マタニティフォト!セルフ撮りの方法とおすすめの服装は?

妊娠中のみなさん、「マタニティフォト」をご存じですか?

マタニティフォトとは、その名の通り「妊婦さんを撮った写真」のことです。

もともとマタニティフォトは海外で広く知られるものだったそうですが、最近では日本でも「妊娠中の姿を記念として残しておきたい」と考える人が増えており、人気となっています。

マタニティフォトは「妊婦としての記念写真」だけでなく、「お腹の赤ちゃんと一緒に撮る初めての記念写真」としてもよき思い出になることでしょう。

私ももちろん撮りましたよ、マタニティフォト!

と言っても、私の時代はまだまだ「人に見せるマタニティフォト」という習慣はありませんでしたから、妊娠中の「記録」として、毎月自分でお腹の写真を撮っていました。

私のマタニティフォトは「お風呂上りに、Tシャツ&パンツ姿」で撮っていましたから、家族にしか見せることはできませんが・・・。

昔であれば「妊娠中のお腹は堂々と人に見せるものではない」といった考えもあったようですが、今では「その大きなお腹や体形の変化も美しい」という風潮に変わってきています。

もしも妊娠中の体をよき思い出として写真に収めておきたいのであれば、ぜひマタニティフォトに挑戦してみましょう!

今回は「自分で撮るセルフマタニティフォトの上手な取り方」や「お勧めの飾りや服装」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

マタニティフォトはセルフ撮りがお勧め?

マタニティフォトは、だいたい「妊娠7~9ヶ月くらい」の、お腹が目立つ時期に撮るのが一般的です。

マタニティフォトを撮る際、写真屋さんでプロのカメラマンにお願いすることもできますが、プロカメラマンにお願いすると、まずは料金が高いと言ったデメリットがあります。

さらに、他人に撮ってもらうと緊張してしまって妊婦さんの自然な表情が出にくかったり、近くに写真屋さんがない場合は遠方まで出向くことになったり、予約した日に体調が悪くなってしまったり・・・と妊娠中ならではのトラブルが起こる可能性もあります。

このようなリスクを考えると、マタニティフォトは「セルフ(自分)」で撮る方がいいと思います!

最近では、一眼レフのデジカメなど高性能なカメラはたくさん売られていますし、高画質なスマホなども出ていますから、自分で撮っても美しく仕上げることができるでしょう。

また、セルフであれば、何枚とってもタダですし、その日の体調によって撮影日を自由に変更することもできます。

また、ご主人や家族、友人などに撮影をお願いすれば、リラックスして撮ることができそうですし、撮影そのものが思い出深いものになりそうですよ。

マタニティフォトを外で撮るなら「海」が人気?

セルフマタニティフォトを「屋外」で撮る場合、どこで撮ったらよいのでしょうか?

マタニティフォトを撮影する人気の場所は、

・海辺

・公園

・お花畑

などの「自然が感じられる場所」が多いようです。

背景に自然の景色があると、それだけでプロが撮ったような仕上がりになりそうですね。

このほか、ママとパパの思い出の場所で撮影されるカップルもいらっしゃるようです。

また、写真を撮る際のポーズには、

・手でハートを作る

・ママのお腹にパパが手を添える

といった「お腹の赤ちゃんの存在を強調できるポーズ」が定番です。

スポンサーリンク

自宅でマタニティフォトを撮るお勧めの飾りは?

マタニティフォトを屋外で撮るのも良いですが、「やっぱり自宅で撮りたい」という人も多いようです。

自宅で撮るメリットは、やはり「妊婦さんの負担が少ない」ということです。

また自宅の方が「妊婦さんの自然な表情を引き出せる」というのも大きなポイントです。

ただ、自宅で撮る場合は「生活感」が出ないよう、次のようなちょっとした工夫が必要です。

壁に飾りを付ける

例えば、部屋の壁などに「welcome baby」や「hello baby」などの文字や、赤ちゃんのエコー写真を飾ってみましょう。

こうすることで、マタニティフォトという雰囲気を醸し出せますし、赤ちゃんを待ち望んでいるという様子が伝わる写真になりそうです。

背景はシンプルに「壁のみ」

先ほどの「壁に飾りをする」とは逆ですが、背景は壁だけというのもいいでしょう。

背景をシンプルにすることで、お腹をしっかり強調することができます。

お腹にデザインする

大きなお腹をキャンバスにして、お腹にペイントするといった方法もあります。

このお腹のペイントは「ベリーペイント」とも呼ばれおり、海外の有名なセレブも取り入れている人気のペイントです。

ペイントのデザインは「花」や「蝶々」が人気ですが、思い切ってお腹に「赤ちゃんの顔や姿」を描いてしまう人もいるようですよ!

