妊娠してくしゃみが増えて止まらないのはなぜ?

妊婦さんの中には、

「妊娠前よりも花粉症が悪化してくしゃみが止まらない!」

「妊娠してから鼻づまりや鼻水が出やすくなり、くしゃみが増えた気がする!」

という方はいらっしゃいませんか?

くしゃみが増えるなんて、ただの「気のせい」のような気もするし、でもやっぱり「くしゃみが気になる・・・」などと、お困りの方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、妊娠すると、鼻の状態も変化するため、鼻の不調がくしゃみとなって現れることがあるようです!

私は、くしゃみに悩まされたことがありませんが、妊娠中は鼻水に悩まされましたねぇ。

今回は「妊婦さんとくしゃみの関係」や「くしゃみを軽減する方法」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠するとくしゃみが増えるって本当?

妊娠してから「やたらとくしゃみが出るなあ」と感じている方はいらっしゃいませんか?

実際に、くしゃみで悩む妊婦さんは多いようです。

なぜ、妊娠するとくしゃみが増えるのでしょうか?

その理由はいくつかありますのでご紹介します。

<ホルモンバランスの変化>

妊娠中にくしゃみがよく出るのは、ホルモンバランスの変化によるところが大きいようです。

妊娠してホルモンバランスが変わると、自律神経に影響を与えるため、免疫機能にも変化がおきます。

免疫機能が低下することによって、妊娠後にアレルギー性鼻炎を発症する妊婦さんも少なくなく、鼻の状態が悪くなることによってくしゃみが引き起こされます。

<血流の増加>

妊娠中は、身体の血流量の増加に伴い、体内の水分量が多くなります。

そのため、常に鼻の粘膜が腫れてしまったり、花粉症が悪化することがあるため、くしゃみが起こりやすくなります。

(「妊婦さんの辛い花粉症対策は?」「妊婦さんの花粉症に効果的なヨーグルトの食べ方は?」に関連記事を書いています。)

<妊娠性鼻炎>

妊娠をきっかけに発症する鼻炎を「妊娠性鼻炎」を言います。

妊娠性鼻炎は、ホルモンバランスの乱れによって、鼻の粘膜が炎症をおこし、鼻水やくしゃみなどの症状が見られるものです。

もし、妊娠が発覚してから、風邪でもないのにくしゃみや鼻水が止まらなくなったら、妊娠性鼻炎を疑ってみましょう。

妊娠性鼻炎は、産後にホルモンバランスが元に戻れば自然と治ります。

妊娠中のくしゃみの原因はいろいろありますが、いずれにせよ、妊娠中の身体の変化によって、くしゃみが出やすくなっていると言えそうです。

妊娠中のくしゃみは腹痛・出血・流産を招く?

大きなくしゃみを何度もしていると、お腹に負担がかかってしまい「腹痛や流産を引き起こすのではないか」と心配になりませんか?

くしゃみが止まらないことで腹痛が起きる可能性はありますが、くしゃみが流産の直接的な原因になることはほとんどありません。

ただ、くしゃみよって腹圧がかかり、それによって「お腹の張り」を引き起こすことは考えられると思います。

もし、くしゃみをすると「お腹の強い張りが長時間続く」、あるいは「出血があった」という場合は、すぐに医師の診断を受けて下さいね。

そして、場合によってはくしゃみを放置しておくのが辛いときもあるでしょう。

特に、妊娠前から花粉症やアレルギー性鼻炎があった方は症状が悪化することもあるでしょうし、軽い鼻水程度だったものが、重度の鼻炎へと進行してしまうことがあるかもしれません。

また、「くしゃみで困ること」の一つに、くしゃみの時に起こる「尿漏れ」があります。

尿漏れの原因は、「加齢による骨盤底筋のゆるみ」ですが、最近の女性は、生活スタイルの変化(和式トイレを使わなくなった、床の拭き掃除をしなくなった)などによって骨盤底筋を鍛えるチャンスが少なく、もともと骨盤底筋が弱い人が多いのだそうです。

そのため、まだ若い人であっても、妊娠をきっかけに尿漏れに悩む方が増えてきていると言われています。

尿漏れは、産後も引き続き起こることもあり、人によっては尿漏れの悩みが長引くケースもあります。

このように、たかが「くしゃみ」であっても、母体に負担がかかることに間違いありません。

症状を軽くする方法として、妊娠中に使用できる薬もあるようですから、あまりにも辛いときは我慢せず、かかりつけの産婦人科に相談してみましょう。

スポンサーリンク

妊娠中のくしゃみの対処法は?

