妊娠中は肌が黒ずむって本当?妊娠中の黒ずみはいつから?

妊娠中のあるとき、ふと気づくと「脇や陰部が何だか黒くなっている!」と驚く方は多いものです。

あなただけではありませんので、心配しないで下さい!

妊娠中の身体は「劇的な変化」を遂げますが、その中の一つに「身体の一部分が黒ずむ」という現象が起こることがあります。

妊婦さんの中には、「まるで、お手入れをしていない」ように見えるほど、脇の下が真っ黒になってしまう方もいらっしゃるようです。

陰部など洋服で隠れるところはいいですが、脇が黒ずむと「ノースリーブの服を着ることができない」と悲しくなりますよね?

なぜ、妊娠中は肌が黒ずんでしまうのでしょうか?

元の肌の色に戻すには、どうしたらいいのでしょうか?

今回は「妊娠中に肌が黒ずむ原因と対処法」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中は肌が黒ずむ?その理由は?

「うわっ!身体のあちこちが黒くなっている!」と驚いている方、泣きたい気持ちになっている方はいらっしゃいませんか?

妊娠すると、身体の一部分が黒ずむのは誰にでもあることです。

あまりショックを受けないで下さい!

見た目にもよろしくない「身体の黒ずみ」ですが、なぜ妊娠すると身体のあちこちが黒ずんで来てしまうのでしょうか?

その原因はいくつか考えられますのでそれぞれご説明します。

<メラニン色素の増加>

妊娠をすると、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が急激に増加します。

女性ホルモンは「メラニンの色素細胞を活性化させる」ので、女性ホルモンの分泌が増えることで、メラニン色素が増加してしまうのです。

そのため、肌の細胞内に色素がたまって(色素沈着)、肌の色が黒っぽく変化し、黒ずみとして現れるようになります。

メラニン色素が多いのは、乳首、脇の下、陰部など「太い毛が生える場所」なので「脇やデリケートゾーンは黒ずみやすい部分」だと言えます。

<下肢静脈瘤>

妊娠中に「足の黒ずみ」が気になるのであれば、それは「下肢静脈瘤」が原因かもしれません。

「下肢静脈瘤」とは、足の血管がコブのように浮き上がって見えたり、血管が紫色の糸状に見える症状を言います。

「下肢静脈瘤」の原因は、女性ホルモンの増加によって血管が硬くなることや、腹部の静脈が圧迫されることによって起こるのだそうです。

「下肢静脈瘤」が悪化すると足の血流が悪くなり、足の皮膚に十分な栄養を送ることができなくなります。

このような肌の栄養不足によって、皮膚が黒ずんで来ます。

妊娠中の肌の黒ずみはいつから起こる?いつまで続く?

妊娠すると、いつから肌が黒ずんでくるのでしょうか?

肌の黒ずみには個人差が大きいため、妊娠初期のうちから黒ずみが気になり始める方もいれば、出産までほとんど気にならないという方もいらっしゃいます。

しかし、一般的には女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が急激に増加する「妊娠20週目くらい(妊娠6か月)」に肌の黒ずみが気になり始めることが多いようです。

黒ずむ部位はさまざまで、先ほども述べた「ワキ」「乳首や乳輪」「デリケートゾーン」だけでなく、「顔のシミやそばかす」「正中線(おへそを中心に上下に出る線)」なども濃くなることがあります。

身体であっても顔であっても、女性として肌が黒ずむのはイヤなものですが、この黒ずみはいつまで続くのでしょうか?

妊娠中の黒ずみの原因は、「ホルモンバランスの変化」です。

つまり、「ホルモンバランスが元に戻るまでは続く」と言うことです。

ホルモンバランスの変化は個人差が多いため、「いつまでに回復する」と言い切ることはできませんが、「産後まで続く」と言えます。

では、「産後いつまで」続くのでしょうか?

残念ながら、これにも個人差が大きく、産後「数か月」で回復してくることもあれば、長い場合は「数年」かかることもあるようです。

肌の黒ずみは、産後ホルモンバランスが元に戻ってくれば薄くなって来ますので、気長に待つしかありませんね。

スポンサーリンク

妊娠中の肌の黒ずみを改善するには?

