夫にイライラ!?夫嫌いはマタニティブルーのせい?

「夫婦で仲良くマタニティライフを送ろう!」と思い描いていたはずなのに・・・。

妊娠してから、夫へ対してすぐイライラするようになったり、夫が嫌になってしまったという方はいらっしゃいませんか?

夫へ過度に当たってしまったり、夫への愛情が冷めてしまった、という方もいらっしゃるようです。

妊娠中は、出産に向けて夫婦の絆を深めておきたい時期でもある一方で、「夫婦喧嘩が増えてしまう時期」でもあるのです。

妊婦さんが、夫に対して嫌な気持ちを抱くのは、マタニティブルーが原因かもしれません。

そんなときは、マタニティブルーの症状について、夫にしっかりと理解してもらいましょう。

今回は、「マタニティブルーの原因と対処法」や「マタニティブルーについて夫の理解を得るための方法」について調べてみました。

スポンサーリンク

マタニティブルー?夫にイライラするのはどんなとき?

妊娠してから、夫に対してすぐイライラするようになってしまったという方はいらっしゃいませんか?

どんなときに、夫へイライラしてしまうのでしょうか?

多くの妊婦さんは、自分が心身共に大変な思いをしているのに、「夫の生活は何も変わらないとき」に不満を感じ、イライラしてしまうのではないでしょうか?

例えば

・つわりで体調が悪いのに、気を使ってくれないとき

・妊娠中は妻は我慢することが増えるのに、夫は好きに飲みにいったり遊びに行ってしまうとき

・妊婦の大変さをわかってくれないとき

・体調がすぐれないにも関わらず、手伝いをしてくれないとき

このような時に、夫への不満を抱くのではないかと思います。

私なんて、妊娠初期のつわりの時期、吐き気でぐったりしている私の側で「うまい!うまい!」とがっついている夫の姿を見るだけでも、イライラしていましたよ。

妊娠中は、夫の喜びを共感できず「夫だけずるい!」と卑屈になっていました。

妊娠中は、どうしても気持ちに余裕がなくなり、心が狭くなりがちなので、夫へのイライラする回数が増えてしまいます。

夫へのイライラが積み重なった結果、マタニティブルーになることも少なくありません

マタニティブルーの原因は?

夫に対して、すぐイライラしてしたり、嫌な気持ちを抱くのはどうしてなのでしょうか?

夫へ嫌悪感を抱くのは、マタニティブルーが原因の可能性があります。

マタニティブルーは、どうして引き起こされるのでしょうか?

マタニティブルーの主な原因は、ホルモンバランスの変化だと言われています。

妊娠から出産にかけて、体内でのホルモンバランスが大きく変化するため、気分の変調が起こりやすくなるのです。

ホルモンバランスの変化に加え、出産や子育てに対して大きな不安を感じたり、行動が制限されることへのストレス、仕事をしている方の場合は、休職や退職したことによる社会からの疎外感なども原因の一つと考えられるでしょう。

マタニティブルーは、特別なものではなく、誰にでもかかる可能性があります。

スポンサーリンク

マタニティブルーの症状は?

マタニティブルーになった場合、どのような症状が現れるのでしょうか?

マタニティブルーの主な症状はこちらです。

・訳もなく気分が落ち込む、憂鬱になる

・将来に対してとても不安を感じる

・子育てができるか、自分に自信がなくなる

・食欲がなくなる

・何をしても楽しくない、楽しめない

・夜眠れなくなる、など睡眠障害がおこる

・人と会ったり、外出することが面倒になる

このような症状が現れた場合は、マタニティブルーの可能性があります。

マタニティブルーになりやすい時期は?

マタニティブルーは、妊婦さんなら、どなたでも、どの時期でも発症する可能性があります。

しかし、妊娠中において、特にマタニティブルーに陥りやすい時期があります。

それは、「妊娠初期」と「妊娠後期」です。

妊娠初期は、妊娠の喜びもつかの間、つわりという「乗り越えるべき壁」が待ち構えています。

つわりが始まると、吐き気の毎日で食事も取れず、苦しい日々が続きます。

あまりの辛さに、泣いてしまう妊婦さんもたくさんいらっしゃいますよね?

