妊娠中に緑茶を飲むと下痢する?緑茶の影響は?

妊娠中は、「ママが食べたもの・飲んだもの」が直接お腹の赤ちゃんの栄養になります。

ですから「赤ちゃんのために、口にするものには気をつけている」というママがほとんどではありませんか?

例えば、添加物の多いカップラーメンや味の濃いファーストフードなど「明らかに身体に良くなさそうなもの」を控えているママは多いことでしょう。

しかし、食品の中には「一見、健康によさそうなもの」であっても、妊娠中は控えるべき食品もあるのです!

そんな食品の一つとして上げられるのものに「お茶」があります。

お茶の中でも、特に「緑茶」には気をつけなければなりません。

なぜ、妊婦さんにとって緑茶はよくないのでしょうか?

妊娠中に緑茶を飲むとどんな悪影響があるのでしょうか?

今回は「妊娠中の緑茶の影響」や「緑茶以外のお茶」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中に緑茶を飲んでもいいの?摂取量は?

多くの日本人に好まれるお茶・・・それが「緑茶」です。

家庭で飲むだけでなく、コンビニやスーパーでも色んな種類の緑茶を見かけるようになりました。

最近では、ペットボトルの緑茶であっても淹れ立てのような味が楽しめますよね?

このように日本人に馴染みが深い緑茶ですが、緑茶を普段から水代わりに飲んでいるという方は注意が必要です!

なぜなら、緑茶には「カフェイン」が含まれているからです。

カフェインによる体への悪影響については後ほどご紹介しますが、カフェインはママだけでなくお腹の赤ちゃんへも様々な影響を与えてしまう可能性があります。

そのため妊娠中は、カフェインの取り過ぎに気を付けなければいけません。

ただ、妊娠中は「一切緑茶を飲んではいけない」と言うわけではありませんから安心して下さいね。

「飲む量に注意して下さい」と言うことです。

妊婦さんにお勧めできる緑茶の摂取量の目安は、だいたい一日に6杯程度まで。

つまり、3度の食事の後に湯飲み2杯程度を飲む分には問題ないと言えます。

ちなみに玉露には、普通の緑茶の6倍に近いカフェイン量が含まれていますので、玉露は避けた方が無難だと思います。

妊娠中であってもカフェインが絶対ダメというわけではありませんが、コーヒーや紅茶などその他の食品からもカフェインを取っている方は、カフェインレスの緑茶がお勧めです。

ただし、カフェインレスの緑茶であっても、緑茶には「タンニン」という成分が含まれており、タンニンも赤ちゃんに影響を与える成分であることを覚えておいて下さいね。

スポンサーリンク

緑茶を飲むと下痢をする?緑茶が与える妊婦さんへの影響は?

ここまで述べてきたように、緑茶に含まれる「カフェイン」や「タンニン」は、赤ちゃんやママに何らかの影響を与えてしまうようです。

ここではカフェインやタンニンが及ぼす赤ちゃんへの影響とママへの影響についてまとめてみました。

赤ちゃんへの影響

カフェインは、内臓器官が未熟な胎児にとって「分解・排出しにくいもの」ですから、胎児の体内にカフェインが残りやすいのだそうです。

カフェインが体内に残っていると睡眠が妨げられるため、落ち着きのない子供になる傾向があると言われています。

またカフェインには血管収縮作用があるため、胎盤の血流を減少させるとも言われています。

実際、緑茶やコーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物を好んで摂取していたママから産まれた赤ちゃんは、低体重になる可能性が高いのだとか。

こうしてみると、カフェインの取り過ぎは赤ちゃんの成長に影響を与える一因となりそうです。

ママへの影響

カフェインはママの身体にも影響が出ます。

例えば「下痢」。

カフェインには交感神経を活発にする働きがあるのですが、交感神経が活発になると胃腸の働きが乱れてしまい、人によってはお腹の不調に繋がることがあります。

妊娠中下痢になると、必要な水分や栄養が体外へ排出されてしまうだけでなく、お腹の張りに繋がることもありますからできる限り避けたいものですね。

次に「鉄分不足」。

カフェインには、鉄分の吸収を妨げてしまう働きがあります。

妊娠中は、赤ちゃんへ栄養を送るため貧血になりやすいのですが、いくらママが貧血予防のために鉄分の多い食事を取っても、食事と一緒にカフェインを摂取していては、鉄分不足が解消されません。

また、緑茶に含まれるタンニンも、鉄の吸収を妨げるものとして知られています。

タンニンは緑茶のほか、ウーロン茶にも含まれています。

(「妊娠中の貧血はいつから?貧血の原因は?」に関連記事を書いています。)

さらに、緑茶が与える妊婦さんへの悪影響は、カフェインやタンニンだけではありません!

