妊娠中の便秘!吐き気や下痢を伴うのはなぜ?

妊娠中の体は、ホルモンの影響や、大きくなるお腹の影響で、便秘になりやすい状態になっています。

便秘を放っておくと、次に下痢がやってきたり、おならが臭くなったり、痔になったりと、お腹回りのトラブルだけでなく、肌荒れや頭痛、吐き気など、全身の状態が悪くなってくることがあります。

便秘は、体に不要なものが溜まっているということなので、一日でも早く汚れを出してあげないと、体がかわいそうですよね?

「便秘のせいで、吐き気や下痢が起こり、快適なマタニティライフが送れない!」なんてことにならないよう、何らかの手を打つようにしましょう。

今回は「妊娠中の便秘のせいで、吐き気や下痢が起こる原因と対処法」をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に便秘になると下痢や吐き気がするのはなぜ?

妊娠すると、女性ホルモンの作用によって、腸の動きが鈍くなります。

さらに、お腹が大きくなってくると、腸が圧迫されてしまい、腸の機能が低下し、便秘になります。

妊娠中の便秘の原因はほかにもたくさんありますが、多くの妊婦さんが、便秘で悩んでいるのは事実です。

「便秘」というのは、長い時間、腸に便が溜まっている状態です。

腸内に便が溜まっているため、新たに食べたものが腸へ流れて行かなくなり、食欲不振や吐き気が起こります。

実際に「便秘がひどくなったら、吐き気もひどくなった」というケースは多くあるのです。

「体内に老廃物がたまり過ぎているのに便として排出できない」場合は、「吐く」ことで、体から老廃物を排出しようとします。

そのため、便秘になると、ムカムカしたり吐き気として現れるのです。

また、腸に便が溜まっていると、胃の働きも低下して、消化吸収が悪くなります。

そのため、胃炎や胃もたれになりやすく、そのせいで吐き気を催すこともあります。

下痢が起こるのも、吐き気と同様に「腸内に溜まった老廃物を排出しようとする体の働き」なのです。

妊娠中の便秘による吐き気を解消するには?

便秘によって、ひどい吐き気があるときは、我慢せずに「吐く」ようにしましょう。

もちろん、無理に吐くことはありませんが、体の自然な反応=吐くことを、素直に受け入れてみて下さいね。

吐くほどではなくても、便秘によって、吐き気が起こる場合は、まずは食事を控えめにしてみましょう。

食べ物を食べると、消化に負担がかかります。

そのため、「排泄」のためのエネルギーが奪われてしまい、便秘が悪化する原因となる可能性があります。

「便秘を解消するために食べる」のではなく、「便秘を解消するために食べない」ことも大切なのです。

とは言え、妊娠中は、しっかりと栄養を取る必要がありますので、食事を抜いたり減らしたりする必要はありません。

できれば、水ではなく、鉄分やミネラルが含まれた栄養価の高いお茶などをこまめに取って、消化のいいものや、水分と食物繊維が同時に取れる果物や生野菜を食べるようにしましょう!

とにかく「食べ過ぎ」や「暴飲暴食」をしないように、心がけて下さいね。

便秘による不快な症状は、吐き気や下痢だけではありませんが、どの症状を改善するにも「根本的な原因=便秘」を解消しなければなりません。

そのためには、食物繊維を含む野菜を食べるなど食生活を見直すと同時に、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌をやつけるオリゴ糖を摂取することをお勧めします。

(「妊娠中の便秘と腹痛!出ないときの解消法は?」に関連記事を書いています。)

スポンサーリンク

まとめ

妊娠中の便秘には、私自身も悩みましたし、私の周りの妊婦さんも、みんな「出ない」と困っていました。

「散歩すると出る」「ヨーグルトで出る」「朝起きて水を飲むと出る」「バナナを食べると出る」など、人によって、便秘解消法は違います。

私は今まで、便秘解消のためにいろいろ試しましたが、私の場合、運動も、ヨーグルトも、朝一の水も、まったく効果を得られませんでした。

あるとき「バナナを何本食べたら出るか?」を試したところ、「5本以上」食べれば翌朝スッキリすることがわかりました。

しかし、毎日バナナを5本も食べられませんよね?

便秘が解消されても、果糖やカロリーの取り過ぎが気になりますし…。

そのほか、オリーブオイル、玄米、プルーンなどいろいろ試し、効果のあったもの、なかったものもあります。

便秘は辛いので「何が自分の体に合うか?」を探しながら、いろいろ実験してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加