗顔方法に気を付ける>

洗顔方法を少し気をつけるだけで、肌の乾燥を防げるのをご存じですか?

顔の皮膚は思っている以上にデリケートです。

洗顔の際は、手でゴシゴシ洗わないよう、石けんをよく泡立てて、ゆっくりそっと静かに「泡で洗う」ようにしてみてください。

また、泡を洗い流す時のお湯の温度にも注意が必要です。

温度が高いと皮脂を洗い流してしまうため、乾燥の原因となります。

「泡で洗う」「ぬるま湯ですすぐ」ようにするだけ、肌の調子が変わってきますよ。

妊娠中の乾燥肌向けのアイテムなら洗った後の乾燥を防ぐことができるかもしれません!

<ハーブウォーターを使用する>

植物に水蒸気をあてる「蒸留」という方法を用いて、水溶性の成分のみを抽出したものを「ハーブウォーター」と言います。

ハーブウォーターは無添加で刺激が少なく、妊娠中の敏感肌にも安心して使うことができる保湿剤です。(※使用前には「パッチテスト」をお勧めします。)

ハーブウォーターの特徴については後程詳しくご説明します。

洗顔や化粧水を工夫しても、肌の乾燥が改善されず、ニキビや発疹が悪化したり、かゆみがひどく我慢できない場合には医師に相談してみましょう。

乾燥肌対策だけではない!ハーブウォーターの便利な使い方とは?

妊娠中の乾燥肌にお勧めな「ハーブウォーター」ですが、保湿剤として使う以外にも妊婦さんに役立つ使い方があります!

<リッラクス効果>

「ハーブウォーターはやさしい香りがしてホッとする」ためリラックスしたいときにお勧めです。

嗅覚からの刺激はストレス解消効果が期待できるため、楽しみながらスキンケアできるのがメリットです。

<デリケートゾーンのケアができる>

ハーブウォーターには抗菌作用、保湿効果があり、デリケートゾーンのケアもできます。

妊娠中はデリケートゾーンのトラブルも起きやすくなりますので、お風呂上りにシュシュッとすると、かゆみや不快感が解消するかもしれません。

<産後は赤ちゃんのスキンケアにも使える>

ハーブウォーターは、妊婦さんだけでなく赤ちゃんのおしりかぶれなどのスキンケアに使うこともできます。

ハーブウォーターをコットンに吹きつければあっという間に「防腐剤不使用の安心おしりふき」として利用できますので、市販のおしりふきの代用となります。

ハーブウォーターを選ぶ時の注意点は?

ハーブウォーターは、別名「フローラルウォーター」「ハイドロゾル」「芳香蒸留水」「アロマウォーター」などと呼ばれます。

また、ひとくちにハーブウォーターと言っても、たくさんの種類がありますので、初めてハーブウォーターを使う人であれば、どれを選べばいいかわからないと思います。

ハーブウォーター初心者の方には、

・ローズウォーター

・ラベンダーウォーター

・レモンバームウォーター

などがクセがなく使いやすいでしょう。

また、ハーブウォーターを選ぶ時には注意点があります。

ハーブウォーターは、「植物に水蒸気をあてる『蒸留』という方法で作られる」とご説明しましたが、ハーブウォーターの中には「水に、精油や植物エキスを溶かしただけ」のハーブウォーターもあるようです。

「本物の」ハーブウォーターは「水に何かを溶かしたもの」とは全く異なりますので、間違えないようにしてください。

正しい製法で作られた、防腐剤など添加物が入っていない安全性の高いハーブウォーター を選ぶようにしましょう。

おわりに

妊娠中は、ホルモンバランスの変化だけでなく、味覚の変化で食事内容が偏ってしまったり、ストレスや便秘などで肌の調子が悪くなることがありますよね?

肌の調子を整えるには、洗顔や保湿など外部からのケアも大切ですが、同時に食事や生活リズムなどを見直すことも大切です。

特に、妊娠中の体重増加を防ぐために、オイルカットしている方は要注意です。

油分の摂取量が少ないと、肌が乾燥してしまいますので、オリーブオイルなどの酸化しにくい油であれば、積極的に取った方がいいと思います。

肌の調子が悪いと気分も落ち込んでしまいますので、できることから「保湿対策」をして行きましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加