マタニティマークは電車以外どこに使う?マタニティマークの危険性とは?

妊婦さんにおなじみの「マタニティマーク」。

マタニティマークは、公共の場で「自分が妊婦であること」を周りに知らせるために大切なものですから、ほとんどの妊婦さんは一度くらい利用したことがあるのではないでしょうか?

と言いつつ、私は妊娠中にマタニティマークを一度も付けませんでした・・・。

私の場合、悪阻がひどく妊娠初期はずっと家の中に引きこもっていましたし、外へ出歩くようになるころにはお腹が大きくなって来ていたので、マタニティマークがなくても妊婦であることは明らかでしたから、マタニティマークの必要性を感じなかったのです。

そもそもマタニティマークってどんな時に使うと便利なのでしょうか?

また使用する際の注意点などあるのでしょうか?

今回は「マタニティマークの上手な使い方と注意点」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

マタニティマークはいつから始まった?配布場所は?

妊娠中のみなさんであれば、既にマタニティマークをご存知でしょう。

マタニティマークとは、「赤ちゃんとママのイラスト」が描かれた、あのピンク色のマークのことです。

マタニティマークのデザインは2006年に決まりましたので、かなり長いこと親しまれているような気がしますが、実は最近できたものなのです。

マタニティマークは、「妊産婦であることを周囲に知らせることによって配慮を行ってもらい、妊婦さんの安全性を確保する」という目的のもと、厚生労働省によって作られました。

一般的にマタニティマークは、自治体、民間団体で無料配布を行っており、市区町村に妊娠届出書を提出した時にもらえるようです。

また、電車を利用する際、母子手帳を提示すると鉄道会社からマタニティマークを受け取れることもあるそうです。

この他、妊婦さん向けの雑誌の付録としてマタニティマークが付いて来ることもあります。

マタニティマークのデザインは、ベースは同じではあるものの微妙に異なるものもあって、例えばキャラクターとコラボしたマタニティマークやアクセサリー感覚のゴージャスなマタニティマークもありますから、お気に入りのマタニティマークを探してみると楽しいかもしれませんね。

また、マタニティマークは、キーホルダータイプやステッカータイプもありますので、用途に応じて使い分けることもできます。

スポンサーリンク

マタニティマークが役立つのは電車だけでない?メリットは?

マタニティマークは、「お腹の大きい妊婦さんがつけるもの」というイメージがあるかもしれません。

しかし、マタニティマークを使用するお勧めの時期は、実はお腹がまだ大きくない「妊娠初期」なのです。

なぜなら、お腹が目立たない妊娠初期は見た目だけでは妊婦だと気付いてもらえず、辛い思いをする可能性があるからです。

特に通勤などで電車やバスを利用する人は「つわりで具合が悪いけど立ちっぱなしで辛かった」「人混みの中でお腹にぶつかって来られて辛かった」という話はよく聞かれるものです。

そんなとき、マタニティマークのおかげで席を譲ってもらえたり、お腹にぶつからないよう配慮して頂ける可能性があります。

また電車やバスの中以外にもいろんなメリットがあります。

例えば、飛行機に乗る際に「トイレから近い席」を案内してもらえたり、「膝掛け」を用意してもらえるなど、客室乗務員の方に気にかけてもらいやすくなります。

またレストランでは、「クッションを持ってきてくれた」という話も聞かれます。

ちょっとしたことですが、妊婦さんへのこのような配慮というのは非常に嬉しいものですよね。

さらに、車にマタニティマークのステッカーをつけておけば、他の運転手に「安全運転を促すきっかけ」になるだけでなく、万が一事故に巻き込まれた際に「妊婦さんが乗っている」ことを周囲に知らせることができます。

このように、マタニティマークを付けることで、周りの人が「慎重に」「丁寧に」「安全に」行動しようという意識が高まるのではないでしょうか?

マタニティマークはうざい?危険な嫌がらせを受けることも?

みなさんはマタニティマークを付けるとしたらどこに付けますか?

多くの方は、マタニティマークをカバンにつけているのではないでしょうか。

カバンであれば、キーホルダーとしてマタニティマークをつけることができますから、自然に付けることができますね。

ただ、胎児と母体を守るための大切な目印であるこのマタニティマークが、なんとトラブルの原因となることもあるのです!

マタニティマークが招くトラブルにはどのような背景があるのでしょうか?

まず、マタニティマークを付けていると、ある意味「目立つ」ため、周りの人から標的とされる場合があります。

例えば、不妊に悩んでいる人にとって妊娠は羨ましいものですから、マタニティマークを見ると焦りや歯がゆさなどを感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

また、人によっては「妊婦だから席を譲ってもらって当たり前」とアピールしているのではないかと受け止める人もいるようです。

このように、マタニティマークが周囲の人へ「マイナスの印象」を与えてしまった場合、トラブルを招くことがあります。

実際に、「妊婦が電車に乗るな!」と言われたり、押しのけられたり、足を引っ掛けられ危うく転倒しそうになるなどのひどいトラブルが発生しており、珍しいことでもありません。

このように「マタニティマークは人によって受け止め方が大きく異なる」と言うことですから、「妊婦さんの安全を守るはずのマタニティマークが、時には自らを危険にさらすものになりうる」ということを常に忘れないでおきましょう。

マタニティマークを安全に使うには?

時には「うざい」と思われてしまうマタニティマーク。

では、マタニティマークによるトラブルを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、妊婦さんの「心掛け」です。

「妊婦なのだから席を譲ってもらって当然」「助けてもらって当たり前」といった考えは間違いです。

もしも席を譲ってもらったり、周囲の人に助けてもらった場合は、丁寧に「ありがとうございます」と必ず感謝の言葉を述べましょう。

これは人として、最低限のマナーでもありますね。

あなたの行動次第で、ほかの妊婦さんに対する周囲の目も変わるということを忘れないでください。

あなたは「妊婦さんの代表」なのですから!

おわりに

悲しいことですが、妊婦さんに関するトラブルは日常的に起こっているようです。

マタニティマークを付けているおかげで助けられることも多々あるのでしょうが、最近ではマタニティマークを付けていることのリスクの方が高いように思います。

ですから、妊娠中「あえてマタニティマークを使用しなかった」という人もいます。

しかし、たとえマタニティマークを使っていないとしても、お腹が大きくなれば妊婦さんだと人目でわかりますから、妊婦さんにとって電車や人混みは「危険な場所」になりうると考えられます。

「妊婦さんが肩身の狭い思いをしている社会」

これはとても残念なことです。

おそらく、今の日本の社会は、人に優しくする「余裕」がないのでしょうね。

妊婦さんが安心して暮らせるよう、そして(妊婦さんに限らず)他人に優しくできる余裕をもった社会になって行って欲しいと心から思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加