妊娠初期の熱と頭痛はつわりの症状?

微熱があって「風邪かな?」と思ったら「実は、妊娠していた!」ということは、よくあることですよね?

妊娠すると、体温が高くなりますが、これはつわりの症状なのでしょうか?

また、妊娠すると頭痛を訴える方も多くいます。

妊娠による熱と頭痛について、調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠初期の熱はつわりなの?

妊娠すると、平熱よりも体温が高くなります。

妊娠初期の体温は、平熱時より「0.5℃~1℃」ほど上がります。

これは、妊娠によって増える女性ホルモンの働きによるものです。

「つわりによって熱が出る」というよりは「妊娠によって体温が上がっている」ということになります。

熱の高さは個人差がありますが、だいたい「37℃~37.5℃」くらいです。

また、微熱に伴い、だるさや頭痛があったり、疲れやすい、眠い、倦怠感がある、と感じる妊婦さんもいます。

(「眠りつわりの対策法は?」に関連記事を書いています。)

妊娠初期の熱はいつまで続く?

妊娠初期の微熱は、つわりが治まってくる妊娠中期(妊娠15週目以降)に入ると、平熱に戻ってきます。

つわりや微熱のせいで食欲が落ちることもありますが、水分は取るように気を付けて下さいね。

また、微熱があって体がほてったり、熱く感じることもあれば、寒気や悪寒がすることもあります。

妊娠初期の熱と風邪の違いは?

妊娠初期の微熱と風邪の熱の違いは、わかりにくいかもしれません。

熱だけで判断する場合は「37.5℃以上」の場合は、風邪を疑ってみて下さい。

つわりのときは、発熱、頭痛、だるさ、寒気など、風邪と似たような症状がありますので、つわりの症状とは異なる、鼻水や咳などの症状があるか、気にするようにしましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期の頭痛の原因は?

妊娠初期の頭痛の原因も「熱」と同じく、女性ホルモンの影響によるものです。

普段は頭痛を感じなかった人が頭痛を感じるようになったり、逆に、頭痛持ちだった人が、妊娠したら頭痛がなくなるというケースもあります。

また、妊娠初期は、つわりに悩まされたり、精神的にも不安定になりがちです。

知らず知らずのうちに、身体が固くなり、肩や首が凝っていることもあります。

肩こりや首こりが原因で、頭痛を引き起こしている可能性もあります。

妊娠初期の頭痛の対処法は?

頭痛には2種類ありますが、それぞれ対処法が異なります。

一つ目は「偏頭痛」です。

偏頭痛の症状は、頭の左右どちらか、こめかみのあたりが痛くなります。

偏頭痛は、女性ホルモンが原因となっている場合が多いため、女性に多くみられる症状です。

偏頭痛は、頭部の血管が広がり、神経が刺激されて痛みを感じるので、血管を縮小させるために痛い箇所を「冷やす」と効果的です。

二つ目は「緊張性頭痛」です。

身体的、精神的ストレスが原因となります。

肩こりや首こりによる頭痛が当てはまります。

緊張性頭痛の場合は、マッサージして血流を良くしたり、患部を「温める」ようにしましょう。

妊娠初期の頭痛はいつまで?

妊娠初期の頭痛は、つわり開始と同時に出てくることもあれば、つわりが治まってきた頃に、ひどくなることもあります。

妊娠中期や後期になっても、頭痛になることはありますが、妊娠初期のように「頭痛の日々が続く」ことはなくなります。

つわりが終わる妊娠中期を目安に、うまく乗り切りましょう。

まとめ

私が妊娠初期のころは、いつも体温が37.5℃近くあり、毎朝、暑くて目が覚めるほどでした。

しだいに「熱で暑い!」と感じるだけでなく「悪寒がして寒い!」と感じる日も出てきて、日や時間帯によって、症状はさまざまでした。

微熱で暑かったり、頭痛がするときは、アイスノンで冷やすと楽になります。

ただ、つわりでニオイに敏感になってからは「アイスノンのニオイ」もダメになり、ビニール袋に氷を入れて冷やしていましたが…。

寒気がするときは「靴下」をはいたり「湯たんぽ」で温めたり、自分が一番快適に過ごせるよう、工夫して下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加