妊娠中の便秘薬で流産の危険!?

妊娠中は、ほとんどの妊婦さんが便秘に悩んでいることでしょう。

なぜなら、妊娠すると、便秘になりやすい体になるからです。

「便秘になったら、便秘薬で出しちゃえばいい!」と考えている方もいらっしゃると思いますし、「妊娠するまで、便秘薬に頼っていた」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、妊娠中の薬の服用は危険です!

たとえ妊婦さんも使用できる薬であっても「副作用のない薬はない」のです。

今回は「妊娠中に便秘薬を使用した場合に考えられるリスク」について、ご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に便秘薬を使用するのは危険?

体の不調を軽減するのに、薬は役に立つこともあります。

しかし、薬である以上「副作用」があるのも、事実です。

特に、妊娠中は、母体への副作用の心配だけでなく、お腹の赤ちゃんへの影響も考えられるので、一層、薬の使用について、慎重になるべきではないでしょうか?

便秘薬によるリスクには、次のことが考えられます。

○便秘薬は、腸を「強制的」に動かし、無理やり排便させるためのものです。

腸の動きが子宮の神経を刺激し、薬の持つ子宮収縮作用によって、流産のリスクが高まるとも言われています。

内服薬ではない「浣腸」なら安全かと思われるかもしれませんが、浣腸にも流産のリスクがあります。

○便秘薬を服用すると、薬が体内に吸収されて血液に入り、胎盤を通じて赤ちゃんへ届く可能性があります。

○病院で処方される便秘薬には、子宮へ影響を与えにくい薬が処方されるそうですが、使用量を間違うと、市販薬と同じように流産のリスクが高まります。

たとえ、病院で処方された薬であっても、使用量には気を付けましょう。

○便秘薬を使い過ぎると、自力で排便する機能が低下してしまう可能性があります。

つまり、便秘薬を使い続けることは、便秘を悪化させることに繋がるのです。

○便秘薬を使用すると、排便時にひどい腹痛を伴ったり、下痢になることもあります。

腹痛や下痢は、お腹の張りの原因になる可能性があります。

○便秘薬が体に合わなかった場合、胃腸が荒れてしまう場合もあります。

胃腸が荒れると、食欲不振になったり、吐き気を感じることもあります。

このように、便秘薬は「便を出してスッキリする」というメリットもありますが、それと同時にデメリットもありますので、できるだけ薬に頼らないで排便できる力を付けて行きましょう。

妊娠中の便秘薬で下痢するとどうなる?

便秘薬によっては、排便時に腹痛を伴い、ひどい下痢になることもあります。

便秘薬(下剤)には、体内の水分量を減らしてしまうものもあるので、その場合、妊婦さんの体が脱水状態になる可能性があります。

下痢と共に、腸内の善玉菌も一緒に排出されてしまうと、再び腸内環境が悪化して、いつまでたっても、便秘が改善されない原因となります。

スポンサーリンク

妊娠中の便秘を薬に頼らず解消するには?

便秘薬は、即効性があるため、「明日こそ出したい!」というときには、確かに役立つでしょう。

しかし、副作用のリスクを考えると、妊娠中だけでも、薬の服用は、控えておいた方がいいのではないでしょうか?

薬に頼らず便秘を解消するには、腸内環境を改善すると言われているヨーグルトなどの発酵食品を食べたり、腸に刺激となるように体を動かすことが大切です。

食物繊維がたっぷり含まれた野菜や果物を食べ、しっかりと水分を取ることも、効果的でしょう。

さらに、お腹回りを中心に体を温めると、腸の血行が良くなって、便意が起きやすくなります。

便秘を解消し、冷え性を改善する飲み物を試してみるといいでしょう。

便秘にいいと言われていることを一通り行ってみても、便秘が改善されない場合は、「オリゴ糖」を試してみて下さい!

オリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサとなって「善玉菌を増やす」ことに役立ちます。

さらに、便秘や下痢の元である「悪玉菌を減らしてくれる」ので、ヨーグルトを食べるよりも効果が期待できるそうです。

オリゴ糖は砂糖のように使うことができるので、料理や飲み物に入れるだけで、腸内環境の改善に繋がります。

副作用の心配がいらない「オリゴ糖食品」なら、食事管理や体重管理で頭がいっぱいの妊婦さんでも簡単に取り入れられるのでお勧めです!

まとめ

妊娠中に関わらず、私は常に便秘がちなので、いろいろな便秘対策を試してきました。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品は、私の便秘改善にはつながりませんでした。

オリゴ糖は砂糖の代わりに使えるので、とても簡単に便秘対策ができますよ!

妊娠中に関わらず、産後の便秘対策にも、役立ちます。

妊娠中は、体重管理のために、オイルを控えている方もいらっしゃると思いますが、良質なオイルを取ることは便秘の解消に繋がります。

特に、オリーブオイルやココナッツオイルは、便秘解消をサポートしてくれるので、少量で構いませんので、毎日取ると便秘解消に繋がります。

私は、毎日のサラダに、その日の気分でオリーブオイル、ココナッツオイル、セサミオイルなどを使い分け、ドレッシング代わりに食べていますが、たまに便秘になったとしても、カチンカチンになることはなくなりました!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加