妊娠中の嘔吐を伴う頭痛を改善するには?

「妊娠してから頭痛がひどくなった」という方は、多くいらっしゃいます。

中には、あまりにひどい頭痛のために、気分が悪くなったり、嘔吐してしまう場合もあります。

頭痛のせいで十分な食事を取ることができなくなったら「赤ちゃんへの栄養が不足しないだろうか?」かと心配のタネが増えてしまいますよね?

マタニティライフを快適に過ごすためにも、頭痛とうまく付き合う方法を知っておくといいでしょう。

今回は「妊娠中に嘔吐を伴う頭痛の特徴と改善策」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の嘔吐を伴う頭痛の特徴は?

女性は男性に比べて、頭痛の症状が出やすい傾向にあります。

特に、「嘔吐を伴う頭痛」は「偏頭痛」の特徴であり、偏頭痛に悩む女性は、男性の4倍も多いそうです。

偏頭痛が女性に多い原因の一つに、女性ホルモンがあります。

偏頭痛の発症には、女性ホルモンが影響しているので、女性ホルモンの分泌が増える妊娠中は、特に偏頭痛になりやすくなっています。

偏頭痛の特徴は、こちらです。

○頭のこめかみあたりが、ズキンズキンと脈打つように痛む。片側もしくは両側が痛くなる。

○頭を動かすと痛みが増す。

○普段よりも光がまぶしく感じられたり、音がうるさく感じられる。

○普段よりもにおいに敏感になり、においが嫌だと感じられる。

○あくびや肩こりを伴うこともある。

吐き気や嘔吐を伴う。

偏頭痛は、月に1~2回程度起きる方から、週に1~2回程度起きる方までさまざまです。

偏頭痛が発症すると、数時間~3日程度続くこともあります。

頭痛を長時間我慢するのは辛いことですし、吐き気を伴う偏頭痛が毎週のように発症していては、妊娠中の栄養が偏る原因にもなりかねません。

偏頭痛をいち早く治すにはどうしたらいいのでしょうか?

妊娠中の嘔吐を伴う頭痛を改善するには?

偏頭痛は、頭の血管が広がることによって、血管がまわりの神経を刺激し、痛みを発症させます。

偏頭痛を改善するには、頭の血管を収縮させるようにしましょう。

薬に頼れない妊娠中でも、偏頭痛をある程度まで軽減することが可能ですので、次のことを実践してみて下さい!

○冷やす

濡れタオル、保冷材などを使って、痛む場所を冷やします、

直接冷やすことで、血管が収縮し、痛みが和らぎます。

○規則正しい生活をする

睡眠不足だけでなく、眠り過ぎも、偏頭痛の原因となります。

休日も、生活リズムを崩さないようにしましょう。

○ストレスを溜めない

ストレスによって「セロトニン」という脳内物質が増加し、偏頭痛を引き起こします。

ストレスを溜めないことも、偏頭痛の軽減に必要です。

○偏頭痛を引き起こす食品を避ける

食品の中には、血管を拡張する作用のあるものがあります。

例えば、チョコレートやチーズ、オリーブオイル、柑橘類、ハム、サラミなどは、偏頭痛を引き起こしやすい食品です。

「○○を食べると偏頭痛が起こる」ということがわかれば、その食品を避けることができるので、偏頭痛が起きた際は、頭痛が起きる前に何を食べたかをチェックしておきましょう。

また、化学調味料(うま味調味料)は、偏頭痛の原因になるそうです。

なるべく食事を手作りしたり、無添加な食品を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

妊娠中の嘔吐を伴う頭痛を予防する食品は?

偏頭痛を予防するには、ストレスを溜めずに規則正しい生活をすることが大切です。

さらに、偏頭痛を起こりにくくする栄養もありますので、これらの栄養素を取り入れることは、偏頭痛の予防に繋がるでしょう。

<偏頭痛を予防する栄養素>

○マグネシウム

マグネシウムには、血管の働きを正常に保つ働きがあります。

拡張した血管を元通りにすることで、偏頭痛を予防します。

・枝豆
・きな粉
・大豆
・納豆
・煮干し
・しらす
・あさり
・いくら
・わかめ
・ひじき
・ごま
・アーモンド
・落花生

などに多く含まれます。

○ビタミンB2

偏頭痛に悩む方々を対象に、ビタミンB2を投与したところ、半数以上の方々の偏頭痛が改善されたという臨床実験結果があるそうです。

・モツ
・レバー
・納豆
・卵
・焼きのり
・アーモンド
・牛乳
・ヨーグルト

などに多く含まれます。

空腹時は偏頭痛が起こりやすくなるので、空腹になりすぎないことも大切です。

(「妊娠中の頭痛はいつまで続く?」に関連記事を書いています。)

まとめ

私も、長いこと偏頭痛に悩まされています。

妊娠中、特に妊娠初期は、ひどい偏頭痛で、起き上がることができない日もあったのを覚えています。

偏頭痛で嘔吐することはありませんでしたが、食欲がなくなったり、あくびがたくさん出たり、話をするもの辛くなりました。

偏頭痛には、マグネシウムとビタミンB2が有効ですが、妊娠中は安易にサプリメントに頼るのも気が引けますよね?

サプリメントの中には、添加物が多く含まれていたり、体内に吸収しにくい原材料なものもありますので、妊娠中のサプリメント選びは大切です。

妊娠中でも安心して飲めるサプリメントを選ぶようにしてください!

とは言え、一番大事なのは「食事」です!

偏頭痛の予防と改善に期待できる栄養素を、しっかりと食べ物から摂取してください!

化学調味料は偏頭痛を引き起こすそうなので、食品や調味料は「無添加」を選ぶことをお勧めします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加