妊娠初期に骨盤が痛むのはなぜ?

妊娠に気付いてからというものの、腰、足の付け根、恥骨など、腰回りの骨が痛むことがありませんか?

特に、これらの症状は「妊娠初期」に見られることが多くあります。

妊娠中期以降に入りお腹が大きくなってくると、骨盤に負担がかかって痛みを生じることはわかりますが、まだお腹が大きくなり始めていない妊娠初期のうちから骨盤周りが痛くなるのは、どうしてなのでしょうか?

妊娠初期は、つわりなどで体調が悪くなりやすいのに、さらに「体のどこかに痛いところがある」というのは辛いことです。

「なぜ痛むのか?」という、痛みの原因を知っておくだけでも、不安を払拭できるかもしれませんね。

今回は「妊娠初期に見られる骨盤の痛みの原因と対策」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠初期に骨盤が痛い?その症状とは?

妊娠がわかった初期のうちから、何だか「腰回りが痛い」ということがあるかもしれません。

例えば、

○座っていたり、横になっていると、足の付け根が痛くなる

○足の付け根がつっぱる感じがする

○恥骨(股の上の骨)が痛む

○起き上がる時に腰がピキッと痛くなる

○お尻の骨が痛い

○お尻の割れ目が痛い

○歩いたり、座ったりすると骨盤が痛い

○片足に体重をかけると骨盤に激痛が走る

など、「骨盤の痛み」に悩んでいる妊婦さんは多いものです。

これらの痛みには、個人差が大きいのですが、ひどい人は、「我慢できないほど痛い」「痛くて寝返りがうてない」「動くのがしんどい」「座るのも大変」と、日常生活に支障をきたす場合もあります。

これらの骨盤の痛みは、妊娠初期から生じることが多く、妊娠3カ月(妊娠8週~11週)くらいに感じ始める人が多いようです。

中には「妊娠が発覚する前から痛かった」「生理予定日あたりから足の付け根が引きつれる感じがした」と、妊娠「超」初期から痛みを感じる人もいます。

妊娠初期に骨盤が痛くなる原因は?

妊娠初期に痛む、腰、恥骨、足の付け根などは、すべて「骨盤の一部」です。

つまり、痛む箇所は異なりますが、どれも「骨盤の痛み」なのです。

妊娠初期に骨盤が痛むのは、どうしてなのでしょうか?

その原因は、妊娠すると分泌されるホルモンにあります。

妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されますが、リラキシンには、全身の靱帯や筋肉を緩める働きがあります。

リラキシンの影響で、骨盤や骨盤回りの靱帯が緩くなって骨盤が広がるため、出産がスムーズになるのです。

リラキシンの作用で不安定になった骨盤を支えるために、骨盤回りの筋肉に負担がかかって腰痛を引き起こしたり、子宮を支える靱帯がつれるように感じるのです。

体の幹である骨盤が緩むことで、全身のバランスが悪くなり、腰回りだけでなく、背中や足の付け根なども痛みが出てくるようになります。

特に、もともと腰痛を持っていた方や、筋力の弱い方は、妊娠初期のうちから骨盤回りの痛みを感じやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

妊娠初期の骨盤の痛みを改善するには?

妊娠初期に感じる骨盤回りの痛みは、ホルモンの影響によるものなので、出産までは治癒することはありません。

しかし、少しでも痛みを和らげるために、次のことを試してみて下さいね。

○温める

お風呂に入って体を温めると、痛みが和らぎます。

お風呂に入れないときは、蒸しタオルで患部を温めたり、カイロを張ったり、湯たんぽで温めるといいでしょう。

○適度な運動

妊娠の経過がよく、体調が良ければ、筋肉をほぐしたり、血行を良くするために、体を動かすことも効果的です。

散歩やストレッチなどがお勧めです。

妊娠初期は、つわりの影響もありますので、決して無理はしないで下さいね。

○骨盤ベルト

骨盤ベルトをつけて、骨盤を安定させるだけで、痛みが軽くなります。

特に、お尻の痛みや恥骨の痛みにも効果が期待できる骨盤ベルトは妊婦さんの間でも話題になっています。

骨盤回りの痛みに対する、根本的な治療法はありませんので、あなたに合った方法で、うまく対処していくしかありません。

よく、腰痛などに使われる「湿布」ですが、皮膚を通じて体内に薬が浸透されてしまうので、妊娠中の使用は控えた方がよさそうです。

まとめ

私は、妊娠初期に腰痛はまだありませんでしたが、妊娠中期くらいから、足の付け根と恥骨が痛くなりはじめました。

足の付け根の痛みは、長時間歩くと痛み出すので、妊娠中は散歩やウォーキングなど、ほとんど出来ませんでした。

しだいにお尻の骨も痛くなり、いつもお尻をトントン叩いていたほどです。

あまりに痛みがひどかったので、私はトコちゃんベルトを使用し始めましたが、ひどかった恥骨痛やお尻の痛みが軽くなりましたよ!

骨盤ベルトを装着していると、骨盤周りが安定するので、気分的にも安心感があり、使い慣れると手放せなくなります!

妊娠初期から痛みだすと、出産までの長い間、痛みと付き合うことになりますので、痛みの軽減法・改善法を見つけておくことをお勧めします!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加