不妊治療をやめるタイミングは?きっかけは年齢?

不妊治療を受ける夫婦は年々増えており、今ではその数は「6組に1組」と言われています。

ですから不妊治療というのは珍しいものでも特殊なものでもなく、自分や親しい人が不妊治療を受ける可能性というのは十分にあり、非常に身近なものになっています。

私も二人目をなかなか授からず病院へ足を運びましたし、周囲のママ友の中でも不妊治療を受けている人はちらほらいましたから、こっそり不妊治療を受けている人を含めると本当に多くの人が不妊という問題を抱えているのだと思います。

ただ不妊治療は、「誰でも」「いつまでも」続けられるものではありません。

不妊治療の期間が長くなればなるほど、身体的・精神的・経済的な負担が大きくなっていくものですから、どこかで区切りをつけなければならないときが来るはずです。

しかし不妊治療は一度スタートすると、妊娠でするまで諦めがつかず途中で止められなくなってしまうのも事実です。

不妊治療経験者の皆さんは、どのようなきっかけで「やめる」という決断をするのでしょうか?

今回は「不妊治療をやめるきっかけや時期」などについて、不妊治療経験者の方々の体験談を元にご紹介して行きます。

スポンサーリンク

不妊治療をやめにくいのはなぜ?

不妊治療を行っている皆さんは、「不妊治療をいつまで続けるか」「いつ辞めるのがベストか」といった問題に悩んだことがありませんか?

冒頭でも述べたように、不妊治療を行ったからと言って必ずしも妊娠が成立するわけではありませんから、なかなか妊娠しない場合はどこかで区切りをつけなければなりません。

女性にとって不妊治療というのは身体的な負担が大きいうえ経済的な問題も出て来ますから、長期に渡る不妊治療が「夫婦にとってデメリット」となってくる可能性も十分ありえますよね?

しかし、不妊治療をスパっとやめられないのも事実です。

特に女性の場合は、「子供を産む=自分の価値」のように考えてしまう傾向が強いようですから、治療をやめることは「自分は価値のない人間だ」「価値のない自分を認めることになる」と捉えてしまいやめる決意ができないことが多いようです。

また、どうしても赤ちゃんが欲しいという強い願望を夫婦ともに抱いている場合は、やめることなど考えられないのかもしれません。

このほか、夫が妻を気遣い「そろそろやめようか?」と切り出すケースもありますが、夫からの提案が逆に妻の焦りにつながりさらに不妊治療に固執してしまう場合もあるようです。

不妊治療のやめ時に決まりはありませんから、すべては夫婦で決めて行かなければなりません。

「半年経ったら」あるいは「一年経ったら」など、期間やルールを決めない限りズルズルと長引く傾向にあるようです。

スポンサーリンク

不妊治療をやめるきっかけで多いのは?

長い不妊治療の中で、先が見えずに苦しむ人はたくさんいます。

そして苦しんだ末、不妊治療をやめるという決断を下す人はたくさんいらっしゃいますが、そのような人たちにとって不妊治療をやめようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

それには大きく3つあるようです。

年齢

不妊治療をやめるきっかけで多いのは、やはり年齢が上げられます。

女性の年齢と妊娠率というのは大きな関係があり、「35歳の妊娠率は23.2%」であるのに対し、「40歳では13.7%」「45歳では2.4%」まで低下しますので、ある程度の年齢に達したのをきっかけに不妊治療をやめるパターンが多いようです。

また、治療の中には痛みを伴ったり副作用によって体調が悪化する場合もありますから、これらの治療を乗り超える体力が歳とともに低下してくることも理由の一つのようです。

さらには、子育てといった長い目で見たときも、体力と年齢は切り離せませんから、ある年齢を区切りにやめるという人が多いようです。

■関連記事

妊娠・出産が可能な年齢はいつまで?