実は、緑茶に含まれる「カテキン」も要注意なのです!

カテキンと言うと、「抗酸化作用」という身体に良いイメージがあると思いますが、実はカテキンには胎児の成長に欠かせない「葉酸の働きを阻害する働き」があるのだそうです!

特に妊娠初期に大切な栄養素である葉酸は、万が一不足すると先天異常などに繋がるとも言われています。

妊娠中の葉酸の大切さについては母子手帳にも記載があるほどですし、安全性の高い葉酸サプリメントを摂取している妊婦さんは多いものですからから、葉酸の働きを阻害する食品の摂取は控えた方が安心です。

このように、緑茶に含まれるカフェインやタンニンやカテキンは、妊婦さんの健康や胎児の発育に少なからず影響があると考えられますので、取り過ぎには注意しましょう。

(「妊娠中のカフェイン!コーヒーは一日何杯まで?」「妊娠中も安心!カフェインを減らす紅茶の飲み方や選び方は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中にお勧めのお茶は?

これまで緑茶を飲む習慣があった方は「緑茶の代わりに何を飲んだらいいのかしら?」と悩んでしまうかもしれません。

「水では味気ない・・・」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

ここからは、そんな妊婦さんに最適なお茶についてご紹介します。

まず、妊娠中にお勧めできるのは「麦茶」です。

麦茶は何と言っても「ノンカフェイン」ですし、食物繊維やミネラルなども豊富です。

また、飲みやすいというのも特徴ですね。

次に妊婦さんに良いとされるのが「ルイボスティー」です。

ルイボスティーはハーブティーの一種ですが、鉄分やカルシウムが含まれているので妊婦さんの健康維持に役立ちます。

しかも、肌にも良いそうなので、妊娠中に関わらず美容と健康のためにルイボスティーを常飲している女性は多いものですよ。

ただルイボスティーは独特な味があるため、商品によっては「飲みにくい」と感じる方もいらっしゃるようです。

飲みやすく栄養補給もできると人気のルイボスティーなら妊娠中のマイナートラブルを解消に役立つでしょう。

次に「タンポポ茶」というハーブティもお勧めです。

タンポポ茶には血行促進効果があるため、冷え症改善に効果的だそうです。

また、妊娠中に起きやすい便秘を解消する働きもあるといいます。

タンポポ茶は、妊娠中だけでなく産後も飲み続けることで「母乳の出が良くなる」と言われていることから、産後に長く愛飲しているママも多くいらっしゃいます。

同じくタンポポシリーズの中に「タンポポコーヒー」というものもあります。

タンポポコーヒーは「コーヒー風味のハーブティ」ですから、もちろんノンカフェインです。

カフェインを気にしてコーヒーを控えている方は、タンポポコーヒーを試して見るといいかもしれません。

妊娠中は汗をかきやすくなるうえ、赤ちゃんへ送るための水分も必要ですから、ママの身体は脱水状態に陥りやすい状態です。

脱水を防ぐために、上記であげた飲み物をこまめに飲んでしっかり水分補給を行って下さいね。

おわりに

最近では、緑茶の健康効果がピックアップされていますから、緑茶を使った食品やお菓子、緑茶の成分を使ったサプリメントなども販売されています。

が、妊娠中に限っては「緑茶はカラダにいい」とは言い切れないようです。

特にカフェインは飲み物だけでなく、チョコレートや栄養ドリンクなどにも含まれていますので、気付かぬうちに取り過ぎてしまう可能性もゼロではありません。

産後、赤ちゃんを母乳で育てる場合もカフェインは控えた方がいいですから、妊娠中の今からカフェインの少ないお茶を探しておくといいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加