体調が悪いと、気分も落ち込みますし、妊娠を後悔する気持ちも出てくるでしょう。

さらに、流産の心配、妊娠生活への不安などもあり、マタニティブルーになる妊婦さんが多いそうです。

つわりの時期が過ぎ、安定期に入ると、体調がよくなってきたり、外出して気分転換できるようになってきます。

妊娠中期には、マタニティブルーが落ち着いてくる時期です。

そして、妊娠後期に入ると、出産が近づいてくることへの不安や恐怖、マイナートラブルへの悩みなどから、再びマタニティブルーが発症し易い時期になります。

お腹が大きくなてきますので、行動が制限されますし、体重が増加し過ぎてしまった方は、外見の変化に悩むこともあります。

腰痛や股関節痛など、体の痛みもストレスとなります。

このように、妊娠初期と妊娠後期は、特にマタニティブルーに気をつけるべきですが、妊娠中はどの時期であっても、心のコントロールが難しいと考えられます。

マタニティブルーは、産後2週間程度まで続くと言われていますので、出産までマタニティブルーが治まらないからと言って、焦ることはありません。

マタニティブルーを改善するには?

マタニティブルーの原因は、ホルモンバランスの影響が大きいので、自分の努力で完全に予防することは難しいと思います。

しかし、出来る限りマタニティブルーを防ぐために、妊婦さんに心掛けてほしいことがあります。

それは、

・ストレスや悩みを誰かに話す、一人で溜め込まない

・不安なことがあっても、悪い状況を想像しない

・妊娠中の生活や家事など、完璧を求めない

・妊娠中の生活に制限を設けすぎない(たまには好きなもの食べる、など)

・疲れたときは、しっかり休む、無理をしない

・できないことがあっても、自分を責めない

このように、我慢し過ぎず、上手に気分転換するようにしましょう。

イライラしたときは、精神を安定させる働きのあるお茶を飲んで、心を落ち着かせて下さいね。

体調がよければ、適度に運動することも効果的ですよ。

マタニティブルーは夫の理解が必要?

妊娠中に、夫にイライラしたり、夫に嫌悪を感じてしまうのは、マタニティブルーが原因であると考えられます。

しかし、夫からしてみれば、なぜ妻がイライラしているのか、なぜ妻が急に怒りっぽくなったのか、理解できませんよね?

そのため、イライラした妻の態度に、夫に我慢の限界が来てしまい、夫婦喧嘩が頻繁に起こったり、離婚にまで発展してしまうケースもあるのです。

「無意味な」夫婦喧嘩を防ぐために、予め「妊娠中はイライラしやすい時期である」ことを伝えておくといいですね。

しかし、マタニティブルーを夫へ説明したものの、理解してくれる男性は少ないようです。

妊娠中のホルモンバランスの変化は仕方がないとしても、妊娠中のストレス発散は、夫にぶつけるのではなく、美味しいものを食べたり、テレビを見たり、ダラダラしたり・・・あなたなりのストレス解消法を見つけるようにしてくださいね。

まとめ

私も妊娠中はイライラしてましたね…。

自分がつわりで苦しいときは、元気な人すべてが「敵」に見えましたよ。

それくらい、妊娠中は心が狭くなったり、落ち込んだり、他人を思いやる余裕がなくなりますよね。

妊娠後期に入ってお腹が大きくなってくると、家事を手伝ってくれない夫に、私は文句ばかり言っていました。

当時は、自分がマタニティブルーだと自覚してなかったのですが、今振り返ってみると、私もマタニティブルーだったのかもしれません。

夫に対してイライラしてしまうときは、夫に期待しずぎないことが一番だと思います。

「やってくれるかも」と期待するから、思い通りにならなかったときにストレスとなるのです。

夫と過ごす時間は、平日の夜や休日など、それほど長くはないはずです。

一人でいる昼間の間にリフレッシュして、夫婦二人の時間は、なるべく穏やかに過ごせるといいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加