お腹の張りやチクチクは陣痛の兆候?

妊娠生活もいよいよ臨月に入り、出産を間近に控えている妊婦さん!

「いつ陣痛が来るのだろうか?」「陣痛がきたらわかるのかな?」と、不安な気持ちを抱えていることと思います。

出産予定日が近くなってくると、お腹の張る回数が増えたり、お腹がチクチク痛むことがありますが、このようなお腹の痛みは、陣痛が始まる兆候なのでしょうか?

「陣痛の兆候」なのか、「ただの腹痛」なのか、見分けがつきにくいと思いますが、少しづつ出産が近づいていることに、間違いはありません。

今回は、陣痛に繋がる「お腹の張り」や「お腹の痛み」はどんな感じのものなのか、調べてみました。

スポンサーリンク

陣痛の兆候は3つある?

陣痛が始まるサインには、3つあります。

1つ目は「おしるし」です。

お産が近くなってくると、子宮口が徐々に開き始めます。

すると、赤ちゃんがいる卵膜と子宮壁の間に隙間ができるため、こすれて出血することがあります。

これが、おしるしと言われるものです。

おしるしは、大量に出血するのではなく、おりものに少量の血が混ざった程度です。

一般的に、おしるしがあると、「数日~1週間ほどで陣痛が始まる」と言われています。

2つ目は、「破水」です。

通常、赤ちゃんが入っている羊水は、出産の最中に流れ出てきます。

しかし、出産前に卵膜が破れて羊水が流れ出てくることがあり、これを「前期破水」と言います。

前期破水は、20~30%の妊婦さんに見られるそうです。

前期破水が起こると、「数時間後~翌日には、陣痛が始まる」と言われていますが、もし自然に陣痛が起こらなかった場合は、胎児の細菌感染リスクを避けるために、陣痛促進剤で陣痛を起こすこともあります。

3つ目は、「下腹部痛」です。

臨月に入ってから起こる下腹部の痛みは、「前駆陣痛」である可能性が高くなります。

前駆陣痛とは、出産前に起こる、不規則な子宮の収縮運動で、本陣痛への準備段階のようなものです。

前駆陣痛から本陣痛に繋がるまでの期間は、「数日~1ヶ月程度」と個人差が大きいのですが、痛みが強くなってきたり、痛みを感じる間隔が短くなってきたら本陣痛が始まったと考えられるでしょう。

下腹部が痛くなったときは、痛みの強さの変化、痛みの間隔の変化に気を付けてみましょう。

(「陣痛って?始まりはどんな感じなの?」に関連記事を書いています。

お腹の張りやチクチクした痛みは陣痛の兆候?

臨月に入り、「おしるし」「破水」「前駆陣痛」は見られないものの、「お腹が頻繁に張るようになった」ということはありませんか?

例えば

・妊娠中、お腹が張ることがなかったのに、予定日が近くなって初めてお腹の張りを感じるようになった

・予定日が近づいてから頻繁にお腹が張るようになったが、横になると治まってしまう

・臨月に入り、不規則なお腹の張りを感じるようになった

・お腹が張ったときは、下腹部がチクチク痛くなる

・お腹が張ったときは、便秘や生理痛のような痛みを感じる

このように、「お腹の張り」や、お腹の張りに伴う「チクチクした痛み」を感じることが増えるかと思います。

臨月のお腹の張りは、「陣痛の兆候の一つ」だと考えられます。

なぜなら、臨月に入ると、本格的な陣痛へ向けて、子宮の収縮運動が頻繁に起こるようになるからです。

子宮の収縮運動に伴い、下腹部がチクチク痛んだり、ギューっと締め付けられるように痛んだり、生理痛のような痛みを感じるようになるので、このような痛みはどれも陣痛の兆候の一つと考えられます。

しかし、お腹の痛みはそれほど強くないため、痛みを自覚しない方もいらっしゃいますし、お腹の張りも不規則なので、横になったり、リラックスしていると、治まって行きます。

そんな軽いお腹の張りも、予定日の1週間ほど前になると、張る回数が増えて行くようになるはずです。

頻繁にお腹が張るせいで、夜中に目が覚めてしまうこともあるのではないでしょうか。

お腹の張りは、まだ規則的ではありませんが、妊婦さんの中には下腹部の痛みをはっきり自覚出来るようになったり、腰痛、恥骨痛、骨盤痛を感じ始める方もいらっしゃいます。

妊娠36以降に感じるお腹の張り、お腹の張りに伴う痛み、腰痛、恥骨痛は、どれも陣痛の兆候と考えていいと思います。

スポンサーリンク

本格的な陣痛になると痛みはどう変化する?

陣痛の兆候である「前駆陣痛」は、まだまだ耐えられる痛みです。

ここから、本格的な「本陣痛」が始まった場合、痛みはどのように変化するのでしょうか?

お腹の張りや痛みが、「規則的」になってくると、いよいよ本陣痛の始まりです。

本陣痛が始まったばかりのうちは、下痢の時のような腹痛や、生理痛のような痛みが波のようにやってきます。

痛みの波がやってくるのに、まだ間隔が長いので、波が遠のいている間は、食事をしたりリラックスしたりする余裕があります。

本陣痛が強まり、お産が近づいてくるに従って、赤ちゃんが下に下がって来ますので、痛む箇所も下がってきます。

赤ちゃんに押されて骨盤が広がるために、下腹部から、腰、足の付根、恥骨まで、とても痛くなってきます。

まるで「腰が棒で叩かれているみたい」「腰が砕けるようだ」と、激痛を訴える方もいらっしゃるでしょう。

そして、陣痛の波がやってくる間隔が、「10分 ⇒ 5分 ⇒ 3分 ⇒ 1分」と、どんどん短くなっていき、それに伴って、痛みもどんどん強くなっていきます。

お産が進むにしたがって、痛みとともに「いきみたい感覚」が出てきますが、子宮口が全開になるまでは、いきんではいけません!

いきみを逃すには、「呼吸法」で乗り切りましょう。

まとめ

私はもともとお腹が張りやすいタイプだったので、臨月に入ってからは、特にお腹が張るようになりました。

下腹部痛もありましたが、前駆陣痛の下腹部痛は、生理痛の痛みに似ており、子宮がしくしく痛んだり、子宮をギューっと掴まれるような痛みでした。

そして、本陣痛の始まりは、まさしく「下痢の痛み」です。

「ひどい下痢と腹痛が襲っている最中に、トイレを我慢しなければならない状態」が、数時間も続く感じです。

そして、子宮口が全開になってからは、痛みに耐えるよりも、全力でいきむ(力を入れる)ことに意識が集中しますので、私の場合、痛みも何も、よくわからなくなってしまいました。

陣痛は、確かに激痛ですが、痛みがずっと続くわけではありません。

痛みの波が引く間に、話をしたり、トイレに行くことも出来ます。

出産に対して、恐怖や不安を感じるのは誰でも同じですが、これを乗り越えないと赤ちゃんには逢えません!

出産を控えたみなさん、そろそろ覚悟を決めましょう!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加