妊娠中の骨盤の痛み!その対策法は?

妊娠中は、腰、恥骨、足の付け根、お尻など、腰回りが痛くなりますよね?

「痛くて起き上がるのが辛い」「痛くて歩けないから散歩もできない」と困っている妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

腰や恥骨、足の付け根、お尻など、これらはすべて骨盤の一部であり、この痛みは「骨盤の痛み」によるものです。

骨盤の痛みは個人差があり、妊娠初期から感じ始める人もいれば、妊娠後期に入り、お腹が大きくなってから痛みを感じる人もいます。

いずれにせよ、痛みを我慢するのは辛いことですし、「骨盤痛のせいで、楽しいマタニティライフを送れない!」なんてことにもなりかねません。

たとえ出産まで残りわずかであったとしても、骨盤の痛みを軽減して行きたいものですよね?

今回は「妊娠中の骨盤の痛みをどうしたらいいのか」その対策について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中に骨盤が痛くなるのはなぜ?

妊娠中の骨盤痛は、辛いものです。

「立っていても、横になっても、座っていても、何をしても痛い!」という妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

妊娠中に骨盤が痛くなるのは、いくつか原因があります。

①ホルモンの影響

妊娠3カ月くらいになると、リラキシンというホルモンが分泌され始めます。

リラキシンには、全身の筋肉や靱帯を緩め、骨盤を広げる働きがあります。

緩んだ骨盤を支えるために、筋肉や靱帯に負担がかかるため、腰痛や足の付け根が痛むようになります。

②大きくなるお腹

お腹が大きくなるにしたがって、体の重心が前方に傾くため、バランスをとるために、後ろにのけ反った姿勢になります。

そのため、背中に負担がかかり、腰痛を引き起こします。

また、大きくなる子宮によって恥骨が広がりますので、恥骨が開くときに痛みを生じます。

③ストレス

妊娠による体の変化、赤ちゃんの成長、出産への不安など、妊婦さんにはストレスがたくさんかかっています。

ストレスがたまると血流が悪くなり、骨盤回りの血流も悪くなります。

ストレスによって腰や背中が固くなることで、腰回りに痛みを感じます。

④骨盤の歪み

もともと、骨盤が歪んでいた方は、痛みを感じやすくなります。

これ以外にも、妊娠中は動く機会が減ることから、筋力が低下してしまったり、家にこもってパソコンやスマホを使う時間が増えて目を酷使することも、筋肉を固くして、腰や背中に負担をかける原因となっています。

妊娠中の骨盤の痛みの対策法は?

妊娠中はホルモンの影響によって、骨盤が緩むのは自然なことです。

出産が無事に終わるまでは、痛みと付き合うしかありません。

しかし、少しでも骨盤の痛みを和らげるためには、どうしたらいいのでしょうか?

その対策法はこちらです。

○患部を温める

○リラックスする

○重いものを持つときは、片膝を立て、腰に負担がかからないようにする

○軽く運動し、血行をよくする

○ヨガやストレッチで、筋肉をほぐす

○姿勢に気を付ける、背筋を伸ばし、椅子に深く腰掛ける

○横座りやぺたんこ座りはしない

○座る時に足を組まない

○荷物を持つときは、左右交互に持つ

○寝るときは抱き枕を使ったり、膝の間にクッションを挟むようにする

○骨盤や靱帯を形成するカルシウムやマグネシウムをしっかり取る

○骨盤ベルトを使用する

このように、骨盤痛を軽減するには「腰に負担がかからないようにすること」「骨盤を歪みにくくすること」「骨盤を整えるようにすること」がポイントになります。

スポンサーリンク

妊娠中の骨盤ベルトはいつから?

妊娠すると、早い段階から骨盤は緩み始めます。

妊娠中期に入り、お腹が大きくなり始めるのと同時に、骨盤への負担も大きくなり、骨盤の痛みが出始める方が多くいらっしゃいます。

しかし、痛みが出始めてから骨盤ケアを始めるのでは、遅いのです。

できるだけ、妊娠初期のうちから、骨盤ケアを始める必要があります。

そのためには、妊娠初期のうちから使用できる骨盤ベルトで、早い段階から骨盤を支えてあげることをお勧めします。

骨盤を整えておくことで、腰痛などの骨盤痛を予防するだけでなく、頻尿、尿漏れ、便秘などのマイナートラブルを予防することに繋がります。

まとめ

妊娠中は、骨盤痛に悩まされる妊婦さんはたくさんいらっしゃいます。

私も例外ではなく、恥骨、足の付け根、お尻などがとても痛くなりました。

妊娠中は、骨盤まわりの筋肉が緩むので、骨盤が歪みやすくなります。

骨盤が歪んでいると、血行が悪くなって「むくみやすくなる」そうです。

妊娠中は体重コントロールを強いられますが、せっかく食事管理を行っていても、むくんでしまっては、体重増加に繋がってしまいます!

塩分控えめの食生活も、無駄になってしまいます!

妊娠中の過度な体重増加を防ぐためにも、骨盤を整えて、「むくみにくい体」を作るようにしましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加