妊娠中の便秘と腹痛!出ないときの解消法は?

便秘で悩む女性は多くいらっしゃいますが「妊娠してから一層便秘がひどくなった」という方や「便秘知らずだったのに妊娠してから便秘になってしまった」という方はいらっしゃいませんか?

妊娠すると便秘になりやすいのは、事実です。

便秘が続くと気分がスッキリしないだけでなく、お腹が痛くなったり、肌荒れや頭痛など、体の不調にも繋がります。

さらに、お腹の赤ちゃんにも悪影響がないのかと不安になりますよね?

一日でも早く、体の中から不要なものを出し切るために、日々試行錯誤している妊婦さんもいらっしゃるでしょう。

今回は「妊娠中の便秘の原因と解消法」について、ご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中はなぜ便秘になりやすいの?

「妊娠前は快便だったのに、妊娠してから便秘するようになった!」という妊婦さんは多くいらっしゃいます。

実際に、妊娠前と比べて「便秘になった」「便秘が悪化した」という妊婦さんは、「半数以上」に上ります。

例えば、

・つわりの時期に食事が取れず、便秘になってしまった

・妊娠前から便秘だったが、妊娠してから悪化し、一日中トイレに籠っていた

・便秘がひどくて痔になってしまった

・便秘薬が使えないため、便秘がひどくなった

・1週間出ないのは当たり前、ひどいと1カ月近く出ないこともあった

このように、多くの妊婦さんが、便秘に悩んでいるようです。

妊婦を悩ます便秘ですが、その原因は、女性ホルモンの影響にあります。

妊娠すると分泌が増える女性ホルモンは、胃腸の働きを抑制する働きがあります。

そのため、腸のぜん動運動が鈍くなり、便秘になってしまうのです。

また、妊娠初期のつわりの影響で、水分がうまく取れなくなると、便が固くなって便秘になってしまったり、妊娠中期や後期に入って、お腹が大きくなると、大きなお腹が腸を圧迫し、便通を妨げてしまうことも、原因の一つです。

妊娠中は運動不足になりやすかったり、お腹の赤ちゃんを気にして、排便時にいきめないことも、便秘の原因となっています。

妊娠中の便秘は、妊娠初期から症状が出始める方もいますが、半数以上の妊婦さんは、妊娠中期から妊娠後期にかけて、便秘になるそうです。

妊娠中の便秘による辛い症状は?

妊娠中に便秘になる妊婦さんは数多くいらっしゃいますが、便秘だけでなく「便秘に伴う辛い症状」にも悩まされています。

便秘に伴う辛い症状として多いのが「腹痛」です。

便秘によって、長時間、便が排便されない状態が続く、ひどい腹痛を引き起こすことがあります。

また、便秘なのに食べ過ぎてしまい、お腹がパンパンになって、腹痛になる場合もあります。

便秘のせいで腹痛になると、夜も眠れないほど痛んだり、ひどい場合は、病院へ駆け込む妊婦さんもいます。

便秘に悩む妊婦さんの中には、「便秘よりも腹痛が辛い」という方もいらっしゃるほどで、腹痛は、お腹の赤ちゃんへの影響など不安要素が増える原因にもなり、妊婦さんの辛い症状となっているようです。

腹痛以外の、便秘に伴う辛い症状には、お腹の張り、肌荒れ、食欲不振・吐き気、頭痛、痔など、があります。

便秘を改善しない限り、これらの辛い症状も改善されないので、まずは便秘を解消することを目指しましょう!

スポンサーリンク

妊娠中の便秘の解消法は?

妊娠中の腹痛を伴う便秘は、想像以上に辛いものです。

腹痛と言っても、便秘による腹痛なのか、危険を伴うな腹痛なのか、判断しにくいですよね?

「慌てて病院へ駆け込んだら、腹痛の正体は『便』だった!」なんていうことも!

そんな恥ずかしい事態を避けるためにも、便秘を解消しておきましょう!

多くの妊婦さんが実践されている便秘解消法はこちらです。

○ヨーグルトなど、腸内環境を整える食品を食べる

○バナナ、リンゴ、納豆、サツマイモ、ごぼう、切り干し大根、プルーンなど食物繊維の多い食品を食べる

○水分を多めに取る(便秘解消に期待できるノンカフェインの飲み物だと、さらに効果的です)

○散歩する、歩く

○ストレッチやヨガをする

○お腹のマッサージやお尻のツボを押す

便秘を解消するには、このように食生活と適度な運動が必要です。

しかし、いくら実践しても、正しいやり方で行わない限り、便秘が解消されない場合もあります。

便秘解消を実感するには、次のことに気を付けてみて下さい。

<ヨーグルトより「オリゴ糖」>

ヨーグルトに含まれる善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)は、便秘解消に効果的なのですが、酸に弱いため、胃酸によって死滅してしまう可能性があります。

腸内で善玉菌を育てるには、善玉菌の餌となる「オリゴ糖」が欠かせません。

本気で便秘を解消するには、ヨーグルトではなく「オリゴ糖」を取るほうがお勧めです。

市販のオリゴ糖シロップには、シロップにオリゴ糖を添加しているだけなので、高い効果は期待できません。

効果を実感するには、純度の高い、ほぼ100%のオリゴ糖食品を選ぶようにして下さい。

<食物繊維はバランスが大事>

便秘解消に食物繊維は必要なのですが、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」をバランスよく食べないと、逆効果になる可能性があります。

食物繊維には2種類ありますが、それぞれの働きが異なります。

○水溶性食物繊維 ⇒ 腸内の善玉菌を増やし、便を柔らかくする

(海藻類、こんにゃく、ごぼうなどの根菜類、納豆、アボカド、バナナ、りんごなど)

○不溶性食物繊維 ⇒ 便の量を増やし、腸を刺激して排便しやすくする

(きのこ類、ごま、玄米、大豆、さつまいもなど)

食物繊維を取るには、「水溶性:不溶性=1:2」の割合で取ると、便秘の解消につながります。

間違った取り方をしていると、さらに便が硬くなって便秘が悪化したり、便のカサがどんどん増えて、お腹が苦しくなる原因となります。

まとめ

私はもともと便秘ぎみだったので、妊娠中の便秘はひどかったです…。

妊娠初期はつわりのせいで、飲めない&食べれないだったので、便の量も少なければ、便も固く、1週間くらい出ないことが普通にありました。

つわりが終わって食欲が戻った後でも、便秘は改善されず、妊娠中はずっと悩まされていた気がします。

私が妊娠中は、病院で便秘薬を処方されたのですが、薬を使うとひどい腹痛になり「たまった便を下痢で出す」という状態が苦しくて、便秘薬を使うのをやめてしまいました。

便秘薬に限らず、食べ物でも運動でも生活習慣でも、便秘解消法は一つではありませんので、「自分に合った便秘解消法」を見つけることが大切だと思います。

妊娠中に引き続いて、産後もしばらくは便秘になりやすい状態なので、今のうちに、便秘解消法を見つけておいて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加