妊娠中の歯医者!行くならどの時期?

妊娠中は「虫歯」や「歯肉炎」など、口内トラブルに見舞われやすいのをご存じですか?

妊娠中は、つわり、腰痛、腹痛、恥骨痛…など、さまざまな「痛み」を経験するものですが、さらに歯の痛みまで襲ってきたら、楽しいマタニティライフを送ることはできませんよね?

妊娠ならではの「仕方のない痛み」はあきらめるしかありませんが、虫歯の痛みは防ぐことができます。

妊娠中は、歯医者へ行くことに抵抗があるかもしれませんが、歯の痛みを抱えたまま出産するのはよくありません!

まして、産後は赤ちゃんのお世話が始まりますので、ゆっくり歯医者へ行く時間も取れなくなってしまいます。

できる限り、出産までに虫歯を完治させたいものですね。

とはいえ、妊娠中はいつでも歯の治療を受けることができるのでしょうか?

今回は「妊娠中に歯科検診に行く理由」や「妊婦さんが歯医者に行くお勧めの時期」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中の歯科検診は行かなくてもいいの?

妊娠すると、だるかったり疲れやすかったり眠たかったり・・・と動くのがおっくうになりませんか?

一日中「家でゴロゴロしていたい!」という方もいらっしゃると思います。

特に、歯が痛くもないのに「歯科検診」など行く気になれないのではないでしょうか?

しかし、妊婦さんは虫歯や歯肉炎になりやすいのです!

気づいたときには「虫歯が大きくなっていた!」「歯茎が腫れてしまっていた!」なんていうことがないよう、注意しなければなりません。

妊婦さんは虫歯や歯肉炎になりやすい、と言われているのは次のような原因からです。

<ホルモンバランス>

妊娠すると分泌が増える女性ホルモンは、唾液の性質を変えてしまいます。

通常はサラサラとした唾液ですが、妊娠するとネバネバした唾液に変化するため、口内の汚れを取り除く力が低下してしまいます。

また、殺菌効果のある唾液ですが、妊娠中は唾液の量が減ってしまうため、口内が汚れやすくなってしまいます。

そして、女性ホルモンは、歯茎の中にも増えていきます。

歯周病菌は、女性ホルモンを餌としますので、口内で増殖しやすく、妊婦さんは歯周病にかかりやすいと言われています。

<つわり>

つわりの時期は、食べ物の嗜好や食生活がガラリと変わることがあります。

すっぱいものばかり食べたくなったり、嘔吐によって胃酸が逆流してくると、酸で歯が弱くなってしまう可能性があります。

食事の回数が増えたり、何かしら口に入れていないと気持ち悪いという場合は、一日中食べ物が口に入っているという方もいらっしゃるのでは?

そのうえ、歯磨きをするのがつらかったり、歯ブラシを口に入れることすら困難になることもあり、口内環境が悪くなります。

<免疫力の低下>

妊娠中は、赤ちゃんを異物をみなさないよう、免疫力が低下します。

妊婦さんが風邪をひきやすいのと同じように、虫歯や歯周病にもなりやすいのです。

このように、妊婦さんは妊娠していない人と比べると、虫歯や歯肉炎のリスクが高いのですが「妊娠中だから仕方がない」と甘く考えてはいけません!

なぜなら「歯周病は、流産や早産の原因の一つ」といわれているからです。

虫歯や歯周病を早期発見するには、定期的な歯科検診に行くようにしましょう。

(「妊娠初期!虫歯じゃないのに歯が痛い?」に関連記事を書いています。)

妊娠中でも虫歯の治療はできるの?

妊娠中に歯が痛くなったり、定期健診で虫歯が発見された場合、妊娠中でも虫歯の治療ができるのでしょうか?

大丈夫です!

妊娠中でも虫歯の治療は可能です!

