妊娠中の痔!痛くないイボ痔の対処法は?

妊娠すると、「80%の妊婦さんが痔を経験する」と言われています。

大きくなる子宮による「肛門のうっ血」、運動不足による「肛門周辺の血行不良」、便秘による「排便時の肛門への負担」などが、主な原因として考えられます。

特に、妊娠中は「イボ痔」になりやすいのですが、中には、痛みを感じることなく、自覚症状がないままのイボ痔もあります。

「痛みのないイボ痔」の場合は、放置しておいても大丈夫なのでしょうか?

妊娠中の痛くないイボ痔の対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中の痔!痛くないものもある?

妊娠すると、痔になりやすくなります。

妊婦さんがなりやすい痔には、切れ痔とイボ痔が挙げられます。

切れ痔は出血や痛みを伴いますが、イボ痔は必ずしも痛みを伴うわけではありません。

例えば

・肛門に違和感を感じて、初めてイボ痔だと気が付いた

・出産に向けて会陰マッサージを行っていたら、イボ痔に気が付いた

・痛みはないけどイボ痔らしきものを見つけた

など、「痛みを伴わないイボ痔」を持っている妊婦さんもいらっしゃいます。

このような場合、多くの方が「排便のたびに出てくるイボ痔を指で押し戻している」「入浴のときに、イボ痔を押し込んでいる」というように、自分で対処しているようです。

痛くないイボ痔ってどんなもの?

痛みを伴わないイボ痔として考えられるのは、二つあります。

①肛門が腫れた跡

痛くないイボ痔の場合、過去に肛門が腫れたときの「傷跡」のようなものであることが考えられます。

自分では気付かなかったとしても、肛門がうっ血して、腫れてしまったことがあった場合、その部分の伸びた皮膚が縮んで、固く残ってしまったものがそのまま残っている場合です。

そのため痛みはありません。

②直腸にできたイボ痔

痛くないイボ痔の場合、イボ痔が出来ている場所が「直腸」であることが考えられます。

直腸には神経がないため、痛みを感じないのです。

しかし、イボ痔が存在するのは事実なので、そのまま放っておくと、ある日突然出血したり、イボ痔が大きくなりすぎて、肛門の外に出たまま元に戻らなくなることが考えられます。

スポンサーリンク

妊娠中の痛くない痔の対処法は?

では、痛みを伴わないのであれば、イボ痔を放っておいてもいいのでしょうか?

妊婦さんが、イボ痔をそのまま放置しておくと、出産のときにいきむことで悪化する可能性があります。

だからと言って、焦って取り除く必要もないそうです!

イボ痔への適切なケアを行っていくことで、病院で治療せずに、自然とイボ痔を改善することも可能だそうですよ!

生活に支障のない、痛くないイボ痔の場合、まずは日常生活の中で改善できるように心がけてみましょう。

イボ痔の改善には、次のことを行ってみて下さい。

①肛門周辺をうっ血しにくくする

肛門に負担がかかると、痔が悪化してしまいます。

まずは、肛門がうっ血しないように、トイレで長時間いきまないようにしましょう。

スルッと排便できるように、排便リズムを付けたり、便を適度に軟らかくしておく必要があります。

イボ痔の予防と改善には、便秘解消と共に、下痢をしないことも大切です。

妊婦さんは、ホルモンバランスの影響で排便リズムが乱れやすいので、便通を整える作用のある水分を多めに取ったり、食生活に気を付けたり、腸内環境を良好に保つ「オリゴ糖」食品を利用して、便秘や下痢を防ぐよう工夫してみて下さいね。

②お尻を清潔に保つ

排便のあとは、ウォシュレットでお尻を洗い、肛門を清潔に保つようにしましょう。

毎日入浴したり、シャワーを浴びることも大切です。

トイレの際は、トイレットペーパーを使うよりも、ウォシュレットの方が、肛門への負担を減らすことができます。

ウォシュレットがないときは、トイレットペーパーを濡らして使うと、肛門への負担が軽くなります。

「水を入れたスプレーボトル」を、トイレに置いていくといいかもしれませんね。

③長時間同じ姿勢をしない

座りっぱなしも、肛門に負担がかかってうっ血しやすくなります。

適度に立ったり、横になるよう、意識しましょう。

股関節周りのストレッチも、血流改善に効果的です。

④下半身を温める

下半身の冷えは、痔の原因だけでなく、できてしまった痔を悪化させてしまいます。

冷え性改善に効果的なお茶を飲んで体を内側から温めたり、お風呂で温まったり、下半身を温めるようにしましょう。

カイロや湯たんぽで、腰を温めたり、下着の上から肛門にカイロを当てると、痔の改善に効果的だそうです。

くれぐれもやけどには注意して下さいね。

⑤刺激物を避ける

唐辛子などの刺激物は、そのまま便に混ざって排出されます。

唐辛子などの刺激が、直接、肛門の粘膜へ悪影響を与えますので、痔の痛みや腫れを悪化させる原因となります。

なるべく刺激物の摂取を避けるようにしましょう。

⑥睡眠不足を解消する

イボ痔の予防と改善には、生活習慣を改善することが大切です。

肛門の腫れや炎症を改善するには、体の免疫力を高めておくことが必要です。

免疫力を高めるために、十分な睡眠を心掛けましょう。

まとめ

妊娠中期から後期に入ると、お腹がどんどん大きくなりますので、普通の生活をしているだけでも肛門に負担がかかってしまいます。

そのうえ、排便時にいきんでばかりいたら、肛門にかなりの負担がかかってしまいますよね?

イボ痔だけでなく、便が固くて便秘してしまうと切れ痔にもなってしまうので、お尻の状態を良好に保つには、まずは便秘を改善するようにしましょう。

私の妊娠中の便秘解消には、玄米とオリゴ糖が効きましたよ!

玄米に含まれる食物繊維で便のカサを増し、オリゴ糖の作用でスルッと排出できたのだと思います。

そして、排便しやすいように、排便の前には、肛門にワセリンを塗っておくと、肛門の負担が減るのでお勧めです!

お尻を温めるために、椅子に座るときは、湯たんぽやカイロの上に座るのもお勧めです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加