妊娠中の便秘はガスを溜めて腹痛を起こす?

妊娠してから「便秘になった」「以前よりも便秘が悪化した」ということに加え、「ガスが溜まりやすくなった」「ガスのにおいがきつくなった」という方はいらっしゃいませんか?

便秘だけでも辛いのに、ガスが溜まっていては、お腹がパンパンに張ってしまい、苦しいですよね?

便もガス、溜まってくると、そのうち腹痛を伴うようになってしまいます。

体も気分もスッキリした快適なマタニティライフを過ごすためには、体内をキレイにしておく必要があります。

不快な症状は、一日でも早く、軽減させましょう!

今回は「妊娠中に便秘になるとガスが溜まりやすくなる原因と対処法」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の便秘はガスが溜まりやすい?

妊娠すると、女性ホルモンの分泌が盛んになります。

女性ホルモンは、全身の筋肉や靱帯を緩める働きがありますので、腸の筋肉の動き(ぜん動運動)まで低下させてしまいます。

そのため、便が腸内に停滞しやすく、腐敗ガスが発生しやすくなります。

特に、妊娠中期以降は、大きくなったお腹によって腸が圧迫され、便が移動するのに時間がかかり、ガスも溜まりやすくなります。

また、妊娠中は、腸の働きをコントロ―ルしている自律神経のバランスが崩れることも、腸の動きを低下させている原因となっています。

自律神経が乱れると、血行が悪くなって体が冷えやすく、「冷え」は腸の働きを弱めてしまうため、腸内にガスが停滞しやすくなります。

腸内に便が溜まると、腐敗ガスが発生して、においもきつくなります。

妊娠初期につわりの症状がみられる妊婦さんの中には、気分が悪いあまり、深夜に何か食べることもあるでしょう。

深夜の食事は、胃腸に負担がかかり、その結果、腸の動きが悪くなって、便秘やガスを引き起こしている可能性もあります。

妊娠中の便秘とガスが腹痛を起こすのはなぜ?

妊娠中に便秘になると、ガスも溜まりやすくなります。

そして、溜まった便やガスは、腹痛を引き起こします。

便やガスが腹痛を引き起こす理由は「腸内に溜まったガスが、腹部や周辺の臓器を圧迫するため」です。

便秘のときは、ガスも出にくくなっているため、腹痛の症状が起こりやすくなっているのです。

スポンサーリンク

妊娠中の便秘やガスを解消するには?

妊娠中の便秘やガスを解消するには、どうしたらいいのでしょうか?

そもそも、ガスの原因をご存知ですか?

ガスのほとんどは、口から飲み込まれた空気です。

食事のときや、話をしているときに、空気も一緒に飲み込んでいるのです。

ガスのうち70%が、口から飲み込んだ空気であり、残りの30%が、腸内で発生する腐敗ガスだそうです。

妊婦さんの中には、つわりのムカムカを解消するために、炭酸飲料を飲む方も多くいらっしゃいますが、炭酸飲料はガスを発生させやすい飲み物です。

また、ストレスや緊張状態が続くと、知らず知らずのうちに空気を飲み込んでいることがあります。

胎児の成長や母体の体重管理など、妊娠中特有のストレスによって、たくさんの空気を取り入れてしまっているのかもしれませんね。

まず、ガスを改善するには、空気を飲み込みにくく、ガスを排出しやすい生活を送ることが大切です。

それと同時に、便秘も改善していく必要があります。

便秘とガスを改善するためには、

○早食いは空気を飲み込みやすいので、ゆっくりと食事を取りましょう

○便意やおならを我慢せず、可能な限り出すようにしましょう

○お腹を温めて、腸の動きを促進しましょう(カイロを当てる、腸内環境を整えて冷え性を改善するお茶を飲む、など)

○ストレスをなるべく溜めないようにしましょう

○腸内環境を整えましょう
腸内環境を悪化させている悪玉菌を減らす「オリゴ糖」ならお腹のガスの改善をサポートします。)

便秘も嫌ですが、ガスが溜まってお腹が張っているのも、不快なものですよね?

人前でおならをするのは抵抗がありますが、家の中だけでも、我慢せずにガスを出すようにして下さいね!

まとめ

おならは出したほうがいいのはわかりますが、時と場合によっては、我慢しなければならないこともありますよね?

しかし、おならを我慢すると、腐敗ガスが体内に吸収され、血液まで汚してしまうそうです。

特に妊娠中は、便やガスが溜まった母体の血液は「お腹の赤ちゃんへキレイな血液を送ることができていない」とも考えられますので、しっかり出して欲しいと思います。

便秘になっても、特に腹痛などの症状が出ない場合、つい便秘を放置してしまったり、数日出ないことが習慣化されてしまい、「たかが便秘」と思ってしまいますよね?

しかし、汚れた血液は全身を巡りますので、いずれ体調不良を引き起こすそうです。

妊婦さんによく見られる、頭痛、吐き気、腰痛なども、「実は便秘が原因だった!」ということもあるそうですよ!

(「妊娠中の便秘による頭痛の原因と対処法は?」「妊娠中の便秘!吐き気や下痢が起こるのはなぜ?」「妊娠中の便秘は腰痛の原因になる?」に関連記事を書いています。)

便秘を改善する食品として「さつまいも」が有名ですが、さつまいもに含まれる食物繊維は、腸内環境を整える働きがあるため、便秘解消だけでなく、おならのニオイを改善する働きも期待できるそうです。

おならの回数を減らしたいときは、さつまいもの皮も一緒に食べるといい、とも言われていますので、妊娠中のおやつに、さつまいもを取り入れてみて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加