妊娠中に便秘と下痢が同時に起こるのはなぜ?

妊娠中は、便秘に悩む妊婦さんが多くいらっしゃいます。

それと同時に、下痢になる方も多いものです。

「しばらく便が出ないと思ったら、下痢になってしまった!」「下痢が治まったら、再び便秘になる…」と、便通が整わず、いつもお腹がスッキリしないことがよくあります。

便秘も苦しいけど、下痢の場合は、腹痛を伴ったり、トイレから離れられなくなったり、外出できなくなったりと、便秘以上に、日常生活に支障をきたす可能性が高くなります。

便秘であれ下痢であれ、お腹の赤ちゃんへの影響も気になりますよね?

今回は「妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因と対処法」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に便秘と下痢が同時に起こるのはなぜ?

「妊娠中は便秘になりやすい」と言われます。

その理由は、妊娠したことによって増加した女性ホルモンの影響により、腸の働きが鈍くなるからです。

妊娠初期はつわりの影響で、食べ物や飲み物から水分が摂取しにくくなることもあり、便が固くなって、便秘になってしまいます。

妊娠中期から妊娠後期にかけての便秘は、お腹が大きくなることで腸が圧迫されて、排便しにくくなることが、原因の一つとされています。

妊娠中は、便秘になりすいのですが、体内に便が溜まり過ぎると、体の自然な「排出作用」として、今度は下痢になってしまうのです。

つまり、便秘と下痢はセットなのですね。

下痢によって、腸内の善玉菌までも排出されてしまうと、腸内環境が悪くなり、再び便秘となります。

また、妊娠すると、ホルモンバランスの影響で、自律神経が乱れがちになります。

自律神経は、胃腸の働きをコントロールしていますので、自律神経が乱れることで、胃腸の働きも乱れてしまい、便秘と下痢を繰り返すことになります。

このように、妊娠中は、便秘と下痢を繰り返してしまうことはよくあるのです。

(「妊娠中の便秘と腹痛!出ないときの解消法は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中の下痢!激痛を伴うのは危険?

妊娠中に便秘と下痢を繰り返すのは、よくあることです。

長いこと便秘が続くのも心配ですが、下痢も心配ですよね?

特に、下痢の場合は、腹痛を伴ったり、激痛に発展することもあります。

下痢になったとしても、先ほど述べたように、便秘を解消するための体の生理的現象であれば、特に心配いりません。

溜まった便を出せば、下痢は治まります。

一方、気を付けたい下痢とは、消化不良による下痢や、食中毒による下痢です。

妊娠中は、食欲が増したり、つわりの反動で食べ過ぎてしまったり、暴飲暴食してしまうことがよくあります。

そのため、消化不良を起こして下痢になってしまうのです。

また、妊娠中は免疫力が低下していることから、食中毒になりやすく、食あたりになる可能性が高くなります。

腹痛が、我慢できないほどの「激痛」に悪化したり、水のような便が続いたり、水を飲むだけでも下痢になってしまう場合は、注意が必要です。

あまりにも、下痢の状態がひどかったり、数日間続くようであれば、脱水症状になることも考えられますので、気になるときは医師に相談して下さいね。

腹痛・激痛を伴う下痢を避けるためには、生の食品を避ける、なるべく新鮮な食品を食べる、加熱して食べるなど、食生活を工夫してみて下さい。

(「妊娠中にお寿司は食べてはいけないの?」「妊娠中に温泉玉は危険!?その理由は?」「妊娠中はチーズを食べてはいけないの?」に関連記事を書いています。)

スポンサーリンク

妊娠中の便秘と下痢を改善するには?

妊娠中の便秘と下痢を改善するには、どうしたらいいのでしょうか?

「便秘と下痢が同時に起こる」「便秘と下痢を繰り返す」という場合、この「下痢の原因=便秘」だと考えられます。

まずは、便秘を解消することから始めましょう。

妊娠中の便秘の原因は、女性ホルモンの影響で、腸の働きが鈍くなっていることに加え、腸内環境の乱れも影響しているのは、ご紹介した通りです。

妊娠中の便秘を改善するには、食物繊維の多い食品を食べたり、ヨーグルトなどの腸内環境を整える食品を食べるなど、食生活に気を付けることと、腸を刺激するために、適度な運動をすることが大切です。

ほかには、腸の働きをコントロールしている自律神経を整えるために「ストレスを発散する」「リラックスする」といったことが改善策となります。

便秘解消と同時に、リラックス効果が得られるお茶を飲むことを習慣にするといいかもしれません。

もし、これらのことを試しても、便秘が解消されない場合は、腸内環境が悪化していることが考えられます。

ヨーグルトなどに含まれる善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)は、腸内環境を整えると言われていますが、酸に弱いため、胃酸によって死滅してしまい、腸まで届きにくいという特徴があります。

そのため「いくらヨーグルトを食べても腸内環境が改善させず、便秘も下痢も軽減されない」ということが起こってしまうのです。

腸内に善玉菌を増やし、腸内環境をよくするには「腸内で善玉菌を育てる」ほうが、効果的です。

そのためには、善玉菌のエサである「オリゴ糖」を摂取することが欠かせません。

オリゴ糖は、スーパーなどでも手に入りますが、「オリゴ糖入りシロップ」では、オリゴ糖の含有量が少ないため、効果を実感しにくい可能性があります。

オリゴ糖の効果をしっかり得たいのであれば、オリゴ糖の含有率が高い「ほぼ100%オリゴ糖食品」を選ぶことをお勧めします。

腸内環境が整えば、便秘も下痢も改善されていくはずです。

オリゴ糖は、砂糖と同じように使えるので、飲み物や料理に取り入れているうちに、「いつの間にか、便秘も下痢も解消されていた!」という嬉しいことが起こるかもしれませんね!

まとめ

私は、妊娠中に関わらず「便秘の次には、下痢がやってくる」ということが、よくあります。

きっと腸内環境が乱れているのでしょうね。

私も、便秘を解消するためにいろいろ試した時期がありました。

便秘解消で一般的なヨーグルトですが、私には全く効果がありません!

あるとき、試しに、プレーンヨーグルト1パック(500g)食べてみたのですが、それでも出ませんでした…。

私の胃酸は、相当強力なのでしょうか…。

それ以来、ヨーグルトなどの善玉菌食品はやめました。

そして、オリゴ糖食品と玄米を始めたところ、便秘が解消され始めたのです!

あとは、オリーブオイルやココナッツオイルなど、良質な油を取ることも、便秘にはいいですよ。

便秘していると、イライラしがちなので、お腹の赤ちゃんのためにも、一日でも早くスッキリしましょうね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加