妊娠中の貧血はいつから?貧血の原因は?

妊婦さんは、貧血になりやすいのをご存知ですか?

妊娠中の貧血を放置しておくと、疲れやすくなるだけでなく、貧血が悪化した場合は、生まれてくる赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性があります。

また、貧血によって倒れてしまう妊婦さんもいらっしゃいますので、頭やお腹をぶつける心配もあります。

私も、3回の妊娠経験のうち、3回とも貧血になりました。

実際に倒れたことはありませんが、くらくらとめまいがすることが何度もありました。

私の場合、妊娠前は貧血になったことなかったので、「まさか自分が?」と思いましたが、私の周りの妊婦さんも、ほとんどの方が貧血と診断されていましたよ。

妊娠中はどうして貧血になりやすいのでしょうか?

また、貧血になるとどのような症状が出てくるのでしょうか?

今回は、「妊婦さんの貧血の原因や症状」について、調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中の貧血の原因は?

妊婦さんは、貧血になりやすいのをご存知ですか?

妊婦さんのうち、30~40%の方が貧血になってしまうそうです。

妊娠中に貧血になってしまう原因は、「お腹の赤ちゃんへ栄養を届けるために、たくさんの血液が必要になるから」です。

とてもわかりやすいですよね。

詳しく説明すると、妊娠中は、赤ちゃんに酸素や栄養を送るためだけでなく、出産時の出血に備えておく必要があるため、母体の血液の量が増加するのです。

しかし、増加した血液量に対し、赤血球の増加量が少ないため、血液が薄まった状態になってしまいます。

薄まった血液で、ママと赤ちゃんの二人分の酸素と栄養を届けなければならないため、妊婦さんは貧血になってしまうのです。

妊娠中の貧血はいつから?

妊婦さんの貧血は「生理現象」の一つですので、ある意味仕方がありません。

妊娠中の貧血は、いつごろから症状が現れ始めるのでしょうか?

妊婦さんの貧血は、妊娠が発覚したからと言って、すぐに貧血の症状が現れるわけではありません。

妊娠前から貧血の方や、妊娠初期のつわりによって栄養が取れず、鉄分が不足している方に限っては、妊娠初期から貧血になることはあります。

しかし一般的には、妊娠初期に赤ちゃんへ送られる栄養は、もともとママの肝臓に蓄えられていた鉄分から補給されますので、妊娠初期は、鉄不足になることは少ないようです。

妊婦さんの貧血の多くは、「妊娠中期~妊娠後期」にかけて現れます。

なぜなら、妊娠中期に入ると赤ちゃんの成長が著しくなるため、より多くの酸素や栄養が必要となるからです。

さらに、妊娠後期(妊娠8カ月以降)は、赤ちゃんが必要とする血液量が最も増加しますので、これまで貧血知らずだった方でも、貧血になる確率が高くなります。

妊娠中の貧血の症状は?

妊娠中期や後期に入って、次のような症状が現れたら、貧血を疑ってみて下さい。

・疲れやすい、休んでも疲れが取れない

・だるい、倦怠感がひどい

・朝、起きられない

・めまい、耳鳴り、頭痛

・動悸、息切れ

・寒がりになる

・爪が割れやすい

・口内炎、舌炎

・肌の乾燥

妊娠中は、誰でも疲れやすくなりますし、お腹が大きくなるにつれて動くと息切れがするのは仕方ありません。

しかし、疲労の程度が激しかったり、めまいや口内炎など、その他の症状が何度も現れる場合は、貧血かもしれません。

スポンサーリンク

妊娠中に貧血と診断される基準は?

妊娠中の貧血は、妊婦健診の血液検査で確認することができます。

一般的に、妊婦さんの貧血は、鉄分が不足している「妊娠性鉄欠乏性貧血」です。

血液検査で、血液中のヘモグロビンの値を調べますので、ヘモグロビンの値が基準より不足していると、貧血と診断されます。

成人女性の通常のヘモグロビンの値は、「12g/dl~15g/dl」です。

これを下回り、ヘモグロビンの値が「11g/dl未満」になると、妊娠性鉄欠乏性貧血となります。

さらに、ヘモグロビンの値が「10g/dl以下」になると、疲れやすい、だるい、寝込んでしまう、などの貧血の症状がはっきりと現れてくるでしょう。

妊娠性鉄欠乏性貧血と診断された場合は、医師の判断で鉄剤の薬が処方されたり、場合によっては注射による治療を行います。

妊娠中に倒れるのは貧血のせい?

妊娠中に、めまいで倒れる方は、意外と多いそうです。

万が一倒れた場合、お腹を強くぶつけてしまうなど、転倒によってお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性はゼロではないため、妊娠中の転倒はこわいことだと思います。

妊婦さんの中には、

・めまいと吐き気がしたと思ったら、そのまま気を失い倒れてしまった

・起き上がって座っていたら、目の前が真っ暗になって倒れてしまった

・長時間立っていたら、目の前がグルグルとして、気付いたら地面に転がっていた

という経験をされた方がいらっしゃいます。

妊娠中に限ったことではありませんが、このように長時間同じ姿勢をしている時や、急に起き上がったときに倒れてしまうのは、鉄分不足ではなく「脳貧血」によることが多いそうです。

「脳貧血」とは、長時間同じ姿勢を取ることによって、足に下がった血液が脳まで回らなくなり、一時的に脳が貧血を起こしてしまう状態を言います。

また、冷えやストレスによって、血圧が下がり過ぎると、脳まで血液が回らなくなり、脳貧血を起こします。

脳貧血で倒れそうになるときは、前兆を感じることがあります。

例えば、

・手足が冷たくなってしびれてくる

・視界がかすむ、目の前が暗くなってくる

・耳が聞こえにくくなる、耳鳴りがする

・動悸や息切れが激しくなる

このような症状を自覚できることがあります。

脳貧血の前兆が出てきたら、まずは座ったり、横になるようにして下さい。

可能であれば、頭を低く、足を高くして、脳に血液が回るようにしましょう。

低血圧を予防するには、普段から歩くようにしたり、屈伸運動をしてふくらはぎの筋肉を鍛えておくといいそうです。

まとめ

私も、妊娠中期以降は、妊娠性鉄欠乏性貧血になりました。

家の中で階段を上るときや、洗濯物を干すだけでも、クラクラしてしまい、家事をするのも一苦労だったことを覚えています。

貧血になると、本当に体が重たく感じ、だるくて、何をするのも面倒になります。

貧血を放置しておくと、元気な妊娠生活を送れないだけでなく、出産時の出血がなかなか止まらなかったり、産後の母乳の分泌にも悪影響を与えます。

妊娠中から産後まで、元気に活動的に過ごすために、今のから貧血を改善しておくようにして下さい。

貧血が改善されると、驚くほど体が軽くなりますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加