不妊症にお勧めの漢方とは?市販でも買えるの?

妊活中のみなさんは、風邪などで病院を受診したときに漢方薬を処方してもらったことはありますか?

漢方とは、中国から伝わった医学が元となり、日本で独自に確立した治療方法です。

漢方薬は一般的な薬と違って、主に「体質改善」を目的としています。

効き目が穏やかではあるものの、体質を改善していくことで病に負けない体を維持できるということですね。

そして漢方薬の中には、「妊活によい」とされるものもあるようです!

もしも、漢方の力によって体質が改善されれば、妊娠する確率もぐっと上がるのではないでしょうか?

今回は「妊活中の男女にお勧めの漢方」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊活に漢方がお勧め?

冒頭でも述べましたが、漢方の大きな目的は体質改善にあります。

ですから、漢方を服用すれば赤ちゃんを授かるというのではなく、「妊娠しやすい体作りを助ける」という意味合いになります。

例えば、不妊の大きな原因の一つである「冷え」なんかも漢方で改善できるそうですよ。

そして漢方は、副作用などのトラブルが少ない分、効き目は緩やかですから即効性はありません。

そのため、漢方の効果を手に入れるのであれば長い目で見る必要があり、漢方だけに頼るというよりは不妊治療と並行しながら服用するのが良さそうです。

漢方の特徴と言えば、とにかく種類が多いと言った点が挙げられます。

そして、似たような漢方であっても、個人の体質によって効果の現れ方や効き方は微妙に異なるようですから、もしも漢方を試すのであれば市販の漢方を自己判で試すのではなく、漢方を取り扱っている産婦人科や漢方の専門薬局で処方してもらうようにして下さい。

また、漢方も保険適用となりますので、病院で処方を受けた方が経済的です。

漢方は、比較的副作用が少ないとは言われていますが、用法や用量を正しく守らなければ逆効果となることもありますから注意して下さいね。

そして、もしも自分に合わないと感じた場合にはすぐに服用をやめましょう。

スポンサーリンク

生理不順を改善して妊活に役立つ漢方は?

ここからは、具体的にどのような漢方が妊活にお勧めなのか見て行きましょう。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

不妊の原因や症状は人それぞれが、不妊の原因で多くあげられるのがホルモンバランスの乱れだそうです。

例えば、生理周期が乱れている方はホルモンバランスが乱れていると言えますが、この生理不順に効く漢方薬が当帰芍薬散です。

これには、シャクヤクやブクリョウなどの成分が含まれており、血の巡りを良くして生理不順、むくみ、疲れやすさなどを改善する働きがあるそうです。

生理周期の調べ方は、毎月の生理の始まりと終わりをチェックしていくとわかりますから、もしも「自分の生理は不定期だ…」という人は試してみるといいですね。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

次に十全大補湯という漢方です。

この漢方は、ニンジンやオウギなどの成分で作られており、生理不順に効果がある他、貧血や食欲不振にも効果があるとして知られています。

四逆湯(しぎゃくとう)

また、不妊と冷えには深い関係があります。

体が冷えると子宮や卵巣の働きが悪くなり妊娠しづらくなりますから、冷え性を改善するために四逆湯は役立つでしょう。

冷えを改善する漢方は逆湯のほか、桂枝茯苓丸、加味逍遥散などもあります。

ここでは妊活にお勧めな漢方を3つ上げましたが、これ以外にも妊活に効果的な漢方はたくさんあります。

どの漢方が一番自分の身体に合っているのかを知るには、まず自分の体を知ることが大切です。

ぜひこれを機に、自分の体質というものに目を向けてみてください。

体質が改善されれば、妊活はもちろん健康にも良い影響があるはずですよ。

スポンサーリンク

男性不妊にも漢方が役立つ?

生理不順を始め、漢方には女性の不妊要素を低減する働きがあることがわかりましたが、男性不妊にも漢方は役立つのでしょうか?

ここでは、男性不妊にもお勧めな漢方を2つご紹介します。

瓊玉膏(けいぎょくこう)

瓊玉膏は、冷えや肉体疲労のほか血色不良などを防ぐための漢方です。

冷えを改善し、スタミナアップにつながるでしょう。

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

参茸補血丸は、気血を補って精子の動きを活発にするためにお勧めだそうです。

男性の不妊原因には、精液の中に精子が存在しない「無精子症」や、精子の数が通常よりも少ない「精子減少症」、また精子の運動率の低下が見られる「精子運動症」、精液中の精子の7割が異常を持つ「奇形精子症」などがあり、不妊の原因の半数は男性にあると言われていますから、男性側においても漢方で体質改善を図ってみるといいですね。

病院で不妊治療を受けるのは気が進まないという男性や薬に抵抗のある男性でも、漢方なら取り入れやすいのではありませんか?

■関連記事

【男性不妊】原因は年齢?不妊になりやすい男性の特徴は?

おわりに

不妊の原因は、生まれながらの身体的特徴だったり、あるいは病気の有無だったり、いろんな要因が重なっています。

ですから原因を特定することが難しいのです。

そんなときこそ、意外と漢方が役立つかもしれませんね!

まずは、「妊娠しやすい体質作り」を始めるつもりで、漢方を取り入れてみてもいいかと思います。

興味のある方は、ぜひ専門家のいる病院や薬局へ足を運んでみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加