妊娠して「肌の調子がいい人」と「悪い人」の違いは?

妊娠すると「肌がキレイになる」というのを聞いたことがありますか?

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えますので、美肌になるのはイメージできそうな気がします。

しかし!

妊娠してから原因不明の肌荒れやかゆみに悩み「話が違う!」と思っている妊婦さんは多いのではないでしょうか?

私の場合、妊娠初期はつわりのせいで偏食になったり、食べられなくなったりしましたので肌はボロボロになりました…。

妊娠中に肌の調子がよくなるのは事実ですが、なぜ肌の状態が悪くなる方が多いのでしょうか?

今回は、「肌の調子が”いい妊婦さん”と”悪い妊婦さん”の違い」について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠すると肌がきれいになる?それとも悪くなる?

妊娠中の肌のコンディションは、妊娠時期によって異なるようです。

妊娠初期は、女性ホルモンが急激に増加するため、妊婦さんの体は「ホルモンバランスが大きく崩れている」状態です。

そのため、肌の調子が悪くなり、乾燥や肌荒れの症状が出ることが多いようです。

妊娠初期のつわりの影響で、ジャンクフードばかり食べたり、食べ過ぎのあまり胃腸に負担がかかってしまうことも肌の調子を悪くする原因になります。

また、妊娠や流産への不安を感じて精神的にも不安定な時期ですので、そんな精神的ストレスが肌へ悪影響を与えることもあるでしょう。

このような心身ともに不安的な妊娠初期を乗り越え、ホルモンバランスが落ち着いて来る妊娠中期に入ると、肌の調子が回復して、しっとり美肌になってくる方が多いようです。

また、妊娠中期以降はお腹が大きくなり胎動も感じ始めますので、妊娠の不安よりも喜びが大きくなりますよね?

このように幸せな気持ちで日々を過ごしていると、自律神経が整ってきますので、さらにつやつやとした肌へ変化していくのです。

妊娠中に肌がきれいになる人と悪くなる人の違いは、「妊娠の時期」と同時に「マタニティライフの過ごし方」も関係してくるようですね。

妊娠中の肌荒れを防ぐ方法は?

妊娠中は肌の状態が不安定になりやすいので、肌のコンディションを良好に保つには「ケアに必要がないくらい、肌の保湿機能を高めておく」ことです。

肌には本来、乾燥を防いだり、紫外線からのダメージを防ぐ「バリア機能」が備わっているのですが、良かれと思ってやっていたスキンケアのやり過ぎによってバリア機能が低下してしまうことがあるのです!

では、肌のバリア機能を回復させるための注意点をご紹介します。

<洗い過ぎをやめる>

汚れを落とそうとするあまり、洗い過ぎていると肌が乾燥してし、バリア機能が低下します。

洗いすぎとは、

◇石けん、クレンジング、洗顔料など洗浄力の強すぎるものを使用している

◇自分では気づかないうちに、こすりすぎている

の2通り考えられます。

洗う時、どのような石けん、ボディーソープ、クレンジング、洗顔料を使っていますか?

「ベビーソ-プ」と名の付く洗浄剤であっても、かなり洗浄力が強いものや香料、防腐剤などの添加物が入っているものもありますので、注意が必要です。

私は乾燥肌なので、洗浄力が強いものや添加物が多いものを使うと、必ず後で肌がかゆくなります。

洗浄力が強いかどうか使用後の肌の状態をチェックし、できるだけ無添加で低刺激なものを選ぶようにしましょう。

また、自分では優しく洗っているつもりでも、実は肌にダメージを与えていることもあります。

石けんや洗顔料などはよく泡立てて、こすらず泡で洗うようにしましょう。

汚れというのは、数分間、肌に泡を乗せているだけでも落ちるのだとか。

洗い流すときもゴシゴシこすらず、水を当てるように洗い流すといいそうです。

<過度なスキンケアをしない>

肌荒れに気付くと、保湿クリームや美容液などでスペシャルケアをしたくなるかもしれません。

しかし、妊娠中の不安定な肌にとって「ケアのやり過ぎ」は、かえって肌を痛める原因となります。

添加物の多い保湿剤をごしごし塗り込んでいないか、もう一度振り返ってみましょう。

肌の保湿に重点を置いたシンプルケアにお勧めなのは「ワセリン」です。

白色ワセリンを手にとり、手で温めてから乾燥している部分になるべく薄く塗ってみてください。

また、ワセリンに限ったことではありませんが、「保湿剤の使い過ぎ」は肌が本来持っている回復機能を弱めてしまう原因となります。

保湿剤を数日使用し、乾燥が改善してきたら保湿剤の使用量を減らしていきましょう。

また、妊娠初期の肌荒れは、妊娠中期に入ると落ち着いてくることが多いので「肌荒れしてもあわてない」ことも大切ですよ!

妊娠中の美肌には腸内美人がカギ?

いくら肌の乾燥を防ぐスキンケアをしていても、「腸内細菌のバランスが崩れている」と肌の状態が悪くなります。

腸内環境の乱れは、

・便秘

・免疫力低下

・疲労感

・栄養の吸収力の低下

なども引き起こします。

そのため、本当に肌の調子を整えたいのなら、腸内細菌のバランスがよくなるような食生活を心掛けることも必要です。

腸内環境を整えてくれる善玉菌を活性化させるために妊婦さんにお勧めなのは「醗酵食品」です。

「お腹にいい発酵食品=ヨーグルト」というイメージが強いかと思いますが、ほかにも優れた醗酵食品がたくさんありますよ。

例えば、

・味噌

・しょうゆ

・酢

・納豆

・ぬか漬け

・甘酒(米麹を原材料にしたもの)

・塩麹

などなど。

日本の風土をいかした醗酵食品は、保存食としてもすばらしく、昔からの知恵がつまっています。

醗酵食品の力で腸内環境が良好に保たれれば「便秘の改善」や「免疫力アップ」に繋がりますので、妊娠中の体調維持にも役立ちますね。

醗酵食品は、醗酵の段階で旨味や菌が熟成するので「昔ながらの製法で作られたもの」「時間をかけて醗酵させたもの」を選ぶようにしましょう。

妊娠中は味覚が変化したり食の嗜好が変化しやすいので、「発酵食品が食べにくい」という方は、善玉菌のエサとなるオリゴ糖をダイレクトに摂取するのもお勧めです。

おわりに

妊娠中は肌の状態が不安定になりますが、これは妊婦さんの年齢によっても異なりますよね?

私は20代後半、30代前半、30代半ばで妊娠しましたが、年を追うごとに肌あれがひどくなって行ったと感じました。

肌の乾燥はもちろんのこと、シミやほくろが増えましたね…。

シミやほくろは、どんなに保湿をがんばっても消すことは難しいので、保湿と同時に紫外線ケアも忘れないようにしましょう。

また、若いうちはいいのですが、肌の乾燥は、後々シワとなって現れて来ます。

たとえ肌トラブルが起こらなかったとしても、肌の保湿だけは行うことを”強く”お勧めします!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加