妊娠中に歯科矯正&外科手術はできるの?

妊娠がわかった皆さんの中には「現在、虫歯の治療中の方」や「これから治療を始めようかと考えている方」さらには、親知らずの抜歯、歯科矯正、インプラントなどの「外科的治療を検討している方」がいらっしゃるかもしれません。

歯の治療を行う際、その内容によってはレントゲンを取ったり、麻酔薬を使うことがありますが、これらは妊婦さんにとって安全なものなのでしょうか?

または、妊娠だと気づく前に、虫歯の治療でレントゲン写真を撮ってしまったり、麻酔薬を使ってしまった、と不安になっている方がいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、「妊娠中でも歯の外科的治療が受けられるのか」「歯科治療におけるレントゲンや麻酔薬の使用のリスク」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中の歯医者!麻酔薬の影響は?

妊娠中は虫歯になりやすいため「妊娠中に虫歯が発見された!」という方は多いのではないでしょうか。

妊娠中は、どの時期であっても虫歯の治療を受けることができますが、つわりが始まる「妊娠初期」や、お腹が大きくなる「妊娠後期」を避け、精神的にも肉体的にも比較的安定している「安定期」に治療を行うことが望ましいと思います。

虫歯の治療と言っても、程度の軽いものから悪化したものまで様々ですが、ひどい痛みを伴う場合や神経の治療、抜歯などを行う場合は、「麻酔薬」を使うことがあります。

妊娠中は出来る限り薬物は避けるべきですが、歯医者の麻酔薬を使うことは可能でしょうか?

一般的に、歯科治療で使われる麻酔薬は、妊婦さんに使用しても胎児への影響は少ないと言われています。

なぜなら、歯科治療の麻酔薬は、局部麻酔であるため、全身への影響はほとんどないと考えられるからです。

歯科治療で使われる麻酔薬は、無痛分娩に使用されるものと同じ麻酔薬であり、無痛分娩で使われる量よりも少なくなっています。

つまり、歯科治療の麻酔薬は「濃度が低く、微量」であるため、安心して受けることができると言えます。

(もちろん、肝機能障害のある方やショック症の方は受けることができません。)

妊娠中に麻酔薬を使用することに不安が残るかもしれませんが、虫歯を放置しておいたり、治療の痛みに耐える方が、心身ともによくありません。

もし妊娠中の麻酔薬の使用について気が進まない方で、どうしても麻酔薬を使わざる負えないのであれば、胎児の器官が形成される妊娠初期を避けて治療を受けてみてはいかがでしょうか?

妊娠中の歯のレントゲンの影響は?

妊婦さんはレントゲンを受けることが出来ませんが、歯のレントゲンはどうなのでしょうか?

歯のレントゲンは、「歯」しか写しませんので、お腹の赤ちゃんにX線が当たることはありません。

さらに、防護エプロンをつければ、X腺を1/100まで減らすことができますので、X腺を受ける量はほとんどゼロに近くなります。

つまり、妊婦さんが受けても大丈夫だということです。

どうしても不安な方は、レントゲンを断ってもいいでしょう。

妊娠中に外科手術(歯科矯正・抜歯)はできるの?

妊娠中でも、安心して歯科治療用の麻酔薬を使用できますし、レントゲンだって取ることができます。

つまり、どんな虫歯治療も受けられると考えられます。

では、虫歯以外の治療、たとえば「親知らずを抜く」「歯の矯正を行う」などの外科的治療を行うことはできるのでしょうか?

もちろん、妊娠中だからと言ってできないことはありません。

しかし「やらない」のが一般的だそうです。

なぜなら、抜歯をした場合、その後に歯茎や頬が腫れたり、痛みを伴うことが大半ですが、妊娠中はむやみに鎮痛剤や抗生物質を使うことができないからです。

そして、治療中の恐怖やストレスも、妊婦さんのお腹の張りの原因にもなりかねません。

また、歯科矯正やインプラントなどは、通院の回数が増える上、出産によって治療が中断される可能性もあります。

治療時間が長くなると、大きいお腹で仰向けで寝ているのも苦しいです。

治療内容や治療後の症状によっては薬の服用が必要になる可能性もありますので、妊娠中の外科的治療はリスクがあるように思います。

今すぐ必要な歯科治療でない限り、妊娠中は避ける方がベターではないでしょうか?

スポンサーリンク

妊娠中に使える歯痛薬は?

妊娠中は出来る限り薬の服用は控えるべきですが、どうしても歯が痛い時、鎮痛剤を飲んでも安全なのでしょうか?

基本的には、薬の使用は控えて下さい。

薬の種類によっては、長期に渡って服用してはいけないもの、妊娠初期の服用は避けなければならないもの、妊娠後期の服用は避けなければならないもの、妊娠中は絶対に使用してはならないもの、など妊婦さんにとって危険なものがたくさんあります。

万が一、薬を使用したいのであれば、歯科医だけでなく、産婦人科医ともよく相談し、妊娠中でもリスクの少ないお薬を処方してもらうようにして下さい。

(妊婦さんに処方される鎮痛剤としては、カロナールが多いそうです。)

ほとんどの妊婦さんは、「抜歯の際の麻酔薬は使ったけど、その後の鎮痛剤は処方してもらえなかった」「麻酔が切れたあとの痛みに耐えるのが辛かった」と、薬なしで乗り切っていますので、緊急性のない歯科治療は「治療後の痛みに耐える」覚悟で行って下さいね。

妊娠中でも可能な歯科治療は?

妊娠中でも安心して受けられる歯科治療には、どのようなものがあるのでしょうか?

妊娠中に一番お勧めなのは「歯のクリーニング」です。

妊娠中は、女性ホルモンの影響によって口内環境が変化しますので、虫歯や歯肉炎になりやすい状態です。

歯医者で歯のクリーニングを行うことで、自分では取り除きにくい歯石や汚れをきれいにしてもらうことができますので、虫歯や歯周病予防に繋がります。

そして「虫歯治療」。

ここでもご紹介した通り、妊婦さんでも虫歯治療を行うことは可能です。

虫歯がまだ小さいうちに、早めに完治させてしまいましょう。

そして何より、自宅での歯磨きが重要です。

歯医者さんにお世話になる前に、毎日コツコツ歯を磨きましょう。

歯磨きの際は、ブラシの毛が固すぎず、柔らかすぎないものが理想です。

ブラシの毛量が多く密度の濃い歯肉炎専用の歯ブラシなら、虫歯と歯肉炎予防が同時にできるのでオススです。

まとめ

私は、妊娠中ではないですが、親知らずを抜いたことがあります。

歯を抜くこと自体が恐怖でしたし、麻酔の注射や治療後の歯の痛み、頬の腫れなど、「抜歯」しただけで、数日間は心身ともに辛かった思い出があります。

もしこれが妊娠中だったら…不安要素はもっと増えるのではないでしょうか?

例えば「治療中に、お腹が張ってきたらどうしよう…」「痛くても鎮痛剤が飲めないなんて…」「急に体調が悪くなっても、こんな腫れた頬じゃ外に出れない…」などなど。

このようなケースを考えると、必要に迫られないのであれば「あえて」妊娠中に歯の外科的治療は避ける方が無難だと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加