げっぷ!これもつわりの症状?原因は?

妊娠してから「げっぷがよく出る」「食後じゃなくてもげっぷが出る」という妊婦さんが多くいます。

中には、「一日中げっぷが出る」とか「数分おきにげっぷが出る」という人も…。

げっぷをして吐き気が治まるのならいいですが、げっぷのせいで吐き気がひどくなったり、げっぷと共に嘔吐する場合もあります。

食べつわりや吐きつわりと違って、軽く見られがちな「げっぷつわり」ですが、人目も気になってしまい、これはこれで辛いのです。

つわりの時期にみられる、げっぷの原因と対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

つわりの症状?げっぷの原因は?

げっぷとは、胃の中に溜まった空気が、口から排出される現象です。

胃の中に空気がたまるのは、食べ物や飲み物と一緒に空気を飲み込むこともあれば、胃腸の機能が低下して、お腹の中にガスがたまることが考えられます。

妊娠初期のげっぷは「胃腸の機能の低下」が大きな原因だと思われます。

なぜなら、妊娠すると増える黄体ホルモンの「プロゲステロン」は、胃腸の働きを低下させてしまうからです。

妊娠中は、便秘に悩まされる妊婦さんが多いのも、このプロゲステロンの影響なのです。

プロゲステロンの影響によって胃腸の働きが弱まると、食べ物が消化されず、ガスを発生させやすくなります。

それが、げっぷが増える原因となっているのです。

妊娠初期のげっぷは、回数が多くなるだけでなく、ニオイがきつくなる場合もあります。

これは、食べ物が消化されず、長い間、胃の中にとどまっていることが原因です。

げっぷのニオイのせいで、吐き気を催し、嘔吐につながることもあります。

食べつわりがげっぷを悪化させることも?

食べつわりの場合、

・お腹が空くと、急いで食べてしまうことがありませんか?

・夜中の空腹による吐き気を抑えるために、寝る前に食べ物を口にすることがありませんか?

・食べつわりで食欲が湧き、食べ過ぎていませんか?

これらの行為は、げっぷを発生させやすくします。

急いで食べると、空気を一緒に飲み込みやすくなりますし、寝ている間は胃腸の働きも弱まるので、寝る前の食事は消化不良を引き起こします。

食事の量が増えることは、消化にも時間がかかるので、胃腸への負担が大きくなります。

食べつわりの方は、げっぷを発生しやすい要因が、より多くなります。

(「胃痛がする!これもつわりの一種?」に関連記事を書いています。)

スポンサーリンク

つわりのげっぷを楽にするには?

妊娠初期のげっぷは、妊娠によるホルモンの影響が主な原因なので、げっぷを改善する方法は、残念ながらありません!

つわりが治まってくる妊娠中期に入るころには、自然とげっぷも治まってくるでしょう。

つわりの一つだと捉えて、時期が来るのを、待つしかありません。

しかし、少しでもげっぷ対策をしたいのであれば、次のような方法があります。

・麺類を食べる時は、すすらない(すすると空気を一緒に飲み込んでしまいます)

・飲み物はストローで飲む(ストローだと、空気を飲み込みにくくなります)

・消化のよいものを食べる・1回の食事量を減らし、食事の回数を増やす・よく噛んで、ゆっくり食べる (胃腸の負担を減らします)

・炭酸飲料や繊維質の多い食品を控える(これらはガスを発生しやすい食品です)

・食前に乳製品をとる(乳製品は胃に膜を作り、保護してくれます)

いかがでしょうか?

つわりの時は、食べつわり吐きつわりに関わらず、これらの対策を取るのが、難しいような気もします。

なぜなら、麺類や炭酸飲料は、つわりの時の「お助け食品」でもあるからです。

あなたなりに、うまくげっぷを乗り越える方法が見つかるといいですね!

まとめ

私がつわりのときは、げっぷがたくさん出ることはありませんでしたが、吐きつわりで嘔吐するときに、げっぷが一緒に出ることは、ありました。

また、吐きそうになったとき、何も吐かずにげっぷだけが出る、ということもありました。

困ったことに、このげっぷの音が、すさまじく大きな音なのです!

妊娠悪阻で入院している時や妊婦健診に行ったときなど、病院のトイレで吐くときに、すごい大きな音のげっぷが出てしまい、トイレの個室の中で、恥ずかしい思いをしたことが何度もあります。

吐きつわり、食べつわり、眠りつわり、げっぷ、など妊娠初期にはさまざまな症状がありますが、どれも特効薬はありません。

ただ「時間が経過する」のを、待つことしかできないのです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加