妊婦さんができる辛い花粉症対策は?

妊婦さんに限らず、春になると出てくる悩みは「花粉症」ではないでしょうか?

つわりの影響で体調が優れない上に、鼻がつまったり、鼻水が止まらなかったり、安定期に入っても外に出かけられなかったり、くしゃみのせいでお腹が張ってしまったり…。

妊娠中の花粉症の症状は、非常に辛いことと思います。

妊娠中は、なるべく薬に頼りたくないと思いますので、花粉症の症状を軽減するためには、努力と工夫が必要です。

妊婦さんの辛い花粉症の症状を軽減するために、どのような方法があるのか調べてみました。

スポンサーリンク

妊婦さんは花粉症になりやすい?

妊娠する前まで、花粉症ではなかった方も、油断は禁物です!

妊娠してから、急に花粉症を発症することもあるのです。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れなどにより、体質が変化することがあります。

使い慣れた化粧品が合わなくなったり、ニオイに敏感になったりするのと同じように、これまでなかった花粉症の症状が急に現れるという妊婦さんがいらっしゃいます。

また、妊娠前から花粉症だった方は、妊娠してから症状が悪化するケースがよくあるそうです。

いつもと体調・体質が変化しやすい妊娠中は、妊娠していない人と比べると、花粉症を発症し、悪化するリスクが高くなると考えられそうですね。

辛い花粉症が妊婦さんに与える影響は?

妊娠中に花粉症を発症した場合、妊婦さんの体に与える影響はあるのでしょうか?

花粉症によって、くしゃみの回数が多くなると、腹圧がかかったり、お腹が張ってきたりと、心配になると思います。

しかし、ママがくしゃみをしたからと言って、子宮収縮が起きることはありませんので、流産や早産の原因にはならないそうです。

つまり、花粉症そのものが、妊婦さんの体へ悪影響を及ぼすことはないと言えそうですね。

では、妊娠中に花粉症になると、お腹の赤ちゃんも花粉症を発症するのでしょうか?

花粉症はアレルギーの一種なので、両親のどちらかがアレルギーだった場合、アレルギー体質が遺伝する可能性があります。

しかし、必ずしも花粉症として現れるわけではありませんし、アレルギー症状が出る年齢も特定できません。

花粉症の場合、その原因は、大気汚染や食生活、ストレスなど、さまざまな要因が関わっていますので、ママが花粉症だからといって、赤ちゃんも花粉症になるとは言い切れないようです。

妊婦さんは花粉症の薬を飲んでもいいの?

花粉症の症状は、「鼻水」「くしゃみ」「鼻詰まり」「目が痒くなる」「充血」など、不快な症状がたくさんあります。

そんな症状を軽減するために、妊婦さんが「花粉症の薬」を飲んでもいいのでしょうか?

一般的に、点鼻薬や点眼薬は、体内への吸収率が低い為、「胎児への影響はわずか」だと言われています。

しかし、点鼻薬、点眼薬の中には、「妊娠中は控えるべき薬」があるのも事実です。

特に、妊娠初期(妊娠7~16週)は、胎児が形成される大切な時期ですので、たとえ内服する薬ではないとしても、薬の使用はできるだけ控えるべきだと思います。

花粉症の症状があまりにもひどく、どうしても薬を使用したい場合は、医師に相談して、妊娠中でも使用可能な薬を処方してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

妊婦さんの花粉症対策は?

「妊娠中は、できるだけ薬の使用を控えたい」と考えるのは、どの妊婦さんも同じではないでしょうか?

