腹痛や腰痛は着床の症状?着床痛の期間や痛む場所は?

精子と卵子が受精をし受精卵になると、その後子宮に向かいます。

そこで受精卵が子宮内膜に潜り込み根を下すことを「着床」と言います。

つまり、着床は妊娠に至るまでの過程であり、妊娠を決定づけるものといっても過言ではありません。

ですから、妊活中の女性であれば、まずは「着床したのかどうか」気になることでしょう。

妊娠したのかどうか一刻も早く知りたいと思うのは誰でも一緒ですが、妊娠検査薬が反応するにはまだもう少し時間がかかります。

そこで、着床したかどうかを知るために体のサインに耳を傾けてみましょう!

実は、着床すると身体にはいろいろな変化が起こります。

このような身体の変化にいち早く気付くことができれば、着床の可能性を疑うことができますね!

今回は、着床サインの一つである「着床痛」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

腹痛や腰痛は着床のサイン?着床痛の特徴は?

着床痛とはその名の通り、着床時に起きる痛みのことです。

ただ、着床痛は妊娠をした人すべてに起きるのかというとそうではなく、むしろ着床で痛みを感じる人は少ないと言われています。

また仮に着床痛が起きたとしても生理痛などと勘違いされることも少なくなく、着床痛に気付くことは稀なようです。

そんなわかりにくい着床痛ですが、痛みの特徴を知っておくことで着床に気付くことができるかもしれませんよ!

着床痛の特徴は「チクチクとした下腹部の痛み」や「鈍痛」などですが、生理痛よりも重い痛みだそうです。

そしてこのような痛みが1日中続くこともあれば、1日のうちに数回起こるといったパターンもあります。

また、出産に向け骨盤の関節が緩まることによって「腰痛」が起こる場合も多く、骨盤辺りにかけて長く続く痛みが起こることもあれば、激しい痛みを伴うこともあるようです。

着床痛の感じ方は人それぞれですが、生理中ではないにも関わらず下腹部のチクチクした痛みや腰の痛みがあれば、着床している可能性があります。

着床痛が起こるのはいつ?腹痛の期間は?

着床痛なのか、ただの腹痛や腰痛なのかを判断するためには、着床痛が起こる時期を予め知っておく必要がありますね。

着床痛が起こるのは、排卵日から6日~1週間後くらいです。

つまり、生理周期が安定している人であれば「生理予定日の1週間くらい前」と言うことになります。

もしも、生理予定日の1週間くらい前に下腹部がチクチク痛んだり腰痛が起これば、もしかしたら着床痛かもしれません。

ただ、生理周期が乱れている人の場合、着床痛かと思ったら生理の前触れだったという可能性もありますから、生理が安定しない人はあまり当てにしない方がよさそうです。

スポンサーリンク

着床すると下痢や便秘になることも?

着床すると、腹痛と同時に下痢や便秘といった症状が起こることもあるそうです。

その理由は、ホルモンの変化によって自律神経が乱れてしまい、腸機能が低下するからです。

また、自律神経が乱れて体が冷えてしまい、下痢になることもあるようです。

普段から下痢や便秘はしないという人であれば、下痢や便秘も着床のサインとして受け取ることができるかもしれません。

着床のサインは腹痛だけではない?!

着床すると腹痛や下痢や便秘のほか、身体にはいくつかの変化が表れることがあります。

例えば、微量の出血。

おりものに微量の血が混ざっていれば着床出血の可能性があります。

もしも、生理予定日1週間ほど前に、腹痛と同時に微量の出血が見られれば、妊娠の可能性はぐっと高まります。

ただこの着床出血が見られるのは50人に1人と言われているため、残念ながらほとんどの方は経験するものではないようです。

次にあげられるのは、おりものの量の増加や胸の張りです。

特におりものは、量が増加するとともに、おりものの色が白や黄色やクリーム色などに変化しますのでわかりやすいかもしれません。

また、基礎体温が上がり風邪のような熱っぽさやだるさを感じたり、吐き気が起きたり匂いに敏感になったりするほか、食べ物の好みが変わり、酸っぱいものが食べたくなったり今まで嫌いだったものが急に好きになる人もいらっしゃいます。

さらには子宮の変化で膀胱が刺激され、トイレが近くなることも。

このように、まだ妊娠検査薬が反応する前から体の変化は始まっているということですから、妊娠の可能性がある人は体の微妙な変化を見逃さないで下さいね!

■関連記事

着床するとおりものが多くなる?増えないことも?

妊娠初期症状は体温が高い?体温が上がらないときは?

風邪っぽい(頭痛・鼻水・咳・喉の痛み)は妊娠初期症状?

妊娠中の頻尿は水分の取過ぎ?頻尿はいつからいつまで?

こんな着床痛は要注意?

着床が疑われる時期に下腹部痛があったら「着床痛かもしれない!」と嬉しくなってしまうかもしれませんが、痛みがあまりに激しい場合や、1日以上痛みが続く場合は着床痛であっても子宮外妊娠などの可能性もあります。

また、着床痛だと思っていたら、子宮内膜症や子宮筋腫など、子宮の病気であったというすらあります。

あまりに激しい痛みや長引く痛みの場合は、迷わず病院へ行くようにして下さい。

■関連記事

妊娠初期症状と生理前の腹痛に違いはあるの?

おわりに

私が初めて妊娠したときは、着床のサインにはまったく気付くことができませんでした。

ただ、身体が熱い、食事が何となくおいしくない、という兆候はありましたよ。

着床痛を感じることができる人は稀ですから、着床のサインを痛みで感じとるのはちょっと難しいかもしれませんね。

ただ、着床痛というものがあることを知っておくと、妊娠がわかるまでの期間をちょっと楽しみながら過ごすことができるのではないでしょうか?

着床のサインはこのほかにもいくつかありますので、体から発する僅かなサインを見逃さないようにして下さい!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加