妊娠糖尿病と診断される血糖値の数値とは?

これまで順調なマタニティライフを送っていたみなさんの中には、あるとき突然「血糖値が高いです」「妊娠糖尿病です」と医師から言われた方はいらっしゃいませんか?

そんな方は「まさか自分が妊娠糖尿病になるなんて!」とショックと不安を抱えていることでしょう。

日本における糖尿病の患者数は増加傾向にありますが、同様に妊娠糖尿病患者も増加しており、妊婦さんのうちの12%程度の方が妊娠糖尿病になるそうです。

妊娠糖尿病になると、母体へのリスクだけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えますので、安易に考えることはできません。

今回は、「妊娠糖尿病の診断基準」や「妊娠糖尿病の原因」「妊娠糖尿病になるとどんなリスクがあるのか」について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠糖尿病とは?

日本の国民病と言われている「糖尿病」。

誰でも一度は聞いたことがある病名だと思います。

糖尿病とは、食事で摂取した糖(ブドウ糖)が細胞内に取り込まれず、血液中に糖があふれ出ている状態が続き、血糖値が高くなる病気のことを言います。

一方、妊娠糖尿病は、妊娠によって血糖値が上がりやすくなることが原因で、糖代謝異常が起こっていることを言います。

つまり、妊娠糖尿病は、妊娠前は糖尿病とは無縁だった方でも、発症する可能性があるのです。

では、妊娠すると血糖値が上がりやすくなるのはなぜでしょうか?

通常、食事をして血糖値が上がると、インスリンというホルモンが分泌されて、血糖値をさげてくれます。

しかし妊娠中は、赤ちゃんを育てるために多くのブドウ糖が必要になるため、胎盤からインスリンの分泌を抑制するホルモンが分泌されるのです。

つまり、妊婦さんの体は「インスリンの分泌が抑制されている=血糖値が下がりにくい状態」だと言えます。

インスリンの分泌が低下しているときに、糖分の多い炭水化物や甘いものを食べ過ぎてしまうと、血糖値が高い状態が続き、糖尿病へと進行して行くことがあります。

このように、妊娠糖尿病というのは、正確には糖尿病ではなく、「糖尿病になりかけている軽度の状態」を言います。

妊娠糖尿病が悪化し、「本当の糖尿病」と診断された場合は、妊娠糖尿病ではなく「妊娠中に診断された明らかな糖尿病」と言います。

そして、妊娠前から糖尿病であった方の場合は、「糖尿病合併妊娠」と区別されています。

妊娠中は、誰でもインスリンの分泌が低下し血糖値が高くなりやすいのですが、特に「妊娠糖尿病を発症しやすい」のは次のようなケースだと言われています。

・肥満ぎみである

・妊娠中の体重増加が大きい

・家族に糖尿病の方がいる

・流産や巨大児の出産経験がある

・35歳以上の高齢出産である

・妊娠高血圧症候群である

・インスリンの分泌が悪い体質である

妊婦さんの中には、食事や体重に気を付けている方もいらっしゃると思いますが、もともとの体質などによって血糖値が上がりやすい方もいらっしゃるため、自分の努力ではどうにもできないことでもあります。

妊娠糖尿病になりやすいのはいつから?

妊娠糖尿病を発症するのは、いつ頃からでしょうか?

妊娠すると、血糖値を上げやすいホルモンが分泌されます。

このホルモンは胎盤から分泌されるため、血糖値が上がりやすくなるのは胎盤が形成される「妊娠中期以降」だと考えられます。

胎盤が作られる妊娠初期のうちから血糖値が高い場合は、「妊娠する前から血糖値が高い状態が続いていた」可能性があります。

スポンサーリンク

妊娠糖尿病と診断される基準は?

