妊娠中のお葬式のマナーとは?服装はどうする?

妊娠中でも身近人が亡くなることはあります。

親しい仲であればあるほど、葬儀へは参列したいものです。

しかし、妊娠と死とは真逆のもの。

中には「妊婦さんは、お葬式に参列すべきではない」という意見もあるようですから、お葬式に参列していいのかどうか、迷っている妊婦さんがいらっしゃるかもしれません。

今回は、「妊婦さんがお葬式に参列する場合のマナーや注意点」について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中にお葬式に参列するのはよくない!?

「赤ちゃんを身ごもる」という幸せの真っただ中であっても、家族や親しい人や友人との死別という不幸が起こることはあります。

妊娠中は「普段とは異なる身」ですから、このような不幸にどう対処したらいいのか気になりますよね?

昔であれば「妊娠中にお葬式に参列するのは良くないことだ」というイメージが強くありました。

なぜなら、葬式などは「穢れ(けがれ)」の一つとされ、「お腹の赤ちゃんが道連れにされる」と考えられていたからです。

また、妊婦さんがお葬式に行くと「お腹の赤ちゃんに、あざができる」とも言われていました。

そのため、妊娠中の女性が葬式に出ることはタブーとされてきたのです。

では、現代ではどのように考えられているのでしょうか。

現代では、先ほどのような昔の言い伝えは単なる「迷信」であるという見方が強くなっています。

お葬式というのは、故人が身近であればあるほど、参列する時間が長くなります。

場合によっては一日がかりになることも。

長時間のお葬式は妊娠中の体に負担がかかる上、人の集まる場所では気遣いも増えますから、妊婦さんのことを思いやって「お葬式の参列は控えるべき」と言われて来たようです。

また、お葬式は人が多く集まりますから、人とぶつかることも多いですよね?

「ママ自身が、人とふつかってあざを作る可能性がある」ということを「赤ちゃんにあざができる」と例えているそうです。

このように、昔からの迷信には、妊婦さんへの優しさの気持ちが込められているだけであり信憑性のあるものではありません。

よって、妊娠中であっても「お葬式に参列することは問題ない」と言えます。

ただ、昔からの言い伝えが気になる方もいらっしゃるでしょうし、年配の方であれば妊婦さんのお葬式の参列に否定的な考えをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときは「お腹に鏡を入れておくことで、霊魂を跳ね返すことができる」そうですから、形だけでも鏡を入れておくと良いでしょう。

鏡を入れる際は、鏡の反射部分が外側に向くように入れます。

ただし、万が一ぶつかったり割れたりしたときにお腹を傷つけてしまうと大変ですから、お腹以外の場所に入れておいても構わないようです。

スポンサーリンク

妊娠中にお葬式に参列するときのマナーは?

基本的に、妊娠中にお葬式に参列するのは問題ありません。

ただ、通常とは違う身体であることを忘れてはいけません。

ここでは、妊婦さんがお葬式に参列する際のマナーについてご紹介します。

妊娠中でも葬儀に参列してよいか確認する

地域によっては、上記で述べた迷信が強く残っている場所もあります。

そのため、妊婦さんの葬儀への参列をよく思わない方もいらっしゃいます。

相手方へ妊娠中であることを伝え、葬儀へ参列しても問題ないか確認しましょう。

妊娠初期と臨月は避ける

妊娠初期はつわりの影響が大きい時期です。

線香や人の臭いで気分が悪くなることもあるでしょう。

葬儀の最中に何度もトイレへ立つハメになったり、万が一倒れる可能性もゼロではありません。

そして臨月の時期は、頻尿になりますから同じくトイレへ行く回数が増えますし、陣痛や破水が起きる確率も高くなります。

このような「不測の事態」が起こりやすい妊娠初期と臨月の参列は控えましょう。

葬儀ではなく通夜に参列する

長時間にわたる葬儀への参列が難しい場合は、短時間で終わるお通夜に参列した方が身体への負担が少なくなります。

弔電やお香典を送る

葬儀に参列できない場合は、参列できない理由を伝え、弔電やお香典を送るようにしましょう。

そして安定期や出産後にお線香をあげに行くとようでしょう。

妊娠中というのは、自分自身もお腹の赤ちゃんのことが気になるだけでなく、周囲にも気を使わせてしまうものです。

悲しみに暮れている方々へ余計な気を使わせないよう配慮することが、最大のマナーではないでしょうか?

