陣痛前は快便になる?胎動が減ると陣痛の兆候?

臨月に入った妊婦さん達は、陣痛が始まるのを「今か、今か」と待っている方、未体験の陣痛の痛みを恐怖に感じている方、さまざまな思いを抱えて、マタニティライフのラストスパートを迎えているのではないでしょうか?

そんな妊婦さんの中には、最近になって、ご自身の「体の変化」に気付いている方がいらっしゃるかもしれません。

例えば「ずっと便秘気味だったのに、臨月に入ってから快便になった!」とか、「そういえば、ここ数日で胎動が減った気がする」と、お腹の赤ちゃんの様子の微かな変化に気付いている方がいらっしゃるかと思います。

このように、排便のリズムが変化したり、胎動が減るのは、「陣痛の兆候の一つ」ともいわれていますが、これらのサインが現れると、本当に陣痛が始まるのでしょうか?

今回は、「快便になったり、胎動が減ると、本当に陣痛が起きるのか?」について調べてみました。

スポンサーリンク

陣痛が近づくと快便になるってホント?

臨月に入ってから、排便のリズムが変化したという妊婦さんはたくさんいらっしゃいます。

例えば

・もともと便秘気味で、下剤を飲まないと出なかったのに、臨月に入ってから下剤を飲まなくても便が出るようになった

・便秘体質なのに、出産予定日3日前から快便になった

・臨月に入ってから、便秘どころか、ずっと下痢ぎみだった

というように、陣痛が近づくと、便秘気味の方でも快便になったり、下痢気味になったりすることがあります。

そして、

・下痢したかな、と思ってトイレにいったらおしるしがあった

・前期破水したら、急に便意を感じた

というように、便意や下痢と同時に、陣痛のサインが現れるケースがよくあります。

陣痛と快便の関係は?

出産予定日が近くなってから起こる快便や下痢の症状は、陣痛の前兆である可能性が高くなります。

では、陣痛が近づくと快便や下痢になるのはどうしてなのでしょうか?

その理由は、出産間近になると、ホルモンバランスが変化し、腸の動きが活発になるからです。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんを育てるために、女性ホルモンの「プロゲステロン」の分泌が多くなっています。

プロゲステロンは、腸の働きを弱める働きがあるため、妊娠中は便秘になりやすいのですが、出産に向けて、プロゲステロンの分泌が減少してくると、腸の働きが活発になるのです。

そのため、排便のリズムが変化し、便秘気味だった方でも快便になるのです。

腸の働きが活発になることから、快便どころか、下痢気味になる妊婦さんも多く見られます。

スポンサーリンク

陣痛が近づくと便秘になる?

出産が近づくと、ホルモンバランスの影響によって快便になったり、下痢気味になることがあるのはご説明した通りです。

その一方で、便秘になったり、便秘が悪化した、という方もいらっしゃいます。

臨月に入って便秘になる原因は、大きくなった子宮によって、腸が圧迫されるからです。

大きくなった赤ちゃんによって、腸が圧迫され、便の排出を妨げてしまうのです。

快便であれ、下痢であれ、便秘であれ、いずれも、陣痛の兆候の一つと考えられます。

臨月に入ってから排便のリズムが変化したかどうか、あなた自身のこれまでの排便リズムと比べてみることが大切です。

(「お腹の張りやチクチクは陣痛の兆候?」に関連記事を書いています。)

胎動が減ったのは陣痛の兆候?

陣痛の兆候には、排便リズムが変化するだけでなく、「胎動が減る」のもサインの一つです。

出産が近づくと、赤ちゃんは下へ下がって来ますので、赤ちゃんの頭が骨盤の中にハマるようになります。

骨盤の中へおさまった赤ちゃんは、これまでのように子宮の中を動き回ることが出来なくなるため、胎動が減るのです。

赤ちゃんが骨盤内へ下がることで、お腹の膨らんでいる位置が下へ下がったり、胃がすっきりして食欲が増加したり、膀胱が圧迫されて頻尿になったり、その他の体の変化を感じる方もいらっしゃると思います。

陣痛の兆候として、「胎動が弱まることがある」とは言え、「出産予定日が近づくにつれて、胎動が一層激しくなった」「陣痛の最中にも赤ちゃんが動いていた」という方もいらっしゃいます。

また、陣痛が近づいているからと言って、赤ちゃんが「まったく」動かなくなるわけでありません。

臨月の妊婦さんの場合、胎動は、20~30分に10回ほど感じることが出来るそうなので、「1時間に一回も胎動を感じない」「まる一日、胎動を感じない」という場合は、赤ちゃんに何かトラブルが起きた可能性も否定できません。

急に胎動がなくなったときは、病院で診てもらう必要があります。

まとめ

私の場合、臨月に入っても、特に下痢もせず、排便リズムは乱れませんでしたが、とてもトイレが近くなり、夜中に何度もトイレに立ったり、外出先でもトイレに何度も足を運んだ記憶があります。

また、出産間際でも「胎動が減った」という実感はなく、陣痛が始まるまで元気に胎動を感じていました。

陣痛が始まってからは、痛みに気を取られてしまい、胎動がどうだったのかは覚えていませんが…。

私は、臨月に入ってから、明らかに「お腹の位置が下がった」ことに気づきました。

そして、胃のあたりがすっきりして、食欲が増したのを覚えています。

そして、恥骨痛が増し、足の付根も痛くなって、歩くのに一苦労でした。

赤ちゃんが、お腹ではなく「股まで来ている!」という感覚でしたよ!

排便リズムの変化、胎動の変化、体調の変化、すべて出産に備えて体が準備をしているサインです!

妊娠後期に入ったら、陣痛を促進して安産をサポートしてくれるハーブティを習慣にして、安産体質を目指してくださいね。

体からの些細なサインを見逃さないよう、残りのマタニティライフを満喫して下さい!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加