妊娠中の美容院はいつまで?妊娠をお店の人に伝える?

妊娠中であってもおしゃれを楽しみたい人は多いものです。

これはファッションのみならず、ヘアスタイルだって同じです。

妊娠中は、自分好みのファッションが出来なくなったり、おしゃれをして街へ出かける機会が減ってしまったり、体調や生活の変化など何かとストレスが溜まる期間ですから「髪型を変えたい」「リフレッシュのために美容院へ行きたい」と考える人は多いのではありませんか?

あるいは、「大きなお腹でも簡単にお手入れできる髪形にしたい」とか「産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなるから」といった目的で、今のうちに美容院に行っておきたいという方も少なくないはずです。

妊婦さんの中には「妊娠中に美容院に行っても大丈夫なの?」と不安に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、基本的に妊婦さんが美容院へ行くことに問題はありません。

私も妊娠中にカットやパーマを行いましたが、元気な我が子を出産することができました。

ただ、妊娠中に美容院へ行く際には、いくつか注意しておくことがあります。

今回は「妊娠中に美容室に行く際の注意点」を中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中の美容院はいつまでに済ませておくべき?

髪の毛にこだわる女性は多いものです。

髪の毛の長さを変えたり、パーマやカラーリングを行うだけで、随分印象も変わるものです。

ですから、たとえ妊娠中であっても「美容院に行って、髪の毛をキレイに整えてもらいたい」と思うのは当然のことです。

しかし妊娠中は普段とは違う身ですから、美容院へ行く「時期」には注意した方がよさそうです。

では、妊婦さんはいつまでに美容院に行っていくとよいのでしょうか?

まず、妊娠初期はつわりの影響で体調が優れないだけでなく、においに敏感な時期ですから「美容院のにおい」で気分が悪くなる可能性があるため避けた方が無難です。

また、妊娠後期でお腹が大きくなってくると、長時間同じ姿勢でいることが辛くなったり、同じ姿勢を保つことで腰痛や腹痛などが起こることが考えられます。

さらに臨月であれば、いつ陣痛が始まってもおかしくないわけですし、破水などの可能性も高くなります。

お腹が大きいと、自宅から美容院までの移動もしんどくなりますから、出産直前も避けた方が安心です。

そう考えると、妊娠中に美容院へ行く適した時期は、

・つわりが治まってきた時期

・お腹がまだそれほど大きくなっていない時期

・比較的体調が安定している時期

である「妊娠中期(5~7か月)」がお勧めだと言えます。

ただ、妊婦さんの中には、「つわりがなかったから妊娠初期に美容院へ行った」という方や、「出産直前に髪を切った」という人もいますので、美容院へ行く時期についてはあくまでも妊婦さんの自己判断となります。

くれぐれも無理をしないよう、あなたにとっての美容院へ行くベストな時期をじっくり考えてみて下さいね。

(「匂いがわからないのは「においつわり」?敏感な匂い対策は?」に関連記事を書いています。)

スポンサーリンク

「妊娠中」と美容院へ伝えなくていいの?美容院へ行くときの注意点は?

妊娠中に美容院へ行く際は、いくつか注意点がありますのでご紹介します。

お店の人に「妊娠中」であることを伝える

まずはお店の人に「妊娠中であること」を伝えておいた方が良いですね。

特に出産が近い場合は、いつ陣痛が起きてもおかしくない時期ですから、あらかじめお店の人に妊婦であることを伝えておけば、万が一不測の事態が起きた場合にお店の人が対応しやすいと考えられます。

万が一のために、母子手帳も常に携帯しておきましょう。

予約する

少しでも美容院での滞在時間を減らすために、美容院が空いている時間を狙って予約を取る方がよいです。

また、予約を取っておくと、妊婦さんへの何らかのサービスをしてくれる美容院もあります。

実際に「ひざ掛けやクッションを用意してもらった」「美容室で温かい飲み物を出してもらった」という話もあります。

トイレのある美容院を選ぶ

また妊娠中はトイレが近くなりやすいので、出来ればトイレのある美容室の方が安心です。

(「妊娠中の頻尿は水分の取過ぎ?頻尿はいつからいつまで?」に関連記事を書いています。)