腹痛やお腹の張りを防ぐだけでなく、不快な尿漏れを防止するためにも、なるべくくしゃみの回数を減らしたいと思いませんか?

妊娠中ですから、薬を使わずにくしゃみを軽減していく方法をご紹介します。

・空気清浄機を使う

くしゃみを引き起こすのは、鼻の粘膜に刺激となる空気中のチリや埃です。

空気清浄機を使って、チリや埃を低減すると効果的です。

・マスクを使用する

チリや埃の吸い込みを防ぐためにはマスクが効果的ですが、マスクは昼間だけでなく、就寝中も着用しましょう。

寝ている間に、埃を吸い込んでいたり、無意識に口呼吸になっている場合もあるからです。

また、就寝中のマスクは、のどの乾燥を防いで風邪予防にもなります。

・部屋を加湿する

埃っぽい中にいるとくしゃみが助長されますので、加湿を心がけましょう。

加湿器を使ったり、洗濯物を室内干しにしておくだけでも湿度があがります。

・鼻うがいをする

くしゃみが多い時や花粉症の症状が出ていると、鼻の奥がむずむずしますよね。

こんなとき、鼻うがいをするとスッキリできます。

鼻うがいの洗浄剤は、妊娠中でも使用可能なものを選んでください。

ただし、鼻うがいを1日に何度も行ったり、重度の鼻づまりの時は逆効果になるのでご注意を。

・くしゃみが出そうになったら眉間をコンコンする

NHKの番組「すイエんサー」で紹介されていたくしゃみを止める方法です。

くしゃみが出るのは、脳からの信号を三叉神経が伝達することによって起こるのだそうです。

くしゃみが出そうになったら、眉間のあたりを少し強めにコンコン叩くと、三叉神経を刺激してくしゃみを止めることができるのだそうです。

ただ、くしゃみは「体内のチリや埃を排出するためのもの」なので、無理に止める必要はありません。

公共の場や静かな場所など、くしゃみが出て欲しくない「ここぞ!」というときに、使ってみるといいのではないでしょうか?

・アロマオイルを使う

アロマオイルはさまざまな利用方法がありますが、妊娠中は使い方が簡単なディフューザーを使った芳香浴がお勧めです。

妊娠中でも使用可能な、くしゃみや鼻水などに効果があるアロマオイルは「ティーツリー」と「ユーカリ」です。

「妊娠初期はアロマオイルを使用しないほうがいい」とも言われているので、使用は安定期に入ってからにしましょう。

そして、アロマオイルには妊娠中に使用不可なものもありますので、アロマオイルの使い方と選び方には注意してください。

まとめ

私が妊娠中、くしゃみで悩みことはありませんでしたが、冒頭でも述べたように、鼻水が止まらなくなってとっても困りました。

私の場合、食事をすると鼻水が出てくるのです!

何かを口にすると、鼻水が止まらなくなるのです!

そんな状態が、産後もしばらく続きました。

そのため、いつも食事中はティッシュが欠かせず、鼻をかみながら食事をするという生活を長いこと続けて来ました。

外食の際も、鼻をかみながら食事をしていたので、「食事中に鼻をかむ」なんてマナーが悪いと思い、周囲の目も気になりましたし、誰かと一緒に食事をするのが嫌になったほどです。

そんな辛い鼻水生活でしたが、今ではすっかり忘れてしまうほど、症状はなくなりました。

現在くしゃみでお悩みの方も、いずれは解消されると思いますので、うまく乗り切って行きましょう。

それにしても、妊娠中の身体の変化って、不思議なものですよね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加