妊娠中の頭痛の治し方は?

妊娠中、頭痛に悩まされる妊婦さんは多く、妊娠初期から妊娠後期まで、頭痛が続くこともあります。

頭痛の症状は様々ですが、頭痛が起こると動くのも辛かったり、嘔吐したりと、日常生活に支障が出ることもあります。

妊娠中は鎮痛剤も控えたいですから、何とか自分なりの対処法を見つけておきたいですね。

今回は「妊娠中の頭痛の原因と対処法」について、ご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の頭痛の原因は?

妊娠中の頭痛の原因には、いくつかありますのでご紹介します。

◎ホルモンバランスの変化

妊娠すると増える女性ホルモン「エストロゲン」の影響によって、頭痛が引き起こされます。

妊娠初期のつわりの一種としても、頭痛が起こります。

ホルモンバランスの乱れによって血管が広がり、脳の神経が圧迫されることで「偏頭痛」が起こります。

偏頭痛は、片方のこめかみがズキズキを脈打つように痛むのが特徴です。

◎運動不足や疲れ、体重増加

妊娠中期以降は、お腹も大きくなり始めて、体重も増加してきます。

動くのも一苦労になり、妊娠前の状態と比べると、体はどうしても疲れてしまいます。

また、運動不足により筋力や体力が低下していると、一層、疲労がたまりやすくなります。

運動不足や疲れは、血行不良を引き起こし、脳の血行が悪くなって頭痛になります。

脳の血行不良が原因の頭痛は「緊張型頭痛」と言って、頭全体が締め付けられるように痛みます。

緊張型頭痛の場合、めまいやふらつき、体のだるさなども起こることがあります。

◎ストレス

妊娠中は、思うように体が動かせないだけでなく、体の変化に不安や緊張などを感じて、ストレスがたまりやすくなっています。

ストレスがたまると血流が悪くなりますので、その結果、脳の血流も悪化して、緊張型頭痛になります。

◎肩こり、首こり

肩や首がこると、血行が悪くなり、緊張型頭痛になります。

◎睡眠不足

妊娠中期から妊娠後期になると、お腹が大きいために、熟睡しにくくなるため、睡眠不足になりがちです。

睡眠不足や、睡眠リズムの乱れが、頭痛を引き起こします。

◎高血圧

妊娠中は体への負担が大きくなるため、血圧が高くなりやすくなっています。

血圧が高くなることで、脳の血管が広がり、脳の神経を圧迫し、頭痛を引き起こします。

高血圧の症状がひどい場合「妊娠高血圧症候群」と呼ばれ、食事療法などの治療が必要になります。

◎貧血

妊娠中は、胎児へ栄養を運ぶため、より多くの血液が必要になります。

そのため、妊娠中は貧血になりやすいのです。

貧血になると、血行が悪くなり、頭痛を引き起こします。

◎便秘

妊娠中のマイナートラブルに、便秘があります。

便秘は、腸内に、腐敗物がたまった状態であり、そのままにしておくと、血液が汚れる原因となります。

汚れた血液がが脳に回ることで、頭痛を引き起こすそうです。

便秘は、頭痛だけでなく、肌荒れや食欲不振など、健康にとって悪影響を及ぼしますので、一日も早く解消しましょう。

◎におい

妊娠中は、においに敏感になります。

きつい香水のにおいや、洗剤などの香料で、頭痛が誘発されることもあります。

妊娠中は、なるべく人混みを避けたり、日用雑貨は無香料のものを使うなど工夫しましょう。

こうしてみると、妊娠中の頭痛の原因は、たくさんあると思いませんか?

頭痛にならない妊婦さんの方が、少ないように思えてきますね。

スポンサーリンク

妊娠中の頭痛の治し方は?

妊婦さんのほとんどが経験する頭痛ですが、薬に頼らないで改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

頭痛のタイプによって、対処法が異なりますので、まずは、あなたの頭痛のタイプを見極めてから、行って下さいね。

◎偏頭痛の場合(片方のこめかみが、ズキズキと脈打つように痛む頭痛)

・冷やす

偏頭痛の原因は、脳の血管が拡張していることなので、脳の血管を縮めるために「患部を冷やす」ことが一番のケアです。

濡れタオルや保冷材などを使って、痛むところを冷やしながら、横になりましょう。

偏頭痛は温めると悪化するので、運動や入浴は控えて下さいね。

・カフェインを取る

カフェインには、血管を収縮させる作用があります。

このことから、適量のカフェインが偏頭痛の改善に期待できると言われています。

妊娠中なので、カフェインの摂取は控えている方もいらっしゃると思いますが、何をやっても偏頭痛が改善されない場合、最終手段としてカフェイン入りのコーヒーを飲むのも、いいのではないでしょうか?

鎮痛剤を飲むことを考えれば、カフェイン入りコーヒーを飲んだほうが、よほど赤ちゃんには安心だと思います。

・静かな暗い部屋で横になる

まぶしい光や、騒音などが、頭痛の原因になることがあります。

頭痛を感じたら、静かな暗いところで休むようにしましょう。

★緊張型頭痛の場合(頭全体を締め付けられるように痛む頭痛)

・血行を良くする

緊張型頭痛の原因は、脳の血行不良です。

つまり、血行を良くするために、体や首、肩を温めてあげることで、痛みが軽減します。

お風呂に浸かって温まったり、肩や首をマッサージしましょう。

・リラックスする

ストレスがたまっていたり、体が緊張していることも、血行不良に繋がります。

できるだけリラックスするように、心がけて下さいね。

・水分を補給する

水分が不足していると、血流が悪くなり、頭痛につながります。

脱水になってから水分を取っても、すぐに頭痛は解消されません。

脱水になる前に、こまめに水分を取るようにしましょう。

まとめ

私は、よく偏頭痛に悩まされましたが、冬の寒い時期に限っては、緊張型頭痛がよく起こりました。

寒さで、血行が悪くなっていたのだと思います。

そんなときは、お風呂でよく温まると、すぐに解消しますよ。

お風呂に入れないときは、濡れタオルをレンジで温めて「ホットタオル」を作り、肩や首の後ろに当てるだけでもスッキリします!

マッサージもいいですが、自分で肩揉みするのは難しいので、S字方のマッサージグッズを使って、毎晩のようにマッサージしていました。

頭痛は病気ではないとは言え、治まるまでは痛みに耐えるしかなく、本当に辛いですよね?

妊娠中はホルモンバランスの影響で、頭痛が起こりやすくなってはいますが、妊娠中だけの症状ではありません。

どんなときに頭痛になりやすいかを覚えておくと、あなたなりの治し方が見つかると思います!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加