妊娠中は骨盤が広がる!?体への影響は?

妊娠すると「骨盤が広がる」「骨盤が大きくなる」というのを聞いたことがありますか?

ひと昔前の言い方だと「出産するとお尻が大きくなる」とも言われましたよね。

妊娠すると本当に骨盤が開いて、お尻が大きくなってしまうのでしょうか?

お尻が大きいと「安産だ」などとも言われますが、お尻の大きさと安産は関係ありません。

骨盤が開き過ぎたり、骨盤が歪んだまま広がってしまうと、様々なマイナートラブルを引き起こす原因となります。

今回は「妊娠中に骨盤が広がると、どんな悪影響があるのか?」についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠すると骨盤が広がるってどういうこと?

妊娠すると「骨盤が広がる」とはどういう意味なのかご存知ですか?

骨盤は、妊娠したから広がるのでは、ありません。

実は、骨盤は、妊娠しているか否かに関わらず、毎日開閉を繰り返しています。

骨盤は、「朝に閉じ、夜に開く」というリズムがあるのです。

妊娠すると分泌されるホルモン「リラキシン」の作用によって、妊娠中は骨盤周りの筋肉や靱帯が緩みやすくなっています。

骨盤の靱帯が緩むことで、通常よりも、骨盤が開きやすい状態なのです。

骨盤が広がる場所は、骨盤全体ではなく、骨盤の「下の方」(足の付け根あたり)が広がります。

産道付近の骨盤が広がることで、お産のとき、赤ちゃんが出て来やすくなります。

妊娠中に骨盤が広がると体への影響はある?

妊娠すると、すべての妊婦さんの骨盤は広がって行きます。

そのため妊娠中は、骨盤回りの筋肉や靱帯が緩んでいるため「骨盤が歪みやすい」というリスクが高くなります。

骨盤が歪んだまま広がってしまったり、骨盤回りの筋力の低下によって骨盤が広がりすぎてしまうと、子宮がどんどん下へ下がってしまいます。

「骨盤の広がり」「歪み」「子宮が下がりすぎる」ことにより、次のような影響を及ぼす可能性があります。

○尿漏れ・頻尿

○便秘・痔

○恥骨痛

○足の付け根痛

○腰痛

○切迫早産

○難産

○産後の骨盤の戻りが悪くなる

○太ももやお尻など下半身に贅肉が付きやすくなる

骨盤の歪みは、こんなにも多くのトラブルを引き起こすのです!

骨盤が歪んだり、広がりすぎるせいで、全体の80%近くの妊婦さんが、骨盤回りに痛みを感じているようです。

例えば、骨盤が開くことで腰回りの筋肉に負担がかかれば、腰痛として現れます。

骨盤が開くときに、恥骨の結合部が広がり過ぎると、恥骨痛として現れます。

これらの痛みは、お腹が大きくなり始める妊娠中期から症状が出始めることが多いのですが、中にはお腹が目立たない妊娠初期のうちから、痛みを感じる方もいます。

(「妊娠初期に骨盤が痛むのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

スポンサーリンク

妊娠中の骨盤の広がりによる痛みを軽減するには?

妊娠中、骨盤が広がることで、体に痛みが生じます。

この痛みを軽減するには、どうしたらいいのでしょうか?

骨盤周りの痛みを軽減するには、患部を温めたり、筋肉をほぐすために体を動かしたりマッサージをすることが大切です。

骨盤が歪んだまま広がらないように、普段から姿勢に気を付けたり、骨盤が歪むようなぺたんこ座りや横座りをしないように気を付けましょう。

痛みが軽度の場合は、骨盤ベルトで骨盤を正しい位置に固定すると、痛みの軽減に繋がります。

骨盤ベルトは、骨盤周りの痛みが生じる前の、妊娠初期から使い始めることをお勧めします。

骨盤ベルトには、妊娠中には使えないものもありますので、妊娠初期から使える妊婦さん専用の骨盤ベルトを使うようにして下さいね。

(「妊娠中の骨盤の痛み!その対策法は?」に関連記事を書いています。)

まとめ

妊娠すると「骨盤が広がる」と言われますが、骨盤と言っても、腰のあたりが広がるのではなく、恥骨のあたりが広がるのですね!

恥骨の周りが広がることで、赤ちゃんが出てきやすくなるということです。

「骨盤が広い=安産」というイメージがありますが、骨盤の広さと安産は関係がなく、骨盤が広がりすぎると、様々なトラブルを生じやすくなります。

妊娠中に限らず、骨盤の開きや歪みは、むくみや便秘など「健康」に悪影響を及ぼしたり、下半身に脂肪が付きやすくなって「美容」にも影響を及ぼす可能性があります。

骨盤は、体の「要」なので、妊娠中こそ正しい位置に整えておきましょう!

妊娠中に骨盤を歪ませないことが、産後の体形戻しにも繋がります!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加