妊娠中の肌の黒ずみは、産後、ホルモンバランスがもとの状態に戻るにしたがって改善してくると言われていますので、もし「気にならない程度」であればそのままにしておいていいかと思います。

しかし、「肌の黒ずみがどうしても気になる(泣)」というのであれば、肌の黒ずみを改善するためのスキンケアを行って行きましょう。

肌の黒ずみを改善するポイントは「肌の新陳代謝を促す」ことです。

そのために、次のことを行ってみて下さい。

<肌に刺激を与えない>

入浴中に体を洗う時は、石鹸をよく泡立ててなるべく手で洗うようにしましょう。

泡立てるのが面倒な場合は、保湿効果の高い無添加の泡ソープを使用しても構いません。

また、タオルを使用するのであれば刺激の少ないものを使って下さい。

脱毛をする際、カミソリを使うと肌に負担がかかり黒ずみが悪化する可能性があります。

お手入れの際は、肌に負担の少ない電気シェーバーがお勧めです。

また、下着がこすれたり、かゆみによって強くかいたりすると、肌の摩擦によって黒ずみが悪化する可能性があります。

<肌の保湿を心がける>

肌の保湿を保つことで、肌のバリア機能を高めることができます。

肌のバリア機能とは、肌がもともともっている炎症などを防ぐ「自己防衛機能」のことです。

肌が乾燥するとこのバリア機能が弱くなり、肌の新陳代謝が遅れ、しみなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

特に、妊娠中はホルモンバランスの変化によって肌が乾燥しやすいため肌の保湿を保つようにしましょう。

<日焼け予防>

顔のシミやソバカスが気になる妊婦さんには、日焼け予防が欠かせません。

日傘やツバの大きな帽子を利用するなどUV対策をしましょう。

UVクリームもさまざまなものが販売されていますが、UVカット効果が大きいものは肌への刺激が強すぎることがあります。

妊娠中の肌は敏感になっているので、ベビー用の日焼け止めや無添加なものなどを選び、こまめに塗るようにしましょう。

<十分な睡眠>

肌を再生するには睡眠が欠かせません。

そのため、肌の外からいくらスキンケアをしていても、睡眠不足でいると十分な効果は得られないでしょう。

妊娠中は、日々変化する体調によって睡眠が浅くなることがありますので、質のいい睡眠を取るよう心掛けましょう。

肌の黒ずみを悪化させないためにも、夜更かしは控えて下さいね。

「下肢静脈瘤」が原因の黒ずみ対策は?

下肢静脈瘤が原因の肌の黒ずみの場合はスキンケアだけでは解決しません。

足のだるさやむくみなども併発している場合は、「下肢静脈瘤の専用の弾性ストッキング」を使用してみましょう。

マタニティ専用の弾性ストッキングなら、腹部がゆるくなっているので、出産まで使用できます。

このほか、足の皮膚へ栄養を送るために、足の血行を促進することが大切です。

そのためには、足をマッサージしたり、横なるときに足を高くしたり、足湯をすると効果的です。

自分でマッサージを行うことが難しい場合は、青竹ふみを使用したり、椅子に座って足の裏でゴルフボールを転がすと効果的です。

(「妊娠中のむくみの原因とむくみ解消法は?」「妊娠中に便利なむくみ解消グッズは?」に関連記事を書いています。)

まとめ

もともと私はそばかすが多いのですが、妊娠中はさらにそばかすの量が増え、そばかすの色も濃くなり、しみも大きくなりました。

もちろん、妊娠中にスキンケアをしていましたが、シミはなかなか改善できませんでした。

さらに、産後も赤ちゃんのお世話に追われ、落ち着いてスキンケアをすることができない日々が続いたため、今現在も妊娠前と同じような肌には戻っていません。

ただ、乳首や乳輪の色は、特にスキンケアをしていなくても元に戻りました。

妊娠中の黒ずみは、出産後にホルモンバランスが元に戻るにつれて自然と回復していくケースがほとんどです。

肌の状態を良好に保つことは、黒ずみだけでなく、肌荒れやにきびの改善にも効果的ですのであせらず気長にスキンケアを続けてみて下さいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加