吐きつわりはいつまで続く?

妊娠がわかって喜ぶのも束の間。

やってきたのはつわりという、辛くて苦しい試練です。

数あるつわりの種類の中でも、約7割の方が経験するのが「吐きつわり」。

吐きつわりは、いつになったら治まるのでしょうか?

吐きつわりの時期と、吐きつわりの種類をご紹介します。

スポンサーリンク

吐きつわりはいつまで?

つわりの時期については個人差が大きいですが、一般的に「妊娠後~15週目くらい(妊娠初期の終わり)」まで続くと思っていいと思います。

中には

・妊娠18週まで辛かった
・妊娠22週になって治まってきた
・妊娠8か月まで吐いていた

など、つわりの期間が長い方もいますし、ひどい場合は「出産直前まで」という人もいます。

ですが、完全につわりの症状がなくならないとしても、妊娠中期になると症状が軽くなってくるケースがほとんどです。

吐きつわりについては「いつになったら終わるんだろう」と毎日カレンダーを眺めてしまいがちですが、こればかりは誰にもわかりませんし、予想もつきません。

一般的なつわりの時期に当てはまらないと「なんで私だけつわりが終わらないの~!?」とストレスになりますので、つわりの時期はあくまでも「目安」にして下さいね。

吐きつわりはどうやって終わるの?

吐きつわりは妊娠初期に見られる症状なので、早い人で妊娠4週目くらいから始まる人もいます。

何となく「食欲がなくなる」「空腹時にムカムカする」「胃が痛い」「胸やけする」など、普段と違う不快感から始まる人や「朝起きたら、急に吐くようになった」と吐きつわりが突然始まる人もいます。

つわりの始まり方に個人差があるように、吐きつわりの終わり方も、人それぞれです。

「少しずつ吐かない日が増えてきたり、食欲が出て来る」とゆっくりとつわりが終わる人もいれば、ある日を境に「パッタリ」とつわりが終わる人もいます。

また「少し良くなったと思ったら、再びひどくなった」と、行ったり来たりを繰り返しながら、つわりが終わる場合もあります。

スポンサーリンク

吐きつわりにも種類がある?

吐きつわりにも、いくつか種類があります。

・ムカムカして軽い吐き気があるけど吐かない
・何でも食べれるけど、食べると吐く
・いつも吐き気があって、食べれない
・空腹になると吐き気がして、食べると吐く

吐いてばかりだと、体力を消耗しますし、脱水症状にもなります。

何より、精神的に辛くなります!

吐くことは仕方がないと思って、開き直った方が気持ちが軽くなりますよ。

「どうせ吐くんだから!」と、普段は我慢している高カロリーなものやジャンクフードなど食べたらいいと思いますし(食べられたらですが)、何でも食べられるのであれば「吐きやすいもの」を食べてみたらいかがでしょうか?

私は、麺類やゼリーなど水分の多いもの、吐いたときに不味くないもの(甘いものなど)吐きやすいものを選んで食べていました。

ご飯やお餅は、喉に詰まって吐きにくかったです…。

吐きつわりを放っておくと?

吐きつわりは生理現象ですし、妊娠を継続していくために、避けては通れないものです。

吐きつわりの程度は人それぞれですが、あまりにも吐きつわりの程度が重たい場合は注意が必要です。

例えば

・1日10回くらい吐く
・吐いたものに血が混じることがある
・水(水分)を飲んでも吐く
・全く食べることが出来ない
・肌がカサカサしてトイレの回数も少ない
・ほとんど寝たきりで起き上がることもできない

このような症状があるときは、脱水症状が進み、栄養失調になっていることが考えられます。

栄養失調を避けるために、妊娠中に必要な栄養素を補ってくれるサプリメントを飲むもの効果的ですが、それでも不十分な場合は「妊娠悪阻」と言って、病院での治療が必要になります。

程度にも因りますが、通院して点滴を受ける場合や、入院して点滴&絶食となる場合もあります。

自宅にいることが不安であれば、思い切って入院した方が、精神的にも肉体的にも楽ですよ。

とにかく無理をせず、心配であれば医師に相談しましょう。

まとめ

私も吐きつわりだったので「いつまでつわりが続くの?」「いつになったら終わるの?」と、あまりの辛さに弱音を吐いていました。

私の場合、妊娠に気付く前から、何となく食事が美味しくなくなり、大好きなビールの味が不味く感じたり、つわりの始まりは早かったと思います。

妊娠5週目くらいから、毎日10回吐くのは当たり前、喉が切れて痛くなり、起き上がるのも辛くなってしまって、妊婦健診を待たずに病院へ行ったら「即入院&点滴」になりました。

入院中は、看護婦さんがお世話して入れるので助かりましたが、相部屋だったため、食事の時間になると部屋全体が食べ物の匂いに満たされるので、それが辛かったです。

点滴のみの生活で体重が5キロ減り、痩せ細った自分のお腹の中に赤ちゃんがいるとは思えず、早くお腹が大きくなりたいと思っていました。

そんな重度の妊娠悪阻になった私ですが、16週目に入ったとたん、その日を境につわりがなくなったのです!

前日まで吐いていたのに、妊娠中期に入ったその日から吐かなくなり、身体もウソのように軽くなって、何でもおいしく食べれるようになりました。

吐きつわりで大変な思いをしている方がたくさんいらっしゃると思いますが、あと何日かすれば必ず終わりが来ます!

全ての妊娠中の女性が経験していることなので、きっとあなたも乗り越えられますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加