妊娠中のカフェイン!コーヒーは一日何杯まで?

妊娠中は、「控えた方がいい食べ物」がいくつかあるのをご存じですか?

妊娠中の身体は通常とは異なるため、母体や胎児のことを思ってこのような制限が設けられています。

そんな「妊娠中の食事制限」の中に「コーヒー」があるのをご存じでしょうか?

最近ではコーヒーの健康効果が話題となっていますが、妊娠中は例外のようです。

妊婦さんの中にはコーヒー大好きな方もいらっしゃるでしょうし、目覚めのコーヒーを飲まないと1日が始まらないという方もいらっしゃるでしょう。

本当に、妊娠中はコーヒーを我慢しなければならないのでしょうか?

今回は、「妊娠中にコーヒーを控えるべき理由」や「コーヒーの一日の許容量」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中はコーヒーを飲んではいけないの?

「妊娠中は、コーヒーを飲まない方が良い」というのを聞いたことがありますか?

妊婦さんがコーヒーを控えるべき理由は、コーヒーに含まれる「カフェイン」にあります。

カフェインには「中枢神経を興奮させる」という作用があるため、大量に摂取してしまうと寝つきが悪くなったり、興奮して落ち着かなくなるといった症状が出ることがあります。

仕事や勉強、運転中の人など「覚醒させたいとき」はカフェインの力が役立つのは事実ですが、十分な睡眠が必要な妊娠期に「カフェインのせいで眠れない」というのはよくありませんね。

またカフェインには「利尿作用」がありますので、飲み過ぎると脱水症状を招くことがあります。

そして脱水気味になると、身体は水分を逃がさないように働くため水分をため込んで「むくみ」やすくなるそうです。

さらにカフェインは、ミネラル(カルシウム)を尿として排出する作用もありますので、妊娠期に必要な栄養素が奪われて行くとも考えられます。

妊娠中は通常よりカフェインの分解に時間がかかるため、カフェインの影響がより強く出てしまうそうですから、妊娠中のカフェイン摂取は健康なマタニティライフに影響を与えると言えそうです。

妊娠中のカフェインはいつから控えるべき?

妊娠中はカフェインを控えるべきですが、「出産するまでずっとコーヒーを我慢しなければならない」というのは、コーヒー好きな妊婦さんにとって酷なことですよね?

あまりストイックになり過ぎると逆にストレスが溜まりますので、無理にやめる必要はありません。

ただ、妊娠中でも「妊娠初期」と「妊娠後期」はできるだけ控えるようにしたほうが無難です。

その理由は、カフェインは「鉄分の吸収を妨げて、血流を悪くするから」です。

「妊娠初期」は、赤ちゃんへ栄養を届ける「胎盤」が形成される時期ですから、カフェインを大量に取ることによって胎盤の形成に支障を来すことが考えられます。

胎盤の形成が不十分だと、赤ちゃんの成長が妨げられてしまいますよね?

また、赤ちゃんがぐんと成長する「妊娠後期」に、赤ちゃんへ十分な血液が行き渡らないと「流産・早産・低体重児」など赤ちゃんの発達に悪影響を及ぼす可能性があります。

さらに、妊娠後期は母体の血液が不足し「貧血」になりやすい時期です。

そこへカフェインによって鉄分の吸収を妨げられてしまっては、貧血が悪化してしまうと考えられます。

こうして見ると、妊娠初期と妊娠後期のカフェイン摂取には十分注意した方がよさそうです。

スポンサーリンク

妊娠中のコーヒーは一日何杯まで?

妊娠中は絶対にコーヒーを飲んではいけないというわけではありませんので、我慢してストレスを感じるのであれば、コーヒーを飲んでリラックスした方がよほどいいと思います。

ただ、先ほども述べたように、カフェインの取り過ぎはよくありませんからコーヒーの摂取量には気を付けましょう。

では、妊婦さんはコーヒーを一日に何杯まで飲んでいいのでしょうか?

それをお知らせする前に、妊婦さんが摂取していい「一日のカフェインの摂取量」をお伝えしておきます。

妊娠中のカフェイン摂取の上限は国よって異なりますが、日本における妊婦さんの1日のカフェインの上限は「100mg」が目安だそうです。

なぜなら、アメリカのある健康保険会社が行った調査によると「妊娠中にカフェインを200mg/日以上摂取すると、流産のリスクが2倍に上がる」というデータが出ているからです。

これを元に、コーヒーに含まれるカフェイン量を当てはめてみます。

コーヒー1杯(180ml)中に含まれるカフェインの量は、

〇インスタントコーヒー 約60mg

〇ドリップコーヒー 約100mg

が目安です。

つまり、妊娠中のコーヒーは「1日1杯までならOK」ということになります。

コーヒー好きの方にとってはちょっと物足りない気もしますが・・・。

一方、世界保健機関では、妊娠中のコーヒーの摂取量の目安は「300mg/日」とされていますので「1日3杯程度であれば飲んでも問題ない」とされているようです。

カフェインはコーヒーだけでなく、「紅茶」「抹茶」「コーラ」「チョコレート」といった食品にも含まれますので、これらのものを摂取する際はコーヒーの量を減らすよう注意して下さいね。

妊娠中はコーヒーゼリーなら食べていい?

妊婦さんの中には「コーヒーがダメならコーヒーゼリーはどうなの?」と疑問を抱いている方はいらっしゃいませんか?

「コーヒーゼリーであれば問題ないのではないか」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、実際はそうでもないようです。

コーヒーで作られたコーヒーゼリーには、もちろん「カフェインが含まれています」ので、コーヒーゼリーを食べ過ぎると、カフェインの過剰摂取に繋がります。

勿論コーヒーゼリーは液体ではありませんので、コーヒーのようにカフェインが直接体内へ吸収されるわけではないようですが、コーヒーゼリーにはカフェインのほか糖分も多く含まれていることを考えると、1日1個~2個くらいに抑えておいた方が安心ですね。

商品によっては、カフェインの含有量が記載されているコーヒーゼリーもありますから、購入する際にはぜひ確認してみて下さい。

また、コーヒーゼリーは簡単に手作りすることができますので、カフェインを取りたくないという妊婦さんは、カフェインレスコーヒーを使って手作りコーヒーゼリーに挑戦してみてはいかがでしょうか?

おわりに

私はコーヒーが大好きですので、カフェインは日常的に取っていました。

しかし妊娠してからは、つわりの影響もあってコーヒーを美味しいと感じられなくなり、出産するまで一滴も飲まずに過ごしましたよ。

カフェインを摂取しないように、本能的にコーヒーを受け付けなくなったのかもしれませんね。

妊婦さんの中には、大のコーヒー党な方もいらっしゃるでしょうし、妊娠前は1日3杯以上飲んでいた方もたくさんいらっしゃると思います。

妊娠中でもコーヒーを飲み続けたいというのであれば、カフェインレスコーヒー(デカフェ)にしたり、コーヒーの量を少なめにしてミルクたっぷりカフェオレにすれば、カフェインの摂取量を減らすことができます。

「1日1杯の貴重なコーヒー」をぜひ楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加