お金の問題

不妊治療は、段階が進めば進むほど、お金も必要になってきます。

そのため、経済的な理由をきっかけに治療をやめることも多くあります。

特に体外受精などは一回の治療で30万円から100万円かかるとも言われていますから、収入によっては諦めざるを得ないこともあるでしょう。

さらに難しいのは、たくさんのお金を使ったところで必ずしも赤ちゃんを授かることができるとは言えないことです。

ただ「こんなに不妊治療にお金を使ったのだから、ここで諦めることはできない!」とやめられなくなる人も多いようです。

仮にうまく妊娠した場合は、子育てのためのお金も取っておかなければなりませんから、不妊治療にすべてをつぎ込むことはできませんよね。

不妊治療にかける費用を予め決めておき、それを超えたらやめるというカップルも多いようです。

夫婦関係の問題

不妊治療に一生懸命になるのは悪いことではありませんが、不妊治療に対して夫婦間に温度差がある場合は夫婦の関係がギクシャクしてくることがあるようです。

例えば、「一方が不妊治療に専念しているのに、もう一方は不妊治療に関心を示さないカップル」や、「妊活力をアップさせるために相手からアレコレ口出しされるのを嫌がるカップル」であれば、夫婦関係にヒビが入る可能性がありますね。

良好な夫婦関係あっての子供なのですから、子供を授かりたいあまり夫婦仲が冷めてしまうのは本末転倒です。

ですから、夫婦関係が悪化をきっかけに不妊治療をやめる決心したり、やめるとまで行かなくても一度治療から離れるケースも多いようです。

不妊治療をやめるきっかけはカップルによって千差万別ですから、この限りではありません。

ただ言えるのは、不妊治療をやめるときはどちらか一方の決断ではなく、夫婦それぞれが納得した時であるということです。

スポンサーリンク

不妊治療をやめる年齢の平均は?

不妊治療をやめるきっかけは夫婦によって異なるように、不妊治療をやめる年齢というのも実にさまざまです。

これは、不妊治療を始めた年齢によっても変わってきますが、多くの場合は「女性側が40歳になるまで!」と決めているパターンが多いようです。

なぜなら、40歳というと卵子の数が減少し、なおかつ卵子の質も低下しているとされる時期ですから、自然分娩はもちろん、不妊治療でも子供を授かることが難しくなってくる年齢ですし、さらには体力的にも通院や治療を続けるのがしんどくなってくる年齢だからです。

ただ最近では、晩婚化に伴って40歳で結婚するというパターンも少なくありませんから、このような人たちは40歳から不妊治療を始めるわけであり、もちろん不妊治療に取り組んでいる40代の方もいらっしゃれば、40代で子供を授かっている人もいます。

つまり、40代だから不妊治療を諦めなければならない、というわけではありません。

ただ40代に入ると閉経についても考えなければならないので、タイミング療法はせずにすぐに体外受精を開始するケースも多いようです。

■関連記事

不妊治療の内容とは?女性は痛いって本当?

一方男性については、女性ほど妊娠力と年齢は関係していないようです。

女性が生まれつき卵子の数が決まっているのに対して、男性は毎日精子を作り出すことができるからです。

そのため男性は、女性ほど焦りを感じることは少ないようですね。

ただいくら男性の精子が年齢に左右されないといっても、あまりに高齢の人や生活習慣が乱れている人は、当然元気な精子が作られにくいため妊娠力が下がることは十分にあり得ます。

■関連記事

【男性不妊】原因は年齢?不妊になりやすい男性の特徴は?

おわりに

不妊治療をやめるという決断は簡単なものではありませんが、子供を諦めたからといっても自分たちの価値が変わるということはありません。

子供を持つことによって幸せを築く人がいるのは確かですが、それが全てではありません。

子供を持つことだけに囚われないよう、一旦自分たちの未来に向き合い、どんな人生を歩んでいきたいのかもう一度夫婦でよく話し合ってみて下さいね。

そして、不妊治療をやめると決断した後は、どのカップルも心にぽっかりと穴が空いてしまうのではないでしょうか?

そんなときは、しばらく体と心を休ませるようにして下さい。

そして、少し元気を取り戻したら、心の穴を埋めるために何か新しい計画や目標を立てて見るといいですね。

ここまで治療を頑張ってきた自分たちを、ぜひ誇りに思って欲しいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加