不妊治療中に激しい運動はダメ?

最近よく聞かれる言葉・・・「妊活」。

妊活と一言で言っても、その方法はさまざまです。

妊娠を目指すには、病院での治療だけではなく、食事の見直し、規則正しい生活リズム、十分な睡眠時間など細かいものまでいろいろな方法がありますが、一つだけ、多くの人が忘れがちなことがあります。

それは「適度な運動」です。

大人になると運動する機会というのは減ってしまいますし、男女問わず運動不足に陥っている人は多いのではありませんか?

実は運動は、妊活力を上げるのだそうです!

ぜひ、妊活の一つとして運動を取り入れてみましょう。

今回は「妊活中にお勧めの運動」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊活中は運動したほうがいいの?

「妊娠と運動」には、深い関わりがあるのをご存知ですか?

その理由は、体を動かすことによって血液循環がよくなれば、子宮や卵巣へ十分な栄養や酸素が行き渡り、結果的に妊娠力が上がるとされているからです。

私たちの体は日々とどまることなく全身へ血液を送っているわけですが、その際に生きる上で欠かせない臓器から優先的に血液を送っています。

そして、生命とは関係のない子宮や卵巣は後回しにしてしまうのです。

ですから、運動不足や筋肉不足によって血液循環が悪くなると、結果的に妊娠力が低下するというわけです。

卵子というのは体の中でもダメージを受けやすい細胞だそうですから、もしも酸素や栄養が足りなければどんどん老化して行ってしまうでしょう。

また、運動によってストレス発散できれば、女性ホルモンの分泌が整って来るといったメリットも上げられます。

このような理由から、妊活力をアップさせるには適度な運動が欠かせないと言われているのです。

運動というと「なんとなく面倒だ」とか「きつい」といったイメージがあるかもしれませんが、実際始めてみると気分転換にもなっていいものですよ。

不妊治療中に激しい運動はよくない?

運動は妊娠力を高めるために大切であることをご説明しましたが、実は「激しい運動」は逆効果になることもあるのだそうです!

その理由は、激しい運動(例えば、筋トレや短距離走など)を行うと体内では「活性酸素」が発生するのですが、この活性酸素が卵子の老化の原因になると言われているのです。

また、激しい運動が、知らず知らずのうちに体にとってストレスになっていることもあります。

その結果、生理周期が乱れてしまうこともあるそうで、実際にスポーツ選手の中には、無排卵や無月経に悩まされている女性も少なくありません。

また、男性の場合も、激しい運動ばかりしていると妊娠させる力が低下するとも言われています。

もちろん、体を動かすことが大好きで運動が趣味であるという人であれば、運動をガマンすることがストレスとなってしまいますから、適度に楽しむ程度の運動であれば、運動レベルについてはあまり気にし過ぎなくてもよいのではないかと思います。

スポンサーリンク

妊活にお勧めの運動とは?

ここからは、妊活中にお勧めの運動をご紹介して行きます。

ウォーキング

妊活中はハードな筋トレなどの無酸素運動より、有酸素運動の方が適してます。

そして、誰でも簡単にできる有酸素運動と言えば、ウォーキングではないでしょうか。

ウォーキングは、下半身の血行促進につながりますので子宮を温める効果が期待できるうえ、ダイエットにも効果的です。

ウォーキングの上手なやり方は、まず腕をしっかり振ることです。

この時に、腕を前でなく後ろに引くようなイメージで振るよう心掛けましょう。

また、歩幅は大きく、大股で腰を振りながら歩くと、お腹周りの引き締めにも効果的です。

ウォーキングの時間は20分から30分程度で構いません。

時間に余裕のある人は、朝に行うと体内時計がリセットされより良いですね。

ストレッチ

次にストレッチも人気です。

ストレッチは、骨盤周りの血行促進に加えてホルモンバランスの正常化や、生理痛の改善にも効果的だと言われています。

運動のためにわざわざ外に出たくない人や、暑さや寒さが厳しい時期は、家の中でできるストレッチはお勧めですよ。

ここでは、テレビを見ながらでもできる簡単ストレッチ法を二つご紹介します。

ストレッチ その①

1、床にあぐらをかいて両足の裏を合わせる

2、両手で両足を握り、そのまま左右に傾けてバランスをとる

ストレッチ その②

1、仰向けに寝転がる

2、両膝を立てて肩幅くらいに開く

3、足の裏を床に付けたまま、かかとをお尻に近付ける

4、腕は床に伸ばした状態でお尻を数回持ち上げ、20秒ほどキープする

これらのストレッチは骨盤周りをほぐして血流を改善するためにお勧めです。

さらに、お風呂上りにストレッチを行うと体がほぐれてリラックス効果も得られるでしょう。

ストレッチの注意点としては、慣れないうちは痛みを感じることもあるので無理のない範囲で行うことです。

また一つ一つの動きをゆっくり時間かけ、深呼吸をしながら行うようにしましょう。

スポンサーリンク

おわりに

妊活中かどうかに関わらず、適度な運動は健康を維持するために必要です。

とはいえ、なかなか運動する時間も取れないですから、そんな人は日常生活の中で動く時間や回数を増やすしかありませんね。

私も好んで運動するタイプではありませんので、とにかく家事をしながら体を動かすよう意識していました。

ここではストレッチを紹介しましたが、ヨガもお勧めな運動です。

女性の間でヨガは流行ってますから、興味のある方はヨガのDVDを一つ用意しておく妊活~産後まで使えますよ。

ヨガは最初のうちは難しいと感じるかもしれませんが、ポーズを覚えてしまえば気が向いたときにササっとできてしまいますから、ぜひいくつかポーズを覚えてしまうといいでしょう。

楽しみながら運動って、同時に引き締まった体も手に入れてしまいましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加