妊娠中の高血糖(糖代謝異常)は3つに分けられます。

1、妊娠糖尿病

妊娠中に初めて発見された糖代謝異常のことであり「本物の糖尿病ではありません」。

妊娠糖尿病と診断されるのは、75gのブドウ糖負荷検査を行った結果、次の1つ以上に当てはまるときとされています。

・空腹時血糖値が92mg/dl以上

・1時間後の血糖値が180mg/dl以上

・2時間後の血糖値が153mg/ld以上

2、妊娠中の明らかな糖尿病

妊娠中に発覚した「本当の糖尿病」です。

次の1つ以上に当てはまると診断されます。

・空腹時血糖値が126mg/dl以上

・HbA1cの値が6.5%以上

「妊娠中の明らかな糖尿病」の場合、妊娠前にすでに糖尿病であったものの発覚していなかったケースも含まれます。

3、糖尿病合併妊娠

妊娠前からすでに糖尿病と診断されている場合や、糖尿病網膜症がある場合に診断されます。

また、下記いずれかに当てはまると診断されます。

・随時血糖値(食前食後に関わらずいつ測定しても)が200ml/dl以上

・75gのブドウ糖負荷検査を行った2時間の血糖値が200mg/dl以上

妊娠中期以降は、ホルモンの影響によって血糖値が高くなります。

そのため、妊娠初期から血糖値が高めの方(100mg/dl)は妊娠糖尿病へ移行しやすいといえます。

妊娠中の高血糖が与える胎児への影響は?

妊娠糖尿病は、自覚症状がほとんどありません。

そのため、母子へのリスクを実感しにくいのですが、妊娠中の高血糖は母体にとっても赤ちゃんにとっても、さまざまなリスクがあります。

<母体へのリスク>

・流産

・早産

・難産

・帝王切開

・妊娠高血圧症候群

・羊水過多症

<胎児へのリスク>

・新生児低血糖

・巨大児

・胎児発育不全、胎児機能不全

・先天異常(妊娠前から血糖値が高かった場合に多いそうです)

(「妊娠中の体重増加の母体へのリスクとは?」に関連記事を書いています。)

妊娠糖尿病の治療目標とは?

妊娠糖尿病と診断されたら、どのように治療を行っていくのでしょうか?

妊娠糖尿病の治療の基本は、食事療法です。

決められたカロリーや糖質の摂取量を守り、血糖値をコントロールしていく必要があります。

妊娠糖尿病の治療目標の数値は下記になります。

・空腹時血糖値が100mg/dl未満

・食後1時間の血糖値が140mg/dl未満

・食後2時間の血糖値が120mg/dl未満

・HbA1cが6.2%未満

です。

血糖値が改善されたかどうかを知るには、病院での検査では足りないと思います。

できれば自己測定器を購入して、毎日、毎食時の血糖値の変化を測ることが大切です。

最近では、痛みが少なく小型で携帯に便利な血糖測定器がたくさんありますので、日々の血糖値管理に役立ててみて下さい。

カロリーや糖質を控えた食事療法を行っても、これらの数値まで改善されない場合は、薬物療法を行います。

妊娠中は、血糖値を下げるために飲み薬を服用すると胎児への影響が懸念されますので、胎児への影響のないインスリン注射を使用することが多いそうです。

妊娠糖尿病は治る?

妊娠糖尿病の原因は「妊娠」です。

残念ながら、出産するまで妊娠糖尿病は治りません。

妊娠中は血糖値のコントロールをしていかなければなりませんが、出産すれば妊娠糖尿病は治りますので安心してください。

妊娠中に、インスリン注射を打っていた方の場合、産後にインスリン注射を打つと低血糖を起こすことがあります。

産後もしっかり血糖値を測って、血糖値が妊娠前の状態に戻っているか確認しましょう。

産後、血糖値が正常に戻ったからと言っても油断してはいけません。

妊娠糖尿病を発症した方の場合、将来的に糖尿病になる確率が高いそうですので、引き続き食生活に気を付ける必要があります。

また、妊娠糖尿病を発症した方の中には、妊糖値が改善されない方もいらっしゃいますので、そのような場合は産後もインスリン治療を続けていく必要があります。

まとめ

妊娠糖尿病は「産後に治る」と考えられますが、妊婦さんの中にはそのまま糖尿病へ移行してしまうこともあるのですね。

「糖尿病は自覚症状がない」と言われますが、確かに血糖値が高いか低いかは、自覚することができません。

病院での検査だけでは、日々の血糖値の上昇は確認できませんので、自分でこまめに測定するのが一番だと思います。

血糖値を下げる働きのあるインシュリンは「肥満ホルモン」とも呼ばれています。

糖質の多い食事をして血糖値が上がると、たくさんのインシュリンが分泌されます。

「インシュリンが多く分泌される=太りやすい」ということなので、産後に妊娠糖尿病の症状が見られなくなったとしても、油断していると「産後太り」に繋がってしまいますよ!

妊娠糖尿病が、健康的な食生活とは何かを考えるきっかけになるといいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加