妊娠中にお葬式に出るときの服装や靴は?

冠婚葬祭の服装は「ブラックフォーマル」が基本です。

しかし、既にお腹が大きくなり始めている妊婦さんであれば、手持ちのスーツが入らないのではありませんか?

そんなときのために「妊婦さん専用の喪服」があります。

ネットやカタログ通販で購入することができますので、万が一に備えて購入しておくといいかもしれません。

ただ、妊婦さん専用の喪服は「その時しか出番がないうえ、安いものでもありません」から、購入をためらう人もいらっしゃるでしょう。

そんなときは「レンタルする」という方法もあります。

葬儀場や式場などでレンタルを行なっているので、問い合わせてみるといいですね。

また、どうしても喪服ではなく「普段も活用できる服」を購入したいのであれば、「黒いワンピース+黒いジャケット(黒いカーディガン)」なら喪服として活用することができます。

素材は綿ではなく上品な生地を選び、伸縮性のあるお腹周りがゆったりしたワンピースであれば、お腹が大きくなり始めた妊婦さんにも着用することができるでしょう。

ジャケットは、丈が短めのものであれば前を止めることができますし、カーディガンを羽織ってもいいと思います。

また、妊娠期から産後にも活用できる授乳ワンピース を購入しておくと、「産後の万が一」にも役立ちますので一着あると安心です。

このような黒の上下に、マタニティ用の黒いストッキングやタイツ、飾りのない黒い靴を履き、できる限り喪服に近い服装を心掛けましょう。

靴はできるだけ低いものを選び、転倒などしないよう歩きやすいものを選んで下さいね。

お葬式に参列する際は、母子手帳や保険証を携帯するのはもちろんですが、長時間座り続ける場合を考えて、小さなクッションなどを用意しておくと役立つかもしれません。

妊娠中のお葬式!遠方なら欠席してもいい?

妊娠中にお葬式に参列することに問題ありませんが、それが遠方の場合はちょっと注意が必要です。

なぜなら飛行機や新幹線で移動する場合、途中で具合が悪くなっても一度乗ってしまったら途中で降りることができず、「自宅へ引き返す」ということができないからです。

また、妊娠後期に入ってお腹が大きくなってくると、長時間の座りっぱなしや立ちっぱなしの状態は体に負担となるうえ、お腹が張る原因にもなります。

さらに、見知らぬ土地で急に体調が悪くなった場合、かかりつけの病院へ行くこともできません。

遠方へ出かける際は、このようなリスクがあることをしっかり自覚し、ご自身の体調を最優先に考え、場合によっては欠席を選ぶことも大切です。

もしも出席するのであれば、途中で休憩を取りながら向かえるよう時間に余裕を持って行動しましょう。

公共の交通機関を利用する場合は、人の少ない時間帯を選んだり、優先席の位置を予め確認しておくことも大切です。

まだお腹が目立たない妊婦さんで優先席に座ることに抵抗がある方は、自治体などで配られているマタニティマークを利用するといいでしょう。

もうひとつ大切なことは、出来るだけ1人で行動しないことです。

出来れば旦那さんやご家族など誰かと一緒にいると、何かあった時に対応してもらうことができるので安心です。

もちろん、重たい荷物を持ってもらうこともできますので、妊婦さんの負担を減らすこともできますね。

妊娠中は、日々の体調の変化が大きい時期ですから、出かける当日になって急に体調が悪くなることもあります。

そんなときは、予定をキャンセルする勇気も忘れないで下さいね。

おわりに

親しい人の不幸というのは、たとえ非妊娠時であっても精神的に大きなダメージを受けるものです。

特に体調の変化が激しい妊婦さんにとって、お葬式への参列は肉体的にも精神的にもハードなことですから、後からどっと疲れが出て来て体調を崩す原因にもなりかねません。

さらに、お葬式など人が多く集まる場所では風邪など移される可能性も高くなります。

お腹の赤ちゃんを元気に育てるのはあなたしかいないのですから、もしも当日に体調が優れなかったり気分が乗らないのであれば、見合わせるか、早めに帰るようにしましょう。

そして、お葬式に参列する場合は「決して無理をしない」ことを忘れないで下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加