妊娠中の体重増加は何キロまでいいの?

妊娠中は、胎児の成長に伴い、ママの体重が増えて行くのは当たり前です。

しかし「体重が増えすぎてはいけない」と、よく言われますよね?

妊娠中の体重の増えすぎは、母体の健康を損なうだけでなく、早産や難産など、出産時のトラブルにつながる可能性があるのです。

さらに、赤ちゃんが十分に育たず「未熟児」になったり、逆に大きく育ちすぎる「巨大児」になったりと、お腹の赤ちゃんにとっても悪影響を及ぼすこともあります。

その一方で、ママが体重増加を気にするあまり、しっかりと食事を取らず、母体の体重が増えて行かないことも、胎児にとって悪影響を及ぼします。

(「妊娠中の体重増加の母体へのリスクとは?」「妊娠中の体重増え過ぎが与える赤ちゃんへの影響は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中の体重コントロールはとても難しいと思いますが、適正な体重増加の目安はいったいどれくらいなのでしょうか?

今回は「妊娠中の体重増加は何キロまでならOKなのか?」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に体重が増えやすいのはなぜ?

妊娠中は「体重、体重」と言われ、体重コントロールがストレスになることもありますよね?

そもそも、どうして妊娠中は体重が増えやすくなるのでしょうか?

その理由はこちらです。

・妊娠の継続や出産に向けて、体の機能が加わる(胎盤と羊水で1キロほど増加します)

・女性ホルモンの働きにより、妊娠中は脂肪が付きやすくなる(一般的に1キロほど増加します)

・胎児へ栄養を運ぶために、母体の血液量が増える(妊娠前より血液量が約1.4倍に増えるため、体重は2キロほど増加します)

妊娠中に体重が増えやすいのは、このような生理的な要因に加えて、つわりの反動で食べ過ぎてしまうことも考えられます。

妊娠中の正常な体重増加の目安は?

妊娠中の、適正な体重増加の目安をご存知ですか?

臨月に入り、出産を迎えるころに増加しているべき体重は、こちらです。

・出生児の赤ちゃんの体重 <約3キロ>
・胎盤 + 羊水 <約1キロ>
・子宮、胎盤、水分、血液など <約4キロ>

標準的な体重の人ならば、最低でも<計8キロ程度>は増加していて、おかしくありません。

ただ、体重増加の目安は、妊娠前に「痩せていた」or「太り気味だった」など、もともとの体重にも関係してくるので、一概に「○○キロまでは増加していい」とは言い切れないのも事実です。

体重増加を「期間別」に見ると、

・妊娠初期 ⇒ 2キロ
・妊娠中期 ⇒ 5キロ
・妊娠後期 ⇒ 3キロ

の、体重増加が理想です。

妊娠後期に入ってくると、お腹の赤ちゃんもぐんぐん成長しますので、体重が一気に増加することが考えられます。

妊娠後期の急激な体重増加は、「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」のリスクが高くなりますので、気を付けなければなりません。

また、「妊娠線」が一気にできる原因にもなります。

妊娠線予防クリームで皮膚を柔軟に保っていれば、ある程度、妊娠線の予防に期待はできますが、急に体重が増加すると、防ぎ切れない可能性もあります。

胎盤がまだ完成しない(赤ちゃんへの栄養がまだ必要ない)妊娠初期に、体重が増えすぎてしまうと、後で体重をコントロールするのが大変です!

妊娠前半は、体重の増加を少な目にしておくのが、上手な体重増加のコツではないでしょうか?

スポンサーリンク

妊娠中の体重増加の計算方法は?

妊娠中に増えていい体重を、正確に知るには、どうしたらいいのでしょうか?

妊娠中の体重増加を知るには、BMI(肥満度)を知るとわかります。

まずは、あなたのBMIを計算してみて下さい。

BMIの計算方法はこちらです。

【体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))=BMI】

あなたのBMIはいくつでしたか?

BMIが【18.5未満の方は痩せている】【18.5~25未満の方は標準】【25以上は肥満気味の方】です。

BMIに対する体重増加の目安は、

・【18.5未満の痩せている方】 ⇒ 11~13キロ
・【18.5~25未満の標準の方】 ⇒ 7~10キロ
・【25以上の肥満気味の方】 ⇒ 5~6キロ

です。

妊娠前に太り気味だった人は、まったく体重を増やさなくても、赤ちゃんに影響はありません。

妊娠中の体重が増え過ぎると難産になる?

妊娠中に太りすぎると「難産になる」とも言われています。

これは、母体が太り過ぎると、産道にも脂肪が付いて、赤ちゃんが通りにくくなるからだそうです。

実際に、妊娠中の体重増加が大きかった人の方が、自然分娩が難しくなり、帝王切開になる確率が高くなるそうです。

とは言え「妊娠中に太ったら難産、太らなければ安産」とは言い切れません。

妊婦さんの80%が安産だそうなので、太り過ぎが出産トラブルに直結するわけではなさそうです。

適正な体重増加の範囲内であっても、体重が急激に増えるのはよくありませんので、1週間に500g程度の体重増加を目指しましょう。

まとめ

私の周りには、「妊娠中に15キロも太ったけど安産だった」という人もいれば、「体重がほとんど増えなかったのに出産に時間がかかって大変な思いをした」という人もいます。

そんな話をたくさん聞いてきた私は、妊娠中の体重増加について、そこまで厳しくしなくてもいいのではないか、とも思います。

「妊婦の体重管理について、これほど厳しい国は日本くらいだ」と海外から言われていることも有名ですよね?

妊娠中に関わらず、太り過ぎが健康によくないのはわかりますが、あまりにも厳しい体重管理はストレスも溜まりますし、妊婦さんにとって本当に必要なことなのか、疑問です。

さらに、過度の体重管理のせいで、栄養不足の妊婦さんが増えてるとか…。

こんなに食生活が豊かな国なのに、低体重児の赤ちゃんは、生まれてくる赤ちゃんの10人に1人だそうです。

妊婦さんだけでなく、赤ちゃんへも十分な栄養が行き届いていない証拠ですね。

自分のBMIを知り、適正な体重増加の目安を知ることは大切ですが、あまりにも厳しい体重管理は、よくありません。

体重計の目盛りだけを気にせず、しっかりと栄養を取るようにしてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加