妊娠中の便秘に黒酢は効果あり?お勧めの黒酢ドリンクは?

妊娠中のみなさんの中には、便秘でお困りの方がたくさんいらっしゃるでしょう。

なぜなら、妊娠中は便秘になりやすいからです。

妊娠中の便秘対策については、これまでの記事でもいくつかご紹介してきましたが、まだご紹介していない便秘の一つに「黒酢」があります。

みなさん、黒酢をご存じですか?

最近では「酢」を取り入れた健康法もありますが、黒酢にはどんな特徴があるのでしょうか?

今回は「黒酢に含まれる栄養素や便秘との関係」「妊娠中にお勧めの黒酢ドリンク」について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中の便秘解消に黒酢はお勧め?黒酢の効果とは?

妊婦のみなさん、「黒酢」をご存じですか?

黒酢というと「健康食品」というイメージを抱く方が多いかもしれません。

黒酢は、食事でなかなか摂りにくい「必須アミノ酸」や「ミネラル」が豊富に含まれおり「整腸作用がある」ともされています。

しかし、「便秘解消を目的とした黒酢の摂取」はおすすめしません。

なぜなら、お酢は刺激が強いので大量に摂取すると胃腸の調子が悪くなることがあるからです。

また、妊娠中の便秘の原因は、

「ホルモンバランスの変化による便秘」

「大きくなった子宮に腸が圧迫されることによって起こる便秘」

「精神的なストレスによって自律神経の乱れることで起こる便秘」

などさまざまです。

そのため、便秘の解消法は便秘の原因によって異なるため「黒酢を摂取したからと言って便秘が解消されるわけではない」と言えます。

しかし、黒酢には

「疲労回復」

「唾液や胃液の分泌を促す」

「血圧降下」

などの効能が期待できるため、妊娠中の体調を維持するにはお勧めの食品です。

このほか、つわりなどで食べられなかった時でも「黒酢ドリンクなら大丈夫だった」「口がさっぱりして吐き気が治まった」と、妊娠中の不快感を軽減することにも役立っており、便秘解消のためではなかったとしても、快適な妊娠生活を送るためのサポートアイテムとして役立つと思われます。

妊婦さんに黒酢をお勧めするワケは?

一般的な「米酢」と「黒酢」の違いをご存じですか?

米酢と黒酢の違いは「原材料と製造方法」にあります。

<米酢>

・精米した「白米」を使う

・お米の配合を減らし、アルコールなどが添加されている

・1日で醗酵を済ませる

<黒酢>

・「玄米」が使われている

・「1000mlにつき180g以上の玄米が使われているもの」とJAS規格で決められている

・添加物についての規格が細かく定められている

・1~3年という長い時間をかけて醗酵させる

米のミネラル分は、玄米の籾の部分に含まれているので、玄米を使った黒酢のほうが栄養価が高く、熟成期間が長いことから黒酢にはまろやかさや旨みやコクがあり、味においても優れています。

そのため、妊娠中の栄養補給には米酢よりも黒酢がお勧めです。

スポンサーリンク

妊娠中にお勧めの黒酢ドリンクは?

いくら黒酢が栄養補給に適しているからと言って、毎日の食事に黒酢を取り入れるのは難しいですよね?

酢を使った料理にも限界がありますし・・・。

そんなときにお勧めなのが、「黒酢ドリンク」です!

市販の黒酢ドリンクなら手軽に作ることができて便利ではありますが、ほとんどの商品には人工甘味料が含まれているため「糖分や添加物の過剰摂取」に繋がる可能性があります。

妊娠中こそ、自分で簡単に作れる「手作り黒酢ドリンク」はいかかでしょうか?

妊娠中でも簡単に作れるレシピをご紹介します。

・ドライプルーンの黒酢漬け

密封できる瓶に、ドライプルーンを入れ、ドライプルーンがひたるぐらいまで黒酢を入れて1日置くだけです。

ドライプルーンのエキスが出た黒酢を、水か炭酸水で割って召し上がって下さい。

プルーンには、貧血の予防に役立ち鉄分が含まれていますので、捨てずに食べましょう。

使用するプルーンは、無糖タイプがお勧めです。

・黒酢ハニードリンク

グラスに黒酢とハチミツを同量(大さじ1杯くらい)入れ、水または炭酸水で割って作ります。

お湯150ccを入れて、ホッドリンクとして飲むこともできます。

甘さはハチミツの量で加減して下さい。

ハチミツを選ぶ際は、水あめなどが添加されている加工ハチミツではなく、純粋ハチミツや非加熱のハチミツがお勧めです。

(「妊娠中にはちみつは食べてはいけないの?」に関連記事を書いています。)

・黒酢のフルーツジュース割り

黒酢は果物と相性がいいので、オレンジジュースやリンゴジュースなどで割るとおいしく頂けます。

ただし、ジュースは加糖されていないストレートのものを選ぶか、ジューサーなどで手作りしたものを使いましょう。

手作り黒酢ドリンクは美味しいですし栄養豊富なので、つい飲み過ぎてしまうかもしれませんが、先ほども述べたように酢は胃腸に負担がかかります。

糖分の取り過ぎもよくありませんので、飲み過ぎないよう気を付けてましょう。

(「妊娠すると果物が食べたくなる?上手な果物の選び方は?」に関連記事を書いています。)

妊娠中に黒酢サプリは飲んでもいいの?

黒酢がいいのはわかるけど「どうも苦手」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方が黒酢の栄養を取り入れるために、「黒酢サプリメントを飲む」という手もあります。

しかし、妊娠中にサプリメントを飲むのはいかがでしょうか?

黒酢サプリのみではなく、サプリメント全体に言えることですが、サプリメントは「錠剤や粉末にするために添加物が不可欠」です。

たとえ「無添加」と表記があっても、原材料を見ると「食品ではない名前」がたくさんあってびっくりすることが多々ありますし、固形になっている時点で「ナチュラルなもの」ではありません。

また、添加物が含まれていても、加工工程によっては表記義務がないものもあり、何が使われているのか不明なサプリメントがほとんどです。

妊娠中はできるかぎり添加物などを避けたい時期なので、サプリメントは「安全性において信頼できるもの」を選ぶようにしましょう。

もし、どんな黒酢サプリがよいかわからないときはサプリメントは飲まず、少量でも構いませんので黒酢そのものを摂取しましょう。

まとめ

健康を維持するうえで、酢がよいことは私も知っていました。

しかし、酢を毎日の料理に使い続けるのは難しいですよね?

そんなとき、黒酢ドリンクは手軽でいいと思います。

しかし、私は胃が弱いため、たとえ水で割る黒酢ドリンクであっても、飲んだ後は胃がキリキリしてしまい体に合わないのです。

私のように黒酢ドリンクでは胃が痛くなる方は、黒酢を使った大根の甘酢漬けやピクルスがお勧めです!

甘酢の中に野菜を漬け込むだけですが、甘酢漬けやピクルスを常備しておくと毎日少しずつ酢を取り入れることができますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加