妊娠中の便秘による張りとお腹の張りの違いとは?

妊娠中は、ほとんどの妊婦さんが便秘に悩まされています。

妊婦さんの中には、便秘と下痢を繰り返したり、頭痛や吐き気を伴ったり、切れ痔になったりする方も多く、みなさん苦労しているようです。

便秘が悪化すると、お腹がパンパンに張ってしまいますが、妊娠中の「子宮の張り」との違いがわからず、不安になっている方もいらっしゃるでしょう。

今回は「妊娠中の便秘の張りと、子宮の張りの違い」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中は便秘になりやすいのはなぜ?

妊娠中は、女性ホルモンに分泌が増加することによって、腸のぜん動運動が鈍くなっており、便秘になりやすくなっています。

また、妊娠初期は、つわりの影響で、十分な水分が摂取できなかったり、食の志向が偏るので食物繊維が不足しがちになります。

妊娠中期から後期にかけては、大きくなるお腹に腸が圧迫されて、腸の動きが鈍くなることや、体が思うように動かなかったり、赤ちゃんの成長が気になるなど、精神的ストレスによって、自立神経が乱れることも、便秘を引き起こす原因となっています。

(「妊娠中の便秘と腹痛!出ないときの解消法は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中の便秘の張りとお腹の張りの違いがわからない!?

妊娠初期は、生理的な子宮の張りは起こりにくいと言われており、子宮の張りを感じるようになるのは、妊娠中期以降だと考えられます。

妊娠中期以降、お腹が張って苦しいと感じても、その張りが「便秘によるもの」なのか「子宮の張り」なのか、その違いがよくわからないという妊婦さんは多くいらっしゃるようです。

例えば

○お腹が痛くなって急いで病院へ行ったら「便秘によるもの」だと言われた

○お腹がカチカチに張っていたが、排便したら張りも痛みもなくなった。便秘が原因なのかよくわからない。

○お腹が張って痛くて歩けない。安静にすべきか、便秘解消のために運動すべきか、わからない。

○妊娠前から便秘でお腹がよく張っていたので、妊娠中のお腹の張りがよくわからない

特に、初めての妊娠の方は、お腹の張りが「便秘によるものか」「子宮の収縮によるもの」か判断できず、病院へ駈け込んで「便秘」と診断されることも、よくあるそうです。

妊娠中のお腹の張りの症状は?

妊娠中は「お腹が張る」とよく言われますが、お腹が張るとはどんな症状なのでしょうか?

お腹の張りは「子宮の収縮運動」です。

子宮は筋肉からできており、出産に向けて、収縮と弛緩を繰り返しています。

一番大きな子宮の収縮が、陣痛であり、子宮を収縮させて、赤ちゃんを生み出すのです。

妊娠中、母体に何らかの刺激が加わると、その反応として、子宮が緊張して収縮します。

子宮が収縮すると、ギュっと縮まって固くなるので、「お腹が張る=お腹が固くなる」のです。

この子宮の収縮運動は、生理現象なので、あまりにもひどいケースを除いて、心配することはありません。

子宮が収縮しやすい状態は、長時間立ちっぱなし、座りっぱなしなど同じ姿勢をしていることや、家事や運動で動いたとき、疲れたとき、ストレスが溜まっているとき、などに起こりやすくなります。

そのほか、腸が動いているとき、または便秘によって引き起こされることもあります。

お腹の張りは、子宮の筋肉が緊張していることなので、子宮の筋肉をほぐすために、体を休め、リラックスすると、お腹の張りが治まってきます。

お腹が張ったら、座ったり、体を休めるようにしましょう。

妊娠中の便秘の張りとお腹の張りの違いとは?

妊娠中の「便秘の張り」と「子宮に収縮によるお腹の張り」との違いはどのようなものでしょうか?

