妊娠中の骨盤ベルトはいつから必要?装着位置は?

妊婦さんの多くは、腰痛を始め、恥骨痛、足の付け根痛、お尻の痛み、足のしびれなど、骨盤周りのトラブルに悩まされているのではないでしょうか?

骨盤周りのトラブルの中でも、腰痛を訴える方は「妊婦さんの80%に上る」と言われており、妊婦さんの大きな悩みの一つとなっています。

妊娠中の腰痛を改善するためには、いくつか方法がありますが、「骨盤ベルト」を利用するのも一つの方法です。

では、妊娠中に骨盤ベルトを使用する場合、いつから使いはじめると効果的なのでしょうか?

また、骨盤ベルトは正しい位置に装着していないと、逆効果になる可能性もありますので、注意が必要です。

今回は、妊婦さんが骨盤ベルトを使用するのに適した開始時期と、装着方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の骨盤ベルトはいつから必要?

妊娠すると、腰痛や、股関節痛、おしりの骨の痛みなど、骨盤周りのトラブルを感じ始めるようになります。

例えば

◎まだ9週なのに、腰や足の付け根のあたりが痛む

◎骨盤が緩むには、まだ時期が早すぎる気がする

など、妊婦さんの中には、まだお腹が大きくなる前の妊娠初期のうちから、腰回りの痛みを訴える方もいらっしゃるほどです。

妊婦さんの腰痛ケアの方法はいくつかありますが、骨盤ベルトを使っている妊婦さんは数多くいらっしゃいます。

では、骨盤ベルトは、妊娠中のどの時期から使い始めたらいいのでしょうか?

それは「妊娠がわかったらすぐ!」です。

なぜなら、妊娠するとすぐ、ホルモンの影響によって、筋肉や骨盤周りの靭帯が緩み始めるからです。

腰回りに違和感を感じなくても、すでに骨盤の開きや緩みは始まっているのです。

妊娠初期から骨盤ベルトを締めることで、骨盤の位置が安定し、骨盤のゆがみや腰痛の予防に繋がると言われています。

骨盤ベルトにはたくさんの種類がありますので、「妊娠初期から使用可能」なものであれば、妊娠が確認できた直後から使用することをお勧めします。

妊娠初期は、つわりの影響などの影響もあり、「骨盤ベルトを付けたくない」という方は、つわりが治まってきた妊娠中期からでも大丈夫です。

妊娠中期に入ると、しだいにお腹が大きくなってきます。

大きくなるお腹に伴って、体のバランスを取るためにのけ反った姿勢になってしまったり、腰や恥骨に負担がかかるようになってきます。

日中、動く間だけでも骨盤ベルトを装着しておくといいでしょう。

骨盤ベルトは、骨盤の形を整え、骨盤が開くことによる「子宮の下垂を防ぐ」ことができると考えられますので、腰痛だけでなく、「早産の予防」にも繋がると言われています。

スポンサーリンク

妊娠用の骨盤ベルトを装着する位置は?

妊娠中に骨盤ベルトを付けるのであれば、装着する「位置」が大切です。

骨盤ベルトは、正しい位置につけていないと、逆効果になってしまうそうです。

では、骨盤ベルトを装着する「正しい位置」とはどこでしょうか?

骨盤ベルトを装着する位置は、「恥骨」と「大転子」のラインです。

まず、「恥骨」と「大転子」の骨の位置を確認してみましょう。

「恥骨」の場所を探すために、おへそからまっすぐ下に指を下ろしてみて下さい。

ちょうど、股の上あたりに「固い骨」が見つかると思います。

そこが、「恥骨」です。

次に「大転子」を確認してみましょう。

「大転子」を探すには、「恥骨」から横に指を移動していきます。

すると、太ももの「一番出っ張った骨」にぶつかると思います。

そこが「大転子」です。

骨盤ベルトは、「恥骨」と「大転子」の上に装着するようにしましょう。

そして、骨盤ベルトを装着するときは「骨盤高位」の状態で装着します。

「骨盤高位」とは、骨盤を高くした状態のことです。

「骨盤高位」の姿勢になるには、まず、仰向けになり、膝を立てた状態で、腰の下にクッションなどを置きます。

余裕があれば、5分くらい「骨盤高位」の姿勢を保ち、子宮や内臓が正しい位置に持ち上がるように待ちます。

そして「骨盤高位」の状態のまま、骨盤ベルトを装着します。

骨盤ベルトは、きつく締めればいいというわけではありません。

強く締め付け過ぎると、血行不良になったり、気分が悪くなる原因になります。

体が楽に感じる程度に装着しましょう。

まとめ

骨盤ベルトを使い始めるのは、「お腹が大きくなり始めてから」というイメージがありますが、本当は妊娠がわかったら「すぐに」使い始めた方がいいそうです。

骨盤ベルトをしていると、子宮が持ち上がり、赤ちゃんも居心地がよくなるそうですよ。

骨盤ベルトは、妊娠初期から産後3ヶ月くらいまで使うことができるタイプのものもあります。

産後は、赤ちゃんの抱っこやおむつ替えなどで、引き続き腰に負担がかかる生活が続きますので、骨盤ベルトをひとつ用意しておくと、役に立つと思います!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加