体調が悪いときはキャンセルする

美容室に行く当日は、たとえ予約をしてあったとしても、必ずその日の体調を見て行くかどうかの判断して下さい。

例えば、お腹の張りや出血などが見られる場合は、自宅でゆっくり休まなければなりません。

もしも、無理して行ったために美容院で具合が悪くなってしまったら、美容院側に迷惑をかけることにもなります。

ですから、体調が悪いとき、体調が悪くなりそうな予感がするとき、美容院へ行くことに何となく不安を感じるときは、断ることもマナーの一つです。

真面目な人ほど「予約をしたのだから行かなければならない」と無理をしがちですが、予約の際に予め「妊娠中」であることを伝えておくことで、お店の人も納得してくれると思いますよ。

妊娠中の美容院はシャンプー台に注意!?

妊婦さんが美容院へ行く際の注意点をいくつかご紹介しましたが、最後にもう一つ気を付けておくべきことがあります。

それは「シャンプー」についてです。

美容院へ行くと、当たり前のように行うシャンプーですが、シャンプー台に仰向けで横たわる姿勢はお腹が大きい妊婦さんにとっては、かなり辛い体勢です。

そしてシャンプーは、一度始めると途中で中断することが出来ません。

「苦しいから起き上がりたい」と思っても、頭にシャンプーを付けたら最後、シャンプーをしっかり洗い流すまで待たなければなりません。

ですから、もしも仰向けの状態が苦しかったり、シャンプーが終わるまでジッとしている自信がないのであれば、「シャンプーなし」にしてしまうのも一つの方法です。

自宅で洗髪しているのであれば、あえて美容院で髪の毛を洗ってもらう必要はないでしょう。

もしくは、「手短にお願いします」「簡単で構いません」と予め美容院の方へ伝えておくと、担当の方も急いでシャンプーしてくれるはずです。

カットだけであれば、美容院で過ごす時間もかなり短縮されますので、体への負担を最小限に抑えることができますね。

出産前の白髪染めやヘアカラーのタイミングは?

妊婦さんの体に負担となるのは「シャンプー台での姿勢」だけではありません。

パーマやカラーを行う「長時間座りっぱなしの態勢」もよくありません。

ですから、妊婦さんの体を最優先に考えるのであれば「シャンプーなし&カットのみ」が理想的でしょう。

ただ、白髪染めを含め、おしゃれや身だしなみとしてカラーリングをしておきたいという妊婦さんは多いものです。

もしも妊娠中にパーマやカラーリングを行うのであれば、次の点に注意しましょう。

カラーリングを行う時期

美容院へ行く最適な時期があるのと同じく、カラーリングにも最適な時期があります。

避けるべき時期は、つわりなどによって体調が安定しにくい妊娠初期と、シャンプー台の問題が出てくる妊娠後期です。

これらの時期を避け、妊娠中期(5~7か月)のうちにカラーリングを済ませておくと安心です。

カラーリング剤の成分に注意

妊娠中は肌が敏感な時期でもありますから、人によってはカラーリング剤によって頭皮がダメージを受けることがあります。

頭皮が痛むと抜け毛の原因になるので注意が必要です。

特に、市販のカラーリング剤や白髪染めは刺激が強いので控えた方がいいでしょう。

刺激の少ないカラーリング剤を扱っている美容院を選び、薬液が頭皮に付かないようリクエストしておくと安心です。

(「妊娠すると抜け毛が増える理由は?」に関連記事を書いています。)

おわりに

産後は赤ちゃんのお世話や授乳の時間で忙しくなり、美容院へ行く時間は取れなくなりますから、「美容院へ行くなら妊娠中がベター」だと個人的には思います。

もちろん私も、妊娠中に美容院へ行きました。

私の場合、体調のいい安定期に美容院へ行き、軽くパーマをかけた記憶があります。

赤ちゃんのお世話が始まると、鏡を見たり、髪の毛をとかす時間すらなくなりますので、多少放置してもそれなりにキマるパーマはとても楽ですよ。

また、妊娠中のカラーリング剤の使用については賛否両論あります。

「皮膚から吸収されるカラーリング剤が、胎児に影響を与えないとは言い切れない」ことから、カラーリングを控える妊婦さんも多くいらっしゃいます。

妊娠中にカラーリングを行う際は、自己判断・自己責任で行って下さいね。

産後もキレイでいるために、体調に問題がないのであればぜひ美容院へ行っておくことをお勧めします!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加