妊娠中はチーズを食べてはいけないの!?

妊娠中に控えるべき食品はいくつかありますが、その中に「チーズ」があるのをご存じですか?

女性はチーズ好きが多く、もちろん私も大のチーズ好きです!

ピザやサンドイッチに欠かせないだけでなく、オムレツに入れたりカレーやサラダにトッピングしたり、チーズは食卓によく上がる食品ですよね?

そんな超便利で美味しいチーズが食べられなくなるなんて!

妊娠中は、いろいろ我慢が増えてしまい「食べる楽しみが減る!」とがっかりされてる方もいるかもしれません。

今回は「妊娠中はなぜチーズを食べたらよくないのか?」「食べてもいいチーズはあるのか?」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中はなぜチーズを食べたらいけないの?

「妊娠中にチーズを食べたらいけない」のはご存じですか?

ここで言われる「チーズ」とは、加熱殺菌されていない「ナチュラルチーズ」のことです。

例えば、モツァレラチーズや、白かびタイプのカマンベールチーズ、青かびタイプのブルーチーズ、ゴルゴンゾーラチーズなどが上げられます。

サンドイッチやサラダに入っていたり、パスタに使われたりすることもあるので、これらのチーズの名前を一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

これらのナチュラルチーズを食べたらいけない理由は「リステリア菌による食中毒の危険性があるから」です。

特に、妊娠中は、リステリア菌に感染しやすく、一般の人に比べて20倍も感染のリスクが高いと言われています。

妊娠中にこわい!リステリア菌って?

リステリア菌に感染することは稀ではあるものの、日本国内でもリステリア菌は検出されています。

先程述べたように、妊娠中はリステリア菌に感染するリスクが20倍に増えるだけでなく、妊娠中にリステリア菌に感染した場合は、胎盤を通じて、赤ちゃんにまで感染する可能性があります。

リステリア菌に感染した場合の母体の症状は、発熱(38~39度の高熱)、倦怠感、悪寒、頭痛、筋肉痛などインフルエンザのような症状に加え、嘔吐や下痢の症状が出ます。

潜伏期間は1日~3か月程度と長く、すぐに症状が出ないこともあり、リステリア菌に感染したことに気付くのが、遅れる場合もあります。

リステリア菌が赤ちゃんへ感染した場合、最悪の場合、流産、早産、死産に繋がる可能性があります。

また、無事に生まれたとしても未熟児だったり、赤ちゃんが既に重度のリステリア症に感染している場合は、赤ちゃんが死亡することもあります。

妊娠中は「食べたものが赤ちゃんへ悪影響を及ぼす場合がある」ことは否定できません。

あとで後悔しないためにも、出来る範囲で注意をしておくことをお勧めします。

チーズだけではない?リステリア菌はこんな食品にも?

リステリア菌の危険があるのは、ナチュラルチーズだけではありません!

ほかには、スモークサーモンなどの魚介類の加工品や、生ハムなどの食肉加工品も、リステリア菌の原因となります。

見分け方としては「冷蔵庫に長期間保存できる、加熱せずに食べることができる生肉」と考えたらいいと思います。

スポンサーリンク

リステリア菌を予防するには?

リステリア菌による食中毒を防ぐには、どうしたらいいのでしょうか?

一番いいのは「これらの食品を食べないこと」もしくは「十分に加熱をして食べること」です。

リステリア菌は低温でも増殖しますので、冷蔵庫に入っているからと安心するのは危険です。

保存するのであれば、冷凍庫で保存し、消費期限に関わらず、出来るだけ早めに食べるようにしましょう。

また、調理で生の肉を触った後は、必ず調理器具や手をよく洗うようにして下さい。

妊娠中でもチーズが食べたいときは?

「妊娠中でもチーズが食べたい!」というチーズ党の方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、加熱済のプロセスチーズを食べたり、ピザやトーストなどに「とろけるチーズ」を乗せて食べて下さいね!

チーズにはカルシウムが豊富なので、妊娠中でも食べたい食品です。

正しいチーズ選びを行って、安心して食べるようにしましょう!

まとめ

私は、ナチュラルチーズもスモークサーモンも生ハムも、大好物です!

とは言え、妊娠中のリスクを考えると、妊娠中は怖くて食べられませんでした。

その代り、スライスチーズやとろけるチーズはよく食べていましたよ!

ピザはもちろん、オムレツに入れたり、じゃがいもにかけて焼いたり、肉や魚にかけて焼いたり、チーズフォンデュにしたり…よく加熱料理に使いました。

私はチーズケーキも大好きなので、おやつに「ベイクドチーズケーキ」を食べることもありました。

食中毒は「リステリア菌」だけではありません。

菌は、加熱することで、殺菌できますので、妊娠中はできるだけ加熱したものを食べましょう。

また、食中毒を防ぐには、調理の前に良く手を洗ったり、野菜や果物をよく洗うようにすることで予防できます。

レストランなどの外食は、野菜がしっかり洗浄されていない場合もありますので、妊娠中の外食やテイクアウトは、できるだけ控えた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加