薬に頼らず、花粉症を改善するために、妊婦さんができる「花粉症の改善法」をご紹介します。

★腸内環境を整える

腸には、免疫細胞が集まっています。

腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を良好に保つことが、花粉症の軽減に効果的だと言われています。

その証拠に、花粉症の方の中には、便秘の方が多いそうですよ。

ヨーグルトなどに含まれる「乳酸菌」や「ビフィズス菌」は、腸内環境を改善し、花粉症に効果が期待できると言われています。

ヨーグルトよりも腸内環境の改善に期待できる、純度の高い「オリゴ糖」食品なら、花粉症予防と同時に、風邪予防にも役立つかもしれません。

また、便秘解消だけでなく、体質改善に期待できるルイボスティも、花粉症に効果的だと言われています。

(「妊娠中は風邪が治らないのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

★ビタミンAを取る

のどや鼻の粘膜を丈夫にする働きのある「ビタミンA」を積極的に取りましょう。

妊婦さんのビタミンA(レチノール)の取り過ぎはよくありませんので、緑黄色野菜(にんじん、しそ、大根の葉、ほうれん草など)を中心に摂取しましょう。

(「妊娠中にうなぎを食べてはいけないの?」に関連記事を書いています。

★マスクをつける

外出するときはもちろんのこと、家の中でも、マスクを着けていると効果的です。

「家の中までマスクを着けるのは息苦しい」という方は、掃除の間と寝ている間だけでも、マスクを着用しましょう。

掃除のときにマスクを着けていると、花粉やほこりを吸い込まずに済みますし、就寝中のマスクは、喉の乾燥を防ぎ、風邪予防にもなります。

残念ながら、マスクをつけても「花粉を完全に防ぐことはできません」ので、こまめなうがいも忘れずに行ってください。

★外出を控える

花粉の飛散がピークの時期は、できるだけ外出を控えたいものです。

しかし、家に閉じこもっているというわけにもいかないでしょうから、せめて、気温が上がり花粉がたくさん舞う「お昼前後」と、飛散した花粉が落ちてくる「夕方の時間帯」は、外出を控えるようにしましょう。

★帰宅後は花粉を払い落とす

外出から帰ったら、花粉を家の中に持ち込まないように気を付けましょう。

玄関先で、洋服をはたいたり、花粉をはらう専用ブラシを使うのもお勧めです。

また、帰宅後はすぐにシャワーを浴びて、髪の毛や体についた花粉を洗い流すようにしましょう。

★窓を開ける時間帯に気を付ける

花粉が部屋に入るのを防ぐためには、窓を開けるタイミングも大切です。

花粉の飛散が多い「お昼前後」と「夕方」を避けて、窓を開けるようにしましょう。

また、カーテンは、花粉が付きにくい「ツルツルした生地」のカーテンを選びましょう。

★掃除は雑巾がけで

掃除機をかけると、花粉が舞いがってしまい、症状がひどくなる場合もあります。

掃除は濡れた雑巾を使い、拭き掃除をするようにしましょう。

拭き掃除は、妊婦さんにとっていい運動にもなりますし、安産にも繋がると言われています。

★湿度を保つ

乾燥すると、花粉が舞い上がる原因となるだけでなく、喉や鼻の粘膜の働きを低下させ、花粉症を悪化させる原因にもなります。

喉や鼻の炎症を抑えるためには「湿度」が大切です。

部屋の湿度を、50~55%程度に保つようにしましょう。

★洗濯物は室内干しにする

花粉の季節は、洗濯物を室内に干すようにしましょう。

洗濯物は乾燥機を、布団は布団乾燥機を使うと便利ですね。

まとめ

私は花粉症ではありませんが、妊娠中は鼻炎になり、鼻水が止まらない時期がありました。

妊娠して、体質が変化していたのだと思います。

私の周りにも、花粉症で苦しむ方がいらっしゃいますが、薬を使わない花粉症対策として「ワセリンを塗る」という方法があります。

ワセリンを、目の周りや鼻の中に塗るのです。

すると、ワセリンが、目や鼻の粘膜に花粉が付くのを防いでくれるため、花粉症の症状が軽減されるのだそうです。

実際に、「点鼻薬よりもワセリンの方が効果的だった」という方もいらっしゃいます。

ポイントは、ワセリンをたっぷり塗ることだそうです。

ワセリンは、眼科で目の治療にも使われるそうなので、万が一目の中に入っても問題ありません。

花粉症の症状を軽減するために、ぜひワセリンを試してみて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加