他には、赤ちゃんのエコー写真をお腹に貼ったり、お腹にリボンやガーランドを巻いて撮るのも可愛らしくお勧めです。

このように、工夫次第で全く違う雰囲気の写真が撮れてしまうのは、セルフマタニティフォトの良いところですよね。

色々とアイデアを出して撮影してみましょう!

マタニティフォトを撮るときの服装は?

マタニティフォトを撮るときは、服装も大切です。

お腹を出せるよう上下に分かれた服にしましょう。

「Tシャツ」であればサッとめくってお腹を出すことができますし、「チューブトップ」を着る人も多いようです。

お腹を出さずに撮るのであれば、「薄手のワンピース」や「ニット素材の服」であれば、お腹の大きさや出っ張り具合がよくわかるのでお勧めです。

夫婦で一緒に撮影するのであれば、デザインや色をパパとお揃いにしたり、上の子がいる方であれば上の子も一緒に家族でリンクコーデも良いでしょう。

服装のデザインは、「白色シャツ」「無地のシャツ」「ボーダー」などシンプルなデザインを選ぶことでお腹を強調することができます。

さらに、できるだけ明るい色を選ぶと「ハッピーな気持ち」を表現できるでしょう。

妊婦さんの中には、マタニティドレスを着る方もいらっしゃるようですよ!

妊娠中に結婚式に出席する予定のある方であれば、1着ドレスを購入してもいいかもしれません。

産後も使えるものであれば、無駄にはなりませんよ!

そして服装の仕上げとしてアクセサリーを付けるのであれば、断然「花輪」が人気です!

花輪が似合うのは、新しい命を身籠っている「妊婦さんだからこそ」ですし、神秘性が増します。

花輪は生花店で購入することもできますが、記念にとっておきたい人は造花を使って手作りしてみてはいかがでしょうか?

造花を作る材料は「ワイヤー」「造花」「ワイヤーと造花を止めるためのテープ」のみですし、これらの材料は100円ショップでも揃いますので、プチプラで簡単に作ることができます。

花輪があるとパッと写真が華やぐので、是非試してみて下さい!

マタニティフォトの飾りや服装はどこで買う?通販が便利?

マタニティフォトの飾りや服装にルールはありません。

自分が好きな場所、そして好きな服装で撮ることが一番です!

ですから、普段から着慣れているシンプルなTシャツやシャツがあれば、手持ちの服で間に合わせることができます。

ただ、普段あまり着ないチューブトップや、マタニティフォト用に服装にもこだわりたいのであれば、通販を利用してみてはいかがですか?

最近では、本当にオシャレなマタニティウェアがたくさん売られていますから、ネットショップを見ているだけでも楽しくなってしまいますよ!

通販であれば、あっちこっちお店を歩き回る必要もなく、お気に入りの1着を見つけることができるでしょう。

妊娠期間は長いようであっという間に終わってしまいます。

その間にたくさんの思い出を写真に収めておいて下さいね。

おわりに

冒頭でも述べましたが、私が妊娠中は、マタニティフォトを撮る習慣がなかったように思います。

もちろん、ペイントもありませんでした。

もしも私が今妊娠中であったら、絶対にマタニティフォトを撮ります!!

もちろんペイントも付けて。

みなさんも、妊婦である自分を思いっきり楽しんで下さい!

そして、「新しい命を授かってママはとても幸せだったよ」という思いを、生まれてくる赤ちゃんに伝えて下さいね。

マタニティフォトはいい記念になると思いますが、マタニティフォトを撮る際は自分が妊婦であることを忘れずに。

夏の暑い時期や冬の寒い時期の撮影はできるだけ避けるようにし、決して無理をしないで下さい。

また、短時間で終了できるよう、予め「どのように撮影したいか」「どんなふうに撮ってもらいたいのか」を、しっかりイメージしておくとよいかと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加