妊娠後期の腰痛・腹痛・吐き気のサインは?

妊娠後期に入り「いよいよ陣痛待ち!」というみなさん!

長かった妊婦生活もいよいよ終了です。

「もうすぐ赤ちゃんと会える!」という喜びと同時に、「臨月に入ってから腰痛や腹痛が悪化して増々辛くなってきた」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

腰痛や、生理痛に似た下腹部痛、さらに吐き気を生じることもありますが、これば「お産が近いサイン」かもしれません。

今回は「妊娠後期の腰痛・腹痛・吐き気の原因と対処法」をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠後期の腰痛のサインは?

妊娠後期に入ると、ほとんどの妊婦さんが、腰痛に加え、恥骨や足の付け根の痛みを感じるようになります。

臨月に生じる、腰、恥骨、足の付け根の痛みのほとんどは、赤ちゃんが骨盤内に下がってきたことが原因です。

出産が近づくと、赤ちゃんの頭は、骨盤の中へはまります。

これまで激しかった胎動も少なくなり、赤ちゃんも出産へ向けて、準備を始めます。

赤ちゃんが骨盤内に下がることで、骨盤に負担がかかり、骨盤周りの腰や恥骨などにも、痛みを生じるのです。

陣痛の始まりは、腹痛ではなく、腰痛から始まる人もいます。

臨月に入った場合は、いつ陣痛が来てもいいように、痛みの程度を意識しておくといいかもしれません。

いずれにせよ、腰痛、恥骨痛、足の付け根痛に悩むのも、あと少しです!

妊娠後期の生理痛のような腹痛のサインは?

妊娠後期は、腰痛だけでなく、腹痛を感じることがあります。

臨月に入ってから、軽い生理痛のような、チクチクとした下腹部痛を感じることがありますか?

動けないほどの痛みではなく、軽い痛みがたまにやってくる感じです。

このような痛みの場合「前駆陣痛」の可能性があります。

前駆陣痛は、陣痛の前段階なので、出産が近いというサインです。

もし、生理痛のような鈍痛に加え、腰の痛み、だるさなどを感じた場合は、陣痛が迫ってきている可能性が高いです。

もちろん、前駆陣痛が始まる時期や痛みの程度には、個人差がありますので、特に前駆陣痛を気にすることなく出産を迎える方もいます。

妊娠後期の腹痛の原因は、前駆陣痛だけではありません。

出産に向かって「お腹が張る」回数が増えて来ます。

お腹が張る時に、お腹がギューっと固くなり、痛くなります。

このほか、赤ちゃんが大きくなることで、ママの内臓が圧迫されて痛みを生じたり、赤ちゃんの胎動が激しくて腹痛を感じることもあります。

お腹の中の赤ちゃんのポジションによっては、わき腹が痛くなる方も、多いそうです。

このような原因による腹痛は、ほとんどの妊婦さんが経験することであり、心配いりません。

しかし、腹痛とともに「出血」を伴う場合は、トラブルに繋がる可能性がありますので、早めに病院へ行くようにして下さいね。

スポンサーリンク

妊娠後期の吐き気の原因は?

妊娠後期に入ると、吐き気、胃痛、胸やけなどに悩まされる妊婦さんが増えます。

妊娠初期に起こるつわりの症状と似ているため「後期つわり」と呼ばれます。

妊娠後期の吐き気の原因の一つは「女性ホルモン」の影響があります。

出産に向け、陣痛を起こすホルモン「オキシトシン」は、胃腸を収縮させる働きがあり、オキシトシンの作用によって、吐き気や胃痛を生じることがあるのです。

臨月に入り、腰痛や腹痛が悪化したのと同時に、吐き気や胃痛を伴うようであれば、陣痛が近いのかもしれません。

このほか、大きくなるお腹によって、ママの胃が圧迫され、消化に時間がかかって胃もたれを起こしたり、食欲が低下してしまうこともあります。

妊婦さんの中には、胃酸が逆流して、のどが熱く感じられたり、げっぷが多く出ることもあります。

そのほか、出産への不安や緊張によってストレスを感じてしまい、胃痛を引き起こすこともあります。

いずれにせよ、妊娠後期の吐き気は、出産へ向けて体が準備している証拠です。

妊婦さんの中には、陣痛が始まっても、陣痛の合間に吐き気が来たり、陣痛中に嘔吐してしまう方も少なくありませんので、過度に心配しないようにリラックスしましょう。

しかし、気を付けなければならない「吐き気」もあります。

それは「妊娠高血圧症候群」の場合です。

妊娠高血圧症候群が悪化すると、頭痛、めまい、目がチカチカする、などの症状に加えて「吐き気」を伴うことがあります。

この場合、妊娠高血圧症候群の合併症である「しかん」や「HELLP症候群」の前兆の可能性がありますので、当てはまる方は注意して下さい。

(「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?目のチカチカはしかんの前兆?」「妊娠中の吐き気は妊娠高血圧症候群かも!?」に関連記事を書いています。)

妊娠後期の腰痛・腹痛・吐き気の対処法は?

妊娠後期の、腰痛、腹痛、吐き気のほとんどは、出産が近づいているサインなので、危険なものではありません。

出産に向けて、それぞれの症状にうまく対処して行きましょう。

○腰痛の対処法

腰痛は、血行を良くし、筋肉をほぐすことで、痛みを軽減することができます。

お風呂で温まったり、湯たんぽを当てたり、無理のない程度にウォーキングやストレッチを行いましょう。

妊娠後期は、自分が思っている以上に体に負担がかかっています。

何事も無理をせず、こまめに休養を取るようにしましょう。

腰や骨盤の負担を軽くするために、骨盤ベルトを付けることもお勧めです。

骨盤が広がりすぎるのを防ぎ、骨盤の歪みを整える妊婦さん専用の骨盤ベルトなら、腰痛を軽減することに役立ちます!

○腹痛の対処法

妊娠後期の腹痛は、陣痛の前段階なので仕方がありません。

腰や下腹部を温めたり、お腹が張る時は横になって休むようにしましょう。

○胃痛、吐き気の対処法

大きなお腹によって胃が圧迫されているだけでなく、胃の働きも弱まっているため、消化のいい食事を取るようにしましょう。

食べ過ぎは胃腸に負担がかかりますので、少量ずつ小分けにして食べることが大切です。

臨月に入り、赤ちゃんが骨盤の中へ下がってくると、胃がすっきりして食欲が戻ってくることがありますが、胃の働きは低下したままなので、食べ過ぎないように気を付けて下さいね。

ストレスにより胃痛を感じる方は、少しでもリラックスできる時間を作ったり、気分転換のために散歩やストレッチを行うこともお勧めです。

まとめ

妊娠後期になると、私は腰痛より、恥骨痛に悩まされました。

「赤ちゃんに押されてる!」という感覚があり、ものすごく痛くて、歩き出すまでに時間を要するほどでした。

すぐに動けないって、とても不便ですよね。

妊娠後期は痛みに加えて、胃の圧迫による吐き気もあり、食事が美味しく食べられなかったり、食べてもお腹が苦しくて食後はいつも「フーフー」言ってました。

臨月に入ってお腹が下がると「胃が楽になる」と言われていますが、私はずっと苦しいままでした。

そのかわり、産後は、とってもご飯が美味しく感じられましたよ!

辛い痛みや吐き気も、もう少しの辛抱ですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加