【妊娠中の夫婦喧嘩】理由を言わず妻を無視し続ける夫!無視の期間と理由は?

「これまで一切喧嘩をしたことがない!」というカップルであっても、「妊娠してから夫婦喧嘩が頻繁に起こるようになった(泣)」というケースはよくあるものです。 

なぜなら、妊娠中の女性は「情緒不安定」になりがちですし、夫はそんな「妻への気遣い」が増えるわけですから、お互いストレスや不満を感じてつい喧嘩になってしまうのです。

ただ「夫婦喧嘩」と一言で言っても、喧嘩のやり方やスタイルは夫婦によって全く異なります。

例えば、「言いたいことを言い合って、大声で怒鳴りあう夫婦」や「顔を合わさない夫婦」など、夫婦の関係性や性格によって喧嘩のやり方はさまざまです。

今回は、さまざまな夫婦喧嘩の中でも「無視を続ける夫婦喧嘩」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

夫婦喧嘩で「無視」の期間は何日?1ヶ月続くことも?

妊娠中の女性は、心も体もデリケートな時期です。

ですから、お互い不満があっても「大声で怒鳴り合う」というよりは、「お互いガマンして、言いたいことを言わない」というパターンの方が多いのではないでしょうか?

もちろん、夫婦うまくやって行くには「我慢」や「妥協」が必要ですから、「相手に言い過ぎない」ことも大切ではありますが、言いたいことを言わないでいると、それがやがて「無視」という形となって現れてしまうことがあります。

これは、妻が夫を無視する場合もあれば、夫が妻を無視する場合もありますが、ここでは「夫が妻を無視するケース」を見て行きます。

一般的に、夫が妻を無視する期間は、どれくらい続くことが多いのでしょうか?

調べて見ると、一番多いのは「1日」もしくは「半日」でした。

意外と短い時間だと思いませんか?

長時間に渡って無視が続かない理由は、同じ家に暮らす夫婦である以上いつかは話をしなければなりませんし、嫌でも顔を合わせなければならないため嫌でも口を利かざるを得ない場面が多いからです。

さらに「相手が妊婦」となれば、無視することに「男として」罪悪感を抱くからでしょう。

また、「無視する時間を長引かせたところで、何のメリットもない」「ずっと怒り続けているのは疲れる」と言った意見もあって、無視の期間はそう長くは続かないようです。

ただ男性の中には、怒りが収まらず「1ヶ月近く無視が続く」こともあるそうですよ!

これはちょっと長過ぎですね・・・。

また「無視」と言っても、「イライラしてキレやすい妻をそっとしておこう」「妻にアレコレ言って喧嘩がヒートアップするくらいなら言わないでおこう」という気持ちが働いて、「妻に関わらないようにする=無視」という形を取る男性もいらっしゃるようです。

たとえどんな形の「無視」であっても、あまりに長引く場合は仲直りのきっかけさえ掴めず、夫婦の間に溝を作る原因となりそうですね・・・。

(「妊娠中の夫婦喧嘩が及ぼす影響とは?夫婦関係を良好に保つには?」に関連記事を書いています。)

スポンサーリンク

夫婦喧嘩で夫が「無視の理由」を言わないのはなぜ?

夫に無視をされるのも辛いですが、夫が「無視する理由を言ってくれない」のはもっと困りますよね?

特に「コレ」と言った大きな原因もなく無視されていると、仲直りのきっかけや改善の余地が見出せないため、妻としてどうすべきかわからなくなってしまいます。

いったい、夫が夫婦喧嘩の原因や無視の理由を言ってくれないのはなぜでしょうか?

その理由は、やはり「妻が妊娠中」であることが大きな要因だと思われます。

なぜなら、妻へ不満をぶちまけたいと思っていても、自分の子供を身籠っている(身籠ってくれている)わけですから、男性側はあまり強く出ることはできません。

また、夫婦喧嘩が大きくなったせいでお腹の赤ちゃんに何かあっては取り返しのつかないことになることも十分わかっているからでしょう。

つまり、理由を言わないと言うよりは「理由を言えない」という方が正しいかもしれませんね。

そして無視の中には、無視し続ける特別な理由はなく、単に「仲直りのきっかけを失っているだけ」というケースもあります。

また里帰り出産など、夫婦で離れている場合に「電話やメールの返事がない」という形の無視もあります。

しかしこの場合、ただ返事がないだけであって、一概に無視とは言い切れません。

例えば、仕事が忙しいとか、後で返信しようと思ってうっかり忘れていた!なんていう可能性もあります。

このように、夫は無視をしているつもりはないのに、妻が一方的に「無視をされている!」と勝手に思い込んでいるケースもあるので注意しましょう。

夫婦喧嘩の無視を解決する方法は?