しかし、虫歯の治療といっても、簡単なものから神経の治療まで、さまざまです。

また、数回で完治するものから、長期に渡って治療が必要なものまで、治療期間も異なります。

妊娠中の時期や体調によっては、出産後に治療を開始した方がいいケースもあります。

妊娠中にどこまで虫歯の治療を行うかどうか、すぐに行わなければならない状態かどうか、歯科医とよく相談しましょう。

そして、虫歯以外の治療(親知らずを抜く、インプラントなど)は、鎮痛剤を服用しなければならないケースが多いため、妊娠中は避けるようにしてください。

妊娠中の虫歯や歯肉炎を防ぐためにも、歯医者で定期的に歯のクリーニングをしてもらうといいでしょう。

そして何より、虫歯や歯肉炎を効率的に予防する歯磨きケアが欠かせません。

スポンサーリンク

妊娠中の歯医者はいつからいつまで?

妊娠中でも、虫歯の治療や歯のクリーニングは可能です。

では、妊娠中、どの時期に歯医者へ行くべきなのでしょうか?

体調がよければ、妊娠中のどの時期であっても、歯医者で治療を受けることは可能です。

しかし、妊娠初期は、つわりの影響によって歯医者の匂いがダメになったり、口の中を触られると吐き気を催すこともあるかと思います。

妊娠・出産、ご自身の体調など、精神的にも不安的になりやすい時期なので、無理に歯の治療を受けることはストレスにもなるでしょう。

また、妊婦さんが最も虫歯になりやすいのは妊娠初期なので、それ以降に虫歯のチェックを行う方がいいかもしれません。

そして、妊娠後期に入ると、おなかが大きくなってきます。

仰向けで寝るのが苦しくなってきたり、おなかが張るようになったり、予定日が近づいている場合はいつ陣痛が始まるか気が気ではありませんよね?

歯の治療による些細な刺激や緊張によって、早産に繋がるかもしれません。

また、出産によって治療が中断されてしまうという懸念もあります。

このようなリスクを考えると、安心して歯の治療を受けるには、妊娠16週~妊娠28週の安定期がお勧めです。

つわりが治まって気分も安定してくる頃ですし、おなかもまだそれほど大きくなっていませんので、仰向けで寝ていても苦しくありません。

妊娠中の経過が良好であれば、一番活動的に過ごせる時期ですからね。

もちろん、妊娠中期であっても、体調に自信のない方は、最低限の処置だけで済ませることもあります。

痛くてどうしようもない虫歯でない限り、妊娠中に無理に治療を行う必要はありません。

ご自身の体調と口内の様子について、歯科医とよく相談してから決めましょう。

妊娠中の歯医者には母子手帳を持参しよう!

妊娠中の歯医者に行く場合、必ず「妊娠中である」ことを伝えてください。

そして、必ず「母子手帳」を持参してくださいね。

なぜなら、母子手帳には、妊娠中の歯の状態について記入する項目があるからです。

また、歯医者が妊婦さんの健康状態を知る手がかりとなりますので、歯科医に提示しておくと安心です。

「妊娠中の歯科検診は積極的に受けるべき」という考えから、自治体によっては母子手帳に歯科検診の無料券が付いていることがあります。

市内の歯医者であれでもどこでも使える、という場合や、指定の歯医者のみ使える、など、無料券の使い方は自治体によりますので確認が必要です。

無料で歯科検診が受けられるのは妊婦さんの特権ですから、この機会に行くことをお勧めします。

まとめ

妊婦検診では、血液検査や尿検査など体の状態を診てもらえますが、残念ながら歯の状態は診てもらえません。

そのため、歯に関しては自己管理が必要です。

妊娠中は虫歯や歯肉炎になりやすいのですが、妊婦さんはご自身のこと、赤ちゃんのことなどただでさえ気がかりなことがたくさんあるのに、歯の悩みまで抱えてしまっては、安心して出産を迎えることが難しくなります。

さらに、産後、赤ちゃんが生まれてから歯医者に行くのはもっと難しいかもしれません。

歯の治療は、一回きりではなく数回に渡ることが多いので、妊娠後期に入る前に、治療をスタートしておくといいと思います。

私はつわりが妊娠後期まで続いたので、出産予定日1カ月前になって初めて歯科検診へ行きました。

幸い、虫歯はなかったのですが、仰向けで寝ているのが辛かったです・・・。

その時は、お医者さんに急いで虫歯のチェックをしてもらい、歯のクリーニングも何もせずに終わらせてもらいました。

母子ともに健康な出産を迎えるためにも、できる限り余裕を持った歯科治療をお勧めします!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加