妊娠中の風邪と熱!赤ちゃんへの影響は?

妊娠してから、風邪を引きやすいだけでなく、治りにくくなったと感じませんか?

それは、妊婦さんの体の「免疫力が低下」しているからです。

風邪を引くのは仕方がないとしても、風邪や発熱による「母体への影響」や、「お腹の赤ちゃんへの影響」が気になりませんか?

赤ちゃんのためにも、一日でも早く風邪を治したい気持ちはわかりますが、妊娠中は安易に薬を飲むこともできませんよね?

あなたの体に備わっている自然治癒力を信じて、うまく乗り切って行きましょう!

今回は「妊娠中の風邪や発熱が赤ちゃんへ与える影響」と「薬に頼らない風邪への対処法」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に風邪で熱が出たら赤ちゃんへ影響ある?

妊娠中に、風邪を引いて、発熱することもあると思います。

ママが発熱すると、お腹の赤ちゃんへどんな影響があるのでしょうか?

40度以上の高熱が続かない限り、赤ちゃんへの影響はない」と言われているので安心してください!

また「胎盤を通じて、ママの風邪が赤ちゃんへ移る」こともありません!

ただ、母体の体温が高くなるということは、羊水の温度が上がって、赤ちゃんの心拍数が上がる可能性があります。

また、高熱が続くと、母体の食欲が落ちたり、体力が低下してしまうかもしれません。

出産を目前に控えている妊婦さんの場合、出産前に体力が低下してしまうのは、できるだけ避けたいですよね?

まずは熱を下げて、風邪を治すことに専念しましょう。

一般的な風邪の症状による発熱であれば、しっかりと休養を取ることで、数日間のうちに回復してくると思います。

妊娠中の風邪!熱が下がらないときの対処法は?

妊娠中の風邪や発熱は、一刻も早く、改善したいものですよね?

薬が飲めない妊婦さんができる、熱を下げるための対処法はこちらです。

○冷やす

熱が出たときは、頭だけでなく、わきの下も冷やすようにしましょう。

熱が出る前の「寒気」がするときは、体を温めた方がいいのですが、熱が上がり切っているときは、あまり厚着をしない方が、熱が下がりやすくなります。

汗をかいた場合は、汗が冷えて体も冷えると、再び発熱してしまう可能性がありますので、すぐに着替えるようにしましょう。

○水分補給する

発熱すると汗をかきやすくなるので、水分を奪われます。

妊娠中の脱水症状は危険な場合があるので、こまめに水分を取る必要があります。

温かい水分を取るようにして下さい。

枕元にペットボトルや水筒を用意しておくと、気づいたときに水分補給ができます。

○ビタミンCを取る

ビタミンCが不足すると、風邪を引きやすくなります。

風邪の回復を早めるために、ビタミンCを取るようにしてください。

食欲がないときは、果物を食べたり、お湯にはちみつとレモンを入れた「はちみつレモン」を飲むと、ビタミンCが摂取できます。

○消化のいいものを食べる

食欲が低下しているときは、水分摂取さえ気を付けていれば、無理に食べる必要はありません。

もし、少しでも食べられそうであれば、消化がよく、温かいものを食べるようにしましょう。

風邪の時に適しているのは、定番ですが「おかゆ」や「うどん」などです。

(「妊婦さんの風邪に効く食べ物は?」に関連記事を書いています。)

○とにかく休養!

体を休めて、しっかり睡眠を取るようにしましょう。

体力を回復するには、寝ることが、第一です!

○便秘を改善する!

腸には、たくさんの免疫機能が集まっています。

つまり、腸内環境が悪化していることが原因で、免疫力が落ち、風邪を引いているとも考えられます。

便秘中に発熱した場合、排便すると、熱が下がりやすくなるそうです。

妊娠中の便秘は、免疫力を低下させ、風邪の原因にも繋がります。

身重な妊婦さんでも簡単に摂取できる「オリゴ糖」食品なら、免疫力アップをサポートしてくれるかもしれません。

スポンサーリンク

妊娠中の風邪を予防するには?

妊娠中に関わらず、風邪を予防するには「免疫力」を上げることが大切です。

免疫力を上げるには、先ほど述べたように「腸内環境を改善する」ことのほかに「体温を上げる」ことも効果的です。

ノンカフェインなうえ、便秘を解消して血の巡りをよくするお茶を飲むことを習慣にするといいかもしれません。

体温が上がると、ウイルスやばい菌を死滅させることができますので、日ごろから、体を冷やさないように心がけましょう。

また、当たり前のようですが、風邪の予防には「手洗い」「うがい」が欠かせません。

乾燥していると、ウイルスが繁殖しやすくなりますので、部屋や喉を「加湿」することも、風邪の予防になります。

(「妊娠中は風邪が治らないのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

まとめ

妊娠中、私も風邪をひいたことがあります。

熱が出たり、喉が痛かったり、咳が出たり…薬が飲めないので、「只ひたすら耐える!」しかありませんでしたが、風邪に効きそうなものを食べたり飲んだりすることで、自然治癒力が高まった気がします。

私は風邪予防のために、よく生姜を食べていました。

小分けにした生姜のすりおろしを冷凍しておき、それを使って生姜湯を作ったり、味噌汁に入れたり、ちょこちょこ食べるようにしていました。

一番よく食べたのは「生姜の佃煮」です。

生姜を千切りにして、しょうゆと砂糖で甘辛く佃煮にするだけなのですが、ご飯のおかずにもなって、飽きずに生姜を取り入れることが出来ました。

産後しばらく、母乳育児を行っている間は薬が飲めませんし、お子さんが生まれてから「子供にあまり薬を与えたくない」ということもあるかと思います。

今のうちに「薬に頼らない風邪の治し方」や「免疫力の上げ方」などを知っておくと、今後役に立つときが来るかと思います!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加