妊娠中は、いつも以上に不安や悩みを夫に聞いてもらいたい時期です。

それなのに、夫に無視されてしまっては、悩みを聞いてもらえないどころか無視そのものが悩みのタネとなってしまい、精神的に落ち込んでしまいますよね・・・。

さらに、赤ちゃんの誕生に向けて夫婦で話し合っておかなければならないことがたくさんあるのに、無視が続いていたら何も話が進みません。

ですから、できるだけ早く「無視」は終わらせるべきです。

では、無視を早く切り上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

無視を終わらせる方法としては、まずは「お互いに思っていることを話す」という方法があります。

「不満に思っていることを教えて欲しい」「無視せず話して欲しい」と、まずはあなたの気持ちを素直に話してみてはいかがでしょうか?

思っている不満を口に出すことで、さらに夫婦喧嘩が大きくなる可能性もありますが、「黙っているよりは口に出した方がいい」と考える方にはお勧めです。

注意点は、「あなたのココがいけないのよ!」と自分の不満ばかり吐き出してしまうとさらに相手を怒らせてしまいますので、まずは「こういうときは〇〇して欲しい」とあなたの要望を「優しく」「冷静に」伝えるようにしましょう。

次の方法は、「そのまま気づかないフリをする」という方法です。

この方法は「これ以上喧嘩を悪化させたくない」「自然に解決するのを待っていたい」という方に向いています。

夫婦であれば、生活する上で必ず話をしなければならない場面があります。

例えば、「週末は何か予定が入っているのか」「今夜は何を食べたいか」「電球が切れたから取り換えて欲しい」「クリーニングを出しておいて欲しい」など、生活する上での最低限のコミュニ―ションがあるはずです。

また、「喧嘩中なのにうっかり話しかけてしまった」とか「嬉しいことがあって相手に話したくなった」といったケースもありますから、たとえ無視を放っておいたとしても自然と元通りになっていく可能性があります。

普段から無視や喧嘩が長引かないカップルであれば、無視されても「気にせず放っておく」ほうが無難かもしれませんね。

お腹の赤ちゃんは早い段階から耳の機能が発達していますから、ママやパパの会話がお腹の中で聞こえていると言います。

夫婦喧嘩で怒鳴りあったり、または無視が続いて会話がなくなったりすると、お腹の赤ちゃんも不安な気持ちになってしまうのではありませんか?

お腹の赤ちゃんを健やかに育てるという意味でも、「夫婦二人の子育ては、妊娠中から始まっている」のですから、夫婦喧嘩や無視は早めに終わらせたいものですね。

(「夫婦喧嘩で仲直りできないときの解決法は?プレゼントやメールは逆効果?」に関連記事を書いています。)

おわりに

妊娠中も現在も、我が家はよく夫婦喧嘩をします。

我が家は、「私がいつも口うるさく不満や文句や要望を夫に言ってしまい、あまりにも私がウルサイと夫が反撃を開始し大喧嘩になり、その後口をきかない(無視)」というパターンが多いです。

こういった喧嘩が、大なり小なりよく起こります。

喧嘩をしてもなるべく尾を引かないように気を付けてはいますが、私は腹が立っていると「そう簡単に許せない!」と思ってしまう頑固な性格なため、たとえ無視はしなくても口数が少なくなります。

そんなときの我が家の仲直り法は「一緒に買い物に行くこと」です!

食べ物でも洋服でも100円ショップでも何でもいいのです。

「今日は何作る?」「どの肉にする?」「〇〇がなくなりそうだから買っておく?」「この服どうかな?」「どっちの色がいいかな?」「どっちの方が使いやすいかな?」など、話す話題がどんどん出て来ますので自然と元の状態に戻ることができます。

特に妊娠中であれば、出産準備品やベビー用品などを買い物に行ったり下見に行くと、仲直りのきっかけになるのではないでしょうか?

生まれてくる赤ちゃんに関することであれば、お互い無視を続けている場合ではなくなると思いますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加