○便秘によるお腹の張りの特徴

便秘によるお腹の張りは、腸内に溜まった便やガスにより、腸内が圧迫されてお腹の張りとして感じます。

お腹がパンパンになったような「膨満感」はありますが、カチカチに固くなることはありません。

お腹が痛む場合は、便意の痛さであり、子宮の収縮の痛さとは、まったく異なります。

便秘によるお腹の張りや痛みは、横になったり、体を休めても、改善されず、根本的な原因である便秘を改善しないかぎり、お腹の張り(膨満感)はなくなりません。

○子宮収縮によるお腹の張りの特徴

子宮が収縮しているときは、お腹がカチカチになります。

腕に力を入れて「力こぶ」を作っているような状態なので、筋肉(子宮)はカチカチに固くなっています。

何かのひょうしに、まるで石のように「ギュ―っと」固くなり始めるので「お腹が張っていないとき」と「張っているとき」の違いが、わかってくるでしょう。

お腹の張りに伴って、子宮を絞られるような痛みを感じることもあります。

子宮の収縮は、生理現象なので、できるだけ横になって体を休めていれば、自然と治り、再び柔らかいお腹に戻っていきます。

ただ、お腹の張り具合にも個人差があるので、お腹が張ってもカチカチになりにくかったり、お腹が大きく目立ってくるまではお腹の張りを自覚しにくい、という方もいらっしゃるようです。

お腹が張りやすくなるのは、前述したように、長時間同じ姿勢をしていることや、運動、疲れ、ストレスなどもありますが、「便秘」もお腹の張りを引き起こす原因となります。

子宮の収縮によるお腹の張りは、生理現象とは言え、あまりにも回数が多い場合は、切迫流産や切迫早産を引き起こす可能性がありますので、お腹を張りにくくするためにも、便秘を解消することが大切です。

スポンサーリンク

妊娠中の便秘を解消するには?

妊娠中に、子宮収縮によってお腹が張るのは、生理現象の一つなので、過度に心配する必要はありません。

しかし、便秘が原因でお腹が張ることもありますので、便秘は改善しておく必要があります。

そもそも、お腹が張るかどうかに関わらず、便を溜めておくのは、よくありませんからね。

妊娠中の便秘を改善するには、水分をしっかりと取り、腸内環境を整えると言われている発酵食品(ヨーグルト、納豆、漬物、みそなど)や食物繊維を多めに取るなど、食生活を見直すことが大切です。

ノンカフェインで、便秘解消に期待できる飲み物を習慣にすることもお勧めです。

さらに、腸に刺激を与えるために、歩いたり雑巾がけをするなど、適度に体を動かすようにしましょう。

食生活を見直したり、程度な運動も心がけているのに、便秘が改善されないという方は、食事の仕方に問題があるのかもしれません。

いくらヨーグルトを食べても、ヨーグルトに含まれる善玉菌が、腸まで届いていない可能性があります。

食物繊維をたくさん食べても、食物繊維の種類によっては、便のカサを増やすだけで、鈍くなった腸が働かず、便秘を悪化させてしまうこともあります。

妊娠中は、体を動かしたくても、切迫早産などの理由で、安静にしてなければならない妊婦さんもいらっしゃるでしょう。

誰でも簡単にできる便秘対策としては「オリゴ糖」を摂取することがお勧めです。

オリゴ糖は、腸内環境をよくする「善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす」働きがあります。

便秘だけでなく、便秘と下痢を繰り返す方、おながのニオイが気になる方にもお勧めです。

オリゴ糖は砂糖と同じように、飲み物や料理に使えるので、体調が優れない妊婦さんでも、簡単に摂取できるのですが、スーパーなどで売られているオリゴ糖シロップは、オリゴ糖の含有量が少ないものが多く、効果を実感できないケースが多くあります。

オリゴ糖を摂取するなら、純度が高く、無添加で、ほぼ100%のオリゴ糖食品を摂取することをお勧めします。

まとめ

私は、第二子、第三子の妊娠中は「切迫早産」になってしまい、お腹が張りがひどく、「絶対安静」状態になってしまいました。

お腹がギュ―と張ってくると、子宮の形がはっきりわかるほどです。

お腹がカチカチになって、子宮を掴まれているような痛みがあります。

もちろん、妊娠中は便秘にも悩まされましたが、便秘のときの痛みは、下腹部の左右どちらかの脇が痛かったり、便意による痛みなので、明らかに「子宮の痛み」とは異なります。

お腹がまだ目立たないうちは、子宮の収縮はあまり自覚できませんが、お腹が大きくなってくると、わかってくると思います。

子宮の収縮は、自力で防ぐことはできませんが、便秘は自分で改善していくことが可能ですし、便を溜めておくのは、健康上よくありません。

アレコレ試して、あなたに合う便秘解消法を探してみて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加