妊娠中の耳鳴りと頭痛の原因は?

妊娠してから、よく「耳鳴り」がすると感じていませんか?

私も妊娠中、耳鳴りの回数が増え、耳鳴りのときは決まって頭痛が起こりました。

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下によって耳の異変が起こりやすく、その中でも耳鳴りに悩まされる妊婦さんは多くいらっしゃいます。

妊娠中の耳鳴りは、「キーン」とした高い音や「ボーッ」とした低い音などさまざまであり、耳鳴りの原因は妊娠初期と妊娠後期で異なるようです。

たかが耳鳴りと思いがちですが、耳鳴りの中には病気が隠れていることもあるようなので安易に考えるのはよくありません。

今回は「妊娠中の耳鳴りの原因と対処法」「キケンな耳鳴り」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

妊娠中の耳鳴りの原因は?

妊娠中に耳鳴りを訴える方は多いそうですが、なぜ妊娠すると耳鳴りがよく起こるのでしょうか?

耳鳴りの原因はこちらです。

血行不良

耳の血行が悪くなると、耳鳴りが起こりやすくなります。

中耳の血行が悪くなると「ボーッ」とした低い音となり、内耳の血行が悪くなると「キーン」とした高い音になるようです。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化、血液量の増加、運動不足などによって全身の血行が悪くなりやすく、さらに妊娠後期に入ると、大きくなるお腹によって下半身に血液や水分が溜まりやすい状態ですから、耳周辺の血行も悪くなって耳鳴りが起こりやすいのです。

また、血行不良や冷えが原因のときは、耳鳴りの他、肩こりや頭痛なども同時に起こることがあります。

(「妊娠すると冷え性になるのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

貧血

妊娠初期はつわりによる栄養不足、そして妊娠後期は胎児を育てるためにより多くの血液が必要となるため、貧血になりやすいときです。

貧血は血行不良を招きますので、耳鳴りやめまいの原因となります。

(「妊娠中の貧血はいつから?貧血の原因は?」に関連記事を書いています。

疲労

耳鳴りが起こるのは、どんなときか思い出してみて下さい。

「疲れが溜まっているとき」が多くありませんか?

妊娠中は、体が重たくなるうえ運動不足で体力が低下していますから、身体的疲労が溜まりやすいときです。

疲労が耳鳴りの原因になっていることもあります。

(「疲れやすい!これもつわりの症状?」に関連記事を書いています。)

ストレス

妊娠中は、些細なことでもストレスを感じますよね?

ストレスがたまると自律神経を乱す原因となり、自律神経が乱れると耳鳴りを起こしやすくなります。

自律神経の乱れによる耳鳴りは「キーン」という高い音が特徴だそうです。

(「妊娠中のストレスは腹痛を招く?上手な発散法は?」に関連記事を書いています。)

高血圧

血圧が高いと、耳周辺の血流障害が起こり耳の血行が悪くなるため、耳鳴りが起こりやすくなるそうです。

血圧が高めの妊婦さんは、耳鳴りの原因は高血圧によるものかもしれません。

(「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?目のチカチカはしかんの前兆?」「妊娠中の吐き気は妊娠高血圧症候群かも!?」に関連記事を書いています。)

妊娠中の耳鳴りを減らすには?

ご紹介したように、妊娠中の耳鳴りの原因はいくつかありますが、どれも日常生活を改善することで耳鳴りを減らすことができそうだと思いませんか?

耳鳴りを軽減するために、妊婦さんに心がけて欲しいことはこちらです。

<栄養補給>

血行不良や貧血を予防するために、しっかり栄養を取りましょう。

妊娠中は、味覚や嗜好の変化によって偏食気味になりやすいため、食生活には十分気を付けて下さい。

体を温める食品(しょうが、にんにく、根菜類など)を食べたり、鉄分の多い食品(レバー、赤身の肉、小松菜など)を意識して食べるようにしましょう。

(「妊娠中の貧血にお勧めの食べ物は?」に関連記事を書いています。)

<疲労回復>

妊娠中は、自分で思っている以上に身体は疲労を感じています。

「疲れたら休む」ことを徹底しましょう。

耳鳴りが起こったときは、仕事や家事の手を休めて休憩したり、座るようにしてください。

<十分な睡眠をとる>

疲労回復のためにも、睡眠時間をしっかり確保しましょう。

妊娠中は、ホルモンの影響や体形の変化で眠りが浅くなりやすいため、昼寝などをうまく利用してぐっすり眠ることが大切です。

また、就寝の1時間ほど前に入浴し、全身を温めると寝つきがよくなります。

<ストレス解消>

耳鳴りを解消するために、できるだけストレスを解消しましょう。

実はコレが一番難しいのですが・・・。

<規則正しい生活>

自律神経を整えるには、規則正しい生活が効果的です。

毎日の起床時間や就寝時間のリズムを一定に保つようにしましょう。

<適度な運動>

適度な運動は、自律神経を整えるために有効です。

体調のいいときに、散歩、ヨガ、マタニティビクスなどを試してみてはいかがでしょうか。

こうしてみると「いわゆる健康的な生活」が耳鳴り解消法だと言えそうですが、これを実践するのは難しいですよね・・・。

スポンサーリンク

妊娠中の耳鳴り!キケンな耳鳴りもある?

妊娠中の耳鳴りの主な原因は「耳の血行不良」ですから、大きな心配はいりません。

しかし、耳鳴りの中には病気のサインである可能性もあるため注意が必要です。

・突発性難聴

突発性難聴とは、ある日突然難聴になってしまう疾患です。

突発性難聴の前触れとして、耳鳴りが頻繁に起こることがあります。

突発性難聴の原因は、ストレスなど心因性のものが多いので、妊娠中のストレスや出産・子育てへの不安の大きい方は注意が必要です。

・メニエール病

メニエール病とは、内耳の内リンパ水腫というもので、簡単に言うと「内耳のむくみ」です。

メニエール病の症状は、耳鳴りを始め、めまい、難聴、耳の詰まりなどが同時に起こり、回転性のめまいが数十分~数時間程度と長く続くことが特徴です。

これらの症状をたびたび繰り返す場合に限り、メニエール病と診断されます。

メニエール病の原因も、ストレスや疲労、睡眠不足によるものが大きいため、生活習慣の改善を行うことが治療法となります。

これらの病気の場合、日常生活に支障をきたすこともありますので、耳鳴りがひどい場合は耳鼻科へ行くようにしましょう。

おわりに

私は妊娠中だけでなく、産後も耳鳴りとめまいが起こることがありました。

特にめまいがひどくなり、まっすぐ歩けないほどのめまいが、年に1~2回あります。

耳鳴りやめまいは風邪と違って、突然やってくるからやっかいですよね・・・。

今振り返ってみると、このような激しいめまいが起こるのは疲労やストレスが溜まっているときだったとわかります。

忙しいときは自分の体調を振り返る余裕もないですから、めまいが起きて初めて「疲れていたのだ」と気付きます。

耳鳴りやめまいは、血行不良や睡眠不足など身体的な要因もありますが、精神的な要因も強く関わっていることも多々ありますから、妊娠中に何か不安を感じたらあまり溜め込まず、